半分青い100話ネタバレあらすじ:りょうちゃん壊れ鈴愛妊娠


朝ドラ『半分、青い。』第17週
「支えたい!」4日目第100話は、
元住吉は死に切れず、
涼次は真実を知り、
壊れました。

そして鈴愛が妊娠した?

『半分、青い。ー人生・怒涛編』の
真骨頂かな。

スポンサーリンク



半分、青い100話あらすじネタバレ


NHK朝のテレビ小説『半分、青い。』第100話は、
三オバの1人の麦が、
元住吉の部屋で、
元住吉が死に切れず
苦しんでいる場面に出くわします。


そして、
その次の朝、
藤村邸(三オバの家)で、
映画プロデューサーの斑目と
三江と麦、
そして鈴愛と涼次が
卓を囲んでいます。


半分青いロゴ画像

麦は、
最初は失敗しても、
2度目や3度目で
自分の命を断つ人が多い
とその場で話します。


鈴愛は元住吉祥平への怒りを
口にしました。


涼次の2年間の努力、
鈴愛もそのために必死に働き、
ようやく掴んだチャンスだったのに、
横取りされたと・・・


三江は誰に怒っているのかと
鈴愛に問います。


鈴愛は、
祥平さんに言いたいことがある。
けれど本人の前では言えない。
死なれたら困るから。
祥平さんは涼ちゃんの大切な人だから。
と答えます。


涼次は元住吉には、
鈴愛が言った怒りの言葉を
言わないで欲しいと頼みます。


そこへ元住吉がやってきて、
涼次に平謝りします。


プロデューサーの斑目は、
監督の件を映画の原作者の
佐野弓子に掛け合ってみたが、
激怒していたと言います。


涼次は土下座する元住吉に、
自分が書いたシナリオはおもしろかったのか、
この脚本で映画が撮りたいと思ったのか
と訊きます。


元住吉はうなずきます。


すると涼次は、
そうであれば、
涼次の書いた脚本で映画を撮って欲しい、
よろしくお願いします
と頭を下げます。


しかし、
その後涼次は壊れました。


万年床にして、
漫画やテレビをみるばかり。


鈴愛が仕事から帰ってきて、
「気分転換に外に行ったら」
と促しても、
まともに返事すらしません。


後日鈴愛は喫茶店おもかげで、
ボクテとユウコに会っていました。


鈴愛は、
人生にはたった1回の人生を変える
大きなチャンスがあって、
成功する人はそのチャンスを逃さない
と思うと言いいます。


すると、
ボクテは自分は秋風先生を裏切り
破門になったのでわかるが、
その時自分はもう終わりだと思った。


でも他に道がないから、
しがみつくように
漫画を描いて描いて描きまくった、
そうしたらチャンスがまた巡ってきた
と言います。


ユウコは、
人生は後悔がつきものだというけど、
私と鈴愛にはそれがない。

ちゃんと挑戦して、
漫画の神様にお前はだめだって
言われた。

怖いけど、
欲しいと思うものに手を伸ばすのが
生きるってことじゃない。

だから私たちはここにいる
と3人は語り合います。

すると、
おもかげの店長が
いい話が聞こえてきたからと
ケーキをご馳走してくれました。

そのケーキを見た鈴愛は
突然トイレに走り、
しばらくして出てくると、
ユウコを呼び
ユウコの耳のそばで
なぜか大きな声で
「私、多分妊娠してる」
と言います。

驚くユウコ!

本当に鈴愛は妊娠したのか??

スポンサーリンク



りょうちゃん壊れ鈴愛妊娠



涼次は、
元住吉の裏切りに対して、
懐の大きいところを見せたのに、
やっぱり大きな懐ではなく、
壊れてしまいました。


その壊れっぷりが、
間宮さん上手です。


テレビから「なんでだろー」の
曲がかかっていても、
漫画を読んでいても、
全く心を動かされていない。


空っぽの心には、
何も響かない。


その気持ちのない気持ちが
ものすごくよくわかりました。


涼ちゃんは、
どこにも怒りをぶつけることもできず、
新しい脚本を書く体力は残っておらず状態です。


ユウコが鈴愛に言った通り、
りょうちゃんの今は、
見守るしかないですね。


そのうち心が動くことでしょう。


あ、それが鈴愛の妊娠か・・・


涼ちゃんはダメンズを卒業するのかな・・


前回のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い99話ネタバレあらすじ:元住吉が後悔の念に苛まれる


次回のあらすじはこちらです。


関連記事: 半分青い101話ネタバレあらすじ:りょうちゃん映画監督を諦める

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!