半分青い91話ネタバレあらすじ:りょうちゃんの家族と結婚!

半分青い91話ネタバレあらすじ:りょうちゃんの家族と結婚!


朝ドラ『半分、青い。』第16週
「抱きしめたい!」1日目、
第91話は、
涼次が鈴愛の家族と
初顔合わせの日に困ったことが・・

りょうちゃんの家族への思いを
鈴愛は知ることになります。

そして、
ついに結婚へ!

気になります。

スポンサーリンク



半分、青い91話あらすじネタバレ


朝ドラ『半分、青い。』第91話は、
涼次が鈴愛の家族に
結婚の承諾をもらおうとしますが、
なんと笑いのツボに入ってしまいます。


鈴愛の父の宇太郎は、
顔面がひきつり始めてしまいました。


半分青いロゴ画像

そんな中、
鈴愛の祖父の仙吉が機転を利かせ、
涼次と一緒に笑い出します。


そうこうしているうちに、
みんなが笑顔になり、
涼次と楡野家は打ち解け始めます。


涼次は宇太郎とも酒を酌み交わし、
お風呂をもらい
茶の間で寝ることになりました。



涼ちゃんは仏壇の前で、
鈴愛と一緒に手を合わせ、
祖母の廉子ともご対面。

そこで、
鈴愛は、廉子のことを
自分はおばあちゃんに似ている、
おばあちゃんと調子が良かった
と説明しました。

そして、
自分の部屋だった場所を案内し、
床に2人で寝そべって、
天井の竜を見せました。

すると、
りょうちゃんは、
子供の鈴愛に会いたかった
と言います。

そこへ草太が、
りょうちゃんをお風呂に呼びにきます。

そして、
宇太郎もやってきて、
翌日どこに行こうかと聞き、
一緒にお風呂に入ろうと言います。

ようやく家族が落ち着いて、
家の中の明かりが消えた頃、
鈴愛はりょうちゃんの枕元に
ゆざましを持ってきます。

その時涼次は泣いていました。

鈴愛がどうしたのか訊くと、
涼次の両親が亡くなったことを話しました。

両親が仕事のため
祖父母に預けられた涼次は、
「いってらっしゃい」と
両親を送り出しました。

ですが、
両親は事故に遭い亡くなり、
両親は戻ってきませんでした。

涼次は、
「僕には家族がいなかった」
と泣きます。

すると、
鈴愛は「私が家族になる」と言い、
両耳を抱きしめます。

次の日、
涼次は楡野家の男たちと
庭ですっかり打ち解け、
なかよく雑談していました。


そのころ母の晴さんは、
鈴愛に廉子からもらった
ふくろうのブローチを
渡していました。

母と娘でしみじみと
時を過ごしました。

そして、
ついに鈴愛と涼次は、
神前で結婚式をあげました。

祭祀の奏上をするため、
神前に出て行こうとすると、
鈴愛は着物の裾を踏み、
すっころんでしまいました・・・・


そしてそのシーンを、
元住吉祥平が撮影!!!

感動的な91話でしたが、
最後はやっぱりやってまいました。

スポンサーリンク



半分青いの涼ちゃんの家族


涼ちゃんは、
楡野家の人々と交流するうちに、
自分に新しい家族ができることを
心から嬉しく思ったようです。


楡野家の家族は、
暖かいですからねえ。


とはいえ、
涼ちゃんの言葉には、
ちょっと解せない部分がありました。


「僕には家族がいなかった」
とりょうちゃんは言っていました。


あのー、祖父母や溺愛してくれた
三オバは家族ではないの???


りょうちゃんの家族の定義が
気になります。


涼ちゃん的には、
「親と子供」
「夫婦」
「夫婦と子供」
これが家族の単位なのでしょうか。


一緒に暮らして、
愛情を注いでくれる人でも、
親でなければ家族ではないのか?


もしかしたら、
この問いの答えは、
後日出るのかもしれません。


それにしても、
鈴愛と涼ちゃんの幸せな門出は、
週初めの話としては、
とても良かったです!


明日も楽しみ!!


前回のあらすじはこちらでご確認ください。

関連記事: 半分青い90話あらすじネタバレ:三オバの家は資産家なのが判明?


次回はこちら。

関連記事: 半分青い92話ネタバレあらすじ:鈴愛の結婚式は律不在

スポンサーリンク


半分、青いカテゴリの最新記事