半分青いで間宮祥太郎はソケット?あらすじネタバレ


朝ドラ『半分、青い。』第14週5日目、
第83話は、
鈴愛の100均での日常が描かれていました。

ソケットを買いに来た
間宮祥太郎さん役の
森山涼次への胸キュンもそのひとつ。

そして、
森山涼次との距離が縮まりそうな
シチュエーションが!!

見ていない人にはネタバレ。

スポンサーリンク



半分青いで間宮祥太郎はソケット?あらすじネタバレ


朝ドラ『半分、青い。』83話は、
冒頭に「ソケット」が話題になりました。


鈴愛はソケットを買いに来た
イケメンの森山涼次に見とれて、
「ソケット」を「ロケット」となんども言い間違えます。


結局店長の田辺一郎が助け舟を出し、
あの辺にあるのではないかと言いますが、
常連客が
「ソケットはここにはおいていない」
と教えてくれました。


その常連客は、
森山凉次に、
綺麗な顔をしている。
歌舞伎役者のようだ。
と褒めます。


その後森山涼次は、
小さな人形を買いました。


レジで森山良二は、
「かわいいから」と言ったので、
鈴愛はドキッとします。


でも人形のことでした。


その2人の様子を、
田辺一郎が商品棚の陰で
覗き見ていました。


半分青いロゴ画像

鈴愛と田辺一郎は、
商品棚に、
レジャーシートや
ハチマキ、
バラン(鈴愛はパランと間違えていました)
を並べています。


近所の学校で
運動会が開催されるからです。


近所に大型の店ができたので、
売り上げは下がっていますが、
掻き入れどきなのだそう。


ところで、
ユーコが紹介してくれた
年収3000万円、
外資系のセレブは、
とっぽくて(鈴愛曰く)
つまり、チャラくて鈴愛はNGでした。


100均バイト先に話を戻すと、
100均の店に、
三オバの一角、
藤村麦がやってきました。


鳥の巣が載った帽子をかぶって。


その帽子は、
一番上の姉の三枝が作ったもので、
三枝は帽子作りを
家で教えていました。


麦は野鳥オタクで、
100均の店の一角には、
バードウォッチングコーナーがあります。


季節に合わせてた品揃えにした欲しいが、
バードウォッチングコーナーには
触らないで欲しいというのが、
麦の指示です。



実は三オバは、
鈴愛のバイト先の100均の
オーナーなのです。

田辺一郎は、
雇われ店長で、
三枝の幼馴染でした。

で、部屋に風呂がついていない
鈴愛が銭湯から帰ってくると、
店長の田辺から電話があり、
運動会需要に対応するため、
アルバイトが4日間くることになりました。

次の日鈴愛がバイトに行くと、
店の前にソケットを買いに来た
イケメンの森山凉次がいました。

鈴愛はかなり動揺してます・・・

スポンサーリンク



間宮祥太朗はソケット?


間宮祥太朗さん演じる森山凉次が
ソケットを買いに来たので、
まだ凉次の名前を知らない
鈴愛にとっては、
森山凉次はソケットくん。

明日以降、
ソケットから名前に昇格するものと
思われます。

ちなみに、ソケットとは次の意味です。

1. 電球や電子管をねじ込んだり、
差し込んだりして、電気を導くための器具。

2. ゴルフ-クラブのクラブ-ヘッドがシャフトとつながる部分。
また,そこへ球があたるミス-ショット。

3. IP アドレスとポート番号からなるネットワーク上のアドレス。


森山凉次が買いに来たのは、
1.の電気器具のことですね。

電気ソケット画像
『半分、青い。』のドラマの中で、
ソケットになにか深い意味があるのか、
今の所不明です。

それにしても、
鈴愛はイケメン好きですね。

生まれた時から玉のような子の
律を見て来たからでしょうか。

ちなみに、
凉次と会うことがあれば、
ボクテもきっと凉次に胸キュンすると思います。

ボクテはお金があるから、
映画監督の元住吉祥平の餌食になるかもしれません。

ところで、
梟町の鈴愛の母の晴が出した手紙が、
行き先人不明で、
梟町に戻って来ていました。

なんで郵便物の転送届を出さなかったのでしょうか。

父の宇太郎と晴さんは、
鈴愛に問いただそうとしますが、
ひとり事情を知っている
おじいちゃんの仙吉さんが
さりげなく止めようとします。

しかし、下手くそな止め方で、
宇太郎と晴さんに、
バレてしまったようです・・・

今日の『半分、青い。』は、
まだまだ説明的なところが多く、
話としていまいちまとまりが
なかったです。

[人生・怒涛編]の話が
転がって行くのは、
来週以降のようです。

昨日のお話は次の記事でご覧ください。

関連記事: 半分青いの三オバがすごい!女優魂炸裂の退廃さ!あらすじネタバレ


関連記事: 半分青い84話 森山涼次の詩の元ネタはGLAY?あらすじネタバレ

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。