高嶺の花(ドラマ)の妹の月島なな役の女優は誰?



ドラマ『高嶺の花』のヒロインの妹の
月島なな役の女優は誰なのでしょうか?

ドラマ『高嶺の花』の主人公は、
家柄も見た目もまさに「高嶺の花」という
月島ももです。

その異母妹が月島ななです。

由緒正しい家柄なので、
後継を巡って揉め事も起こるようです。

スポンサーリンク



高嶺の花の妹の月島なな役の女優は誰


ドラマ『高嶺の花』の主人公の
月島ももは、
由緒ある華道の家柄の長女で、
幼い頃から才能にも、
容姿にも恵まれた
まさに才色兼備の女性です。


愛する婚約者もおり、
結婚するはずでした。


しかし、
結婚式当日に婚約者の二股が発覚します。


これにより、
ももの結婚は破断となってしまいます。


いままで順風満帆で生きてきた
月島ももの心は、
裏切りにより深く傷つきます。


しかし、
そんなももを優しく慰めてくれる存在がいました。


それは、
異母妹の月島ななです。


そして、月島なな役の女優は、
芳根京子さんです。


月島なな役芳根京子画像

月島ななは幼い頃から、
綺麗で才能ある姉を尊敬していました。


姉の結婚も本人の喜びと同じように、
ななも嬉しく歓迎していたのではないでしょうか。


結婚が破談になった時には、
素直に姉に同情し、慰めたのでしょう。


ななは、
根は優しく、純粋な女性のようです。


しかし、仲の良かった姉妹は、
あることがきっかけで、
その関係性が変わってしまいます。


ももの結婚が破談になったことで、
華道月島流の後継の座を狙って
近づいてくる男がいました。


それが新興流派「宇都宮龍彗会」の
宇都宮龍一です。


月島流乗っ取りを考えて
長女であるももに近づいてきます。


そんな宇都宮にななは、
恋心を抱いてしまうようです。


ななは純粋なので、
好きな人に言われるがままに
動いてしまうのではないでしょうか。


それが月島流に影を落とすものになってしまいそうです。


ななは、
ずっと姉を慕ってきたので、
恋愛が絡んだ時には
その想いが嫉妬に変わり、
とんでもないことをしてしまうのかもしれません。


スポンサーリンク




月島なな役の芳根京子とは


月島なな役の芳根京子さんは、
NHKの朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で
主人公を演じた
朝ドラのヒロインです。


芳根京子さんは。
2013年から活躍し始め、
2018年には月9で主演をするほど
注目を集めています。


芳根京子さんは、
ライブでスカウトされて芸能界入りしました。


2013年にデビューし、
翌年には
NHKの連続テレビ小説『花子とアン』に出演。


2016年朝ドラ『べっぴんさん』で主演しました。


他の出演作は、
『ラスト・シンデレラ』、
『表参道高校合唱部』、
『小さな巨人』、
『海月姫』
などです。


ドラマ『表参道合唱部』では、
主人公の真琴を演じていました。


両親の離婚の危機を救うために、
伝説の愛の歌を歌おうと考えます。


そのために、
高校で廃部寸前だった合唱部を復活させます。


部員中で誰よりも
合唱にかける情熱が高く、
清純派の芳根京子さんに似合う役柄でした。


友達が自分と同じ人を好きなことを知り、
一度は引き下がってしまうという
友達思いの一面を繊細に演じていました。


主演した月9ドラマ『海月姫』は、
人気映画のドラマ化でした。


ヒロインの月海は、
クラゲオタクで
男性禁止の女子寮に暮らしていて、
女装の蔵之介と出会うことで
ファッションデザイナーとしての
才能を開花していく役柄でした。


メガネにおさげ頭、
そしてジャージという出で立ちで
最初見たときは芳根京子さんとは、
わかりませんでした。


しかも、
月海は、訛りやどもりが恥ずかしいと思っているので、
誰かと話すときは必ずうつむきながら、
ものすごいスピードで話していました。


まるで芳根京子さんが、
ふだんからこのように話をしているのではないか
と思うほどでした。


それに月海の動作は本当にオタクのようした。


別人かと思ってしまうほど、
役に入りきる芳根京子さんが、
悪役っぽいキャラクターを演じるので、
楽しみです。


ドラマ『高嶺の花』は。
お嬢さまと凡人男性の大恋愛を描いたドラマです。


放送日は、
2018年7月11日水曜日10時からスタートします。


芳根京子さんが、
恋によって人が変わっていく様子に注目です!


関連記事: 高嶺の花(ドラマ)の月島もも役の女優は誰?


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。