半分青い105話ネタバレあらすじ:涼次が鈴愛と娘を捨てる

半分青い105話ネタバレあらすじ:涼次が鈴愛と娘を捨てる


朝ドラ『半分、青い。』第18週
「帰りたい!」3日目第105話は、
映画の世界で生きるため、
涼次は鈴愛と娘を捨てる決意をし、
家を出て行きました。

映画の道をとるにしても、
別れなくても良いような気もするのですが、
涼次の思考が極端すぎる・・

スポンサーリンク



半分青い105話ネタバレあらすじ


朝ドラ『半分、青い。第105話は、
鈴愛が娘の花野のバースデーケーキを
作っている時に、
涼次が別れて欲しいと
言いだしたところから始まりました。


前回の終わりの衝撃の告白の続きです。


半分青いロゴ画像

鈴愛は「女の人?」と問いますが、
涼次は「違う」と答えます。


佐野弓子の小説を脚本にし、
監督デビューができることになったので、
退路を断ちたい
というのが別れたい理由でした。


鈴愛は激怒し、
結婚し子供もいるのに、
夢を見るなんておかしい
となじります。


鈴愛の言い方は、
ここまで言う?
って思うほど、きつかった・・


映画のことを何故言わなかったのか
と涼次に問うと、
涼次は鈴愛も自分も夢を諦めた経験があるから
言えなかったと答えます。


涼次は佐野弓子の小説を
自分で立体化したい気持ちを抑えられず、
趣味のつもりで書いていたが、
出来上がった脚本を
佐野弓子に見せたところ、
良い出来だと言われたことも言いました。

映画の準備はすでに進んでいて、
翌年の年明けから映画の撮影準備が
始まると言います。

結婚したままで
映画は撮れないのかと
鈴愛が聞くと、
涼ちゃんは
「退路は断ちたい。
家族は邪魔になる」
と答えます。

鈴愛は「死んでくれ。涼ちゃん。
そうすれば許す」と言います。

涼次は三オバにも、
鈴愛と別れることを伝えました。

光江は呆れ、
夢は何にも責任を取ってくれないから、
タチが悪いと言います。

涼次は年内で100円ショップ大納言を
やめさせて欲しいと土下座します。

光江は本気で別れるつもりなのか、
もう一度涼次に問います。

涼次がうなずくと、
光江は麦に止められますが、
繭ちゃん(涼次の母)の代わりだ
と言って涼次に平手打ちし、
「うちから出て行け」と怒鳴ります。

涼次は荷物を取りに、
鈴愛と花野がいる家に戻ってきます。

そして、
花野に誕生日プレゼントを渡し、
家を出て行きます。

・・・・今日1日気分が沈んだままになってしまう・・・

スポンサーリンク



涼次が鈴愛と娘を捨てる


涼次が鈴愛と娘の花を捨てて、
映画の道を選びました。


でも鈴愛が言った通り、
結婚していても映画の道を
進むことはできたはずです。


涼次は退路を断つと言ったけど、
結局は自分が重荷から解放されたかった
だけなのだと思います。


鈴愛は夢を追って敗れた人だから、
確かに能天気に
涼次の夢を応援するとは
言ってくれなかったでしょう。


でも、夢を追う気持ちは
誰よりもわかる人なので、
涼次が説得すれば、
鈴愛は苦しい生活でも
なんとか頑張って支えたはずです。


結局家族のために夢を追わず、
涼次は
自分のためだけに夢を追いたかった。


考え方を変えれば、
飽きっぽい涼次が
よくここまで家族を維持できたな・・
とも言えるかもしれない。


家庭に飽きてきていたところに、
美味しそうな人参がぶら下がれば
飛びつきますよね。


だめんず涼ちゃんの
本領発揮の回でした。


涼ちゃん側の視点に立てば、
いろいろあるかもしれないけど、
主人公は鈴愛なので、
そちら側から失礼しました。


白熱した鈴愛と涼次のやりとりを
動画で見れます!

半分青いの動画まとめて視聴できる!いつでも安全に!


前回のあらすじはこちらです。


関連記事: 半分青い104話ネタバレあらすじ:涼次が鈴愛に別れを切り出す


次回のあらすじはこちらです。


関連記事: 半分青い106話ネタバレあらすじ:涼次が鈴愛と花野を捨てる理由

スポンサーリンク





半分、青いカテゴリの最新記事