覚悟はいいかそこの女子の澤田惟智也役の俳優は誰?


ドラマ『覚悟はいいかそこの女子』の
澤田惟智也役の俳優は誰なのでしょうか?

このドラマの主演は、
中川大志さんで、
イケメンだけど彼女がいたことがない
というヘタレ男子高生を演じます。

そんな主人公の仲間の1人が澤田惟智也です。

スポンサーリンク



覚悟はいいかそこの女子の澤田惟智也役の俳優は誰


ドラマ『覚悟はいいかそこの女子』の
主人公の古谷斗和は、
顔だけが良いイケメンです。


いつも女子の取り巻きがいる彼ですが、
実は今まで彼女がいたことがありません。


というか、
本気で誰かを好きになった経験が無いのです。


そんな古谷斗和は高校生活がスタートし、
本気で彼女作りをすることにしました。


そこで彼はクラス一の美少女に
軽く声をかけますが
「ただ彼女が作りたいだけでしょ」
ときっぱり振られてしまいます。


古谷斗和はいつもモテていたので、
振られるとは全く思わず、
ショックを受けてしまいます。


そんな斗和には、
斗和と同様に彼女がいない親友達がいました。


その中で1番のお調子者が、
澤田惟智也です。


澤田惟智也役を演じる俳優は、
甲斐翔真さんです。


澤田惟智也役の甲斐翔真画像

甲斐さんはFODとdTVのコラボドラマ
『花にけだもの』では、
誠実な人柄の役だったので、
澤田惟智也役はちょっと意外でした。


澤田惟智也は、
斗和と同様に彼女を作りたいと考えています。


ですが、
いつも女子に囲まれている
斗和のおこぼれに預かろうとします。


そのため、
斗和の周りに女子が群がるように
斗和をイケメンに仕立てています。


なかなかの策士のようですが、
うまく行っている様子はありません。


澤田惟智也は、
空気が読めないキャラなので、
なおさらです。


どうやら、
彼女を作りたいあまり
男子高生らしいおバカな行動を
してしまうようです。


そのため、悪どいようで、
どこか憎めないキャラですね。


そんな澤田ですが、
もしかしたら斗和の彼女作りを応援するうちに
本当に好きな子ができるかもしれません。


策に溺れている惟智也ですが、
斗和のために一肌ぬごうと
男の友情を輝かせるかもしれません。


スポンサーリンク



澤田惟智也役の甲斐翔真とは



澤田惟智也役の甲斐翔真さんは、
まだ出演作の少ない若手俳優です。


2015年にデビューしました。


生年月日は、
1997年11月15日で、
東京都出身です。


そして、デビューの翌年には、
若手俳優の登竜門で知られる
仮面ライダーシリーズに出演しています。


甲斐翔真さんは、
高校生時代にスカウトされつつも、
一度保留にして卒業後に事務所に入りました。


デビューの翌年に出演したのが、
『仮面ライダーエグゼイド』です。


ドラマ内では主人公たちと敵対する
パラド役でした。


しかし、ただの適役ではなく、
本当は主人公が昔、
ゲーム病を患った時に医師たちによって
分離されたウイルスで、
主人公と意識を共有しているという
難しい役柄でした。


かなり設定が難しくて、
私はいまいち理解できませんでした。


最初パラドは、
ただ戦闘そのものの楽しんでいました。


途中からは敵味方なく
自分の戦いを邪魔する奴は許さない
というキャラになりました。


それが、
次第に主人公たちに感化され、
最後には身を呈して消滅してしまいます。


甲斐翔真さんが演じたパラドは、
主人公自身のもう1つの姿であり、
最後には更生します。


そのため悪役の中でも人気のキャラでした。


そして『花にけだもの』では、
甲斐翔真さんは優しい青年の
日吉竜生役を演じています。


このドラマでも学園一のモテ男の友人
という役でした。


いつでも明るく主人公の良き理解者の1人です。


『覚悟はいいかそこの女子』で
甲斐さんが演じる澤田惟智也とは
正反対のキャラですね。


『花にけだもの』も『覚悟はいいかそこの女子』も
少女漫画を実写化したドラマです。


キャラは違いますが、
設定が似ているので、
興味深いですね。


ドラマ『覚悟はいいかそこの女子』は、
恋愛を知らない男子高生が
彼女を作るために奮闘する様子を描いたドラマです。


色々なキャラの男子高生が出てきますが、
その中でも一番貪欲でありながら、
憎めないのが澤田惟智也です。


演じるのは注目の若手俳優の
甲斐翔真さんなので楽しみです。


関連記事: 甲斐翔真の経歴や学歴は?父母や兄弟も気になる!

関連記事: 覚悟はいいかそこの女子の新見律役の俳優は誰?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。