半分青いで全身緑の起業家の加藤恵子役を演じる女優は誰?



朝ドラ『半分、青い。』で、
主人公の鈴愛が、
発明して起業するきっかけを作る主婦の
加藤恵子役を演じる女優は誰なのでしょうか?

加藤恵子は、
個性的な女性で、
全身緑の格好をしています。

鈴愛を上回る突拍子も無い人なので登場が楽しみです。

スポンサーリンク



半分青いで全身緑の起業家の加藤恵子役を演じる女優は誰


NHK朝のテレビ小説『半分、青い。』の
主人公の楡野鈴愛は、
岐阜県梟町の出身です。

結婚する前は漫画家を目指し、
結婚後は夫の夢を応援し、
子供を授かり親子3人で
幸せな生活をしていました。


ですが、夫は自分の夢のため、
鈴愛と子供を捨てます。


実家に戻った鈴愛は、
家の手伝いくらいすれば、
養ってもらえるのではないかと
思っていたようですが、
そうは甘くはありませんでした。


そこで就職先を探しますが、
そう簡単には見つかりません。


娘と2人の生活のために
何をしようか思い悩むようですが、
そんな時に彼女に運命の出会いが訪れます。


それが加藤恵子との出逢いでした。


この加藤恵子役は小西真奈美さんが演じます。


加藤恵子役の小西真奈美画像

脚本家の北川悦吏子さんが
小西さんのために書いた
加藤恵子というキャラクターは、
とても個性的な人です。


加藤恵子は、
1人で「グリーングリーングリーン」という
会社を立ち上げて、
自分の好きなモノづくりに没頭していました。


主婦として日常生活を送りつつも、
儲けより自分の好きなものを
好きなように売るというのが
恵子のスタイルでした。


彼女は、
会社名の通り、
いつも全身緑色の服を着ています。


オフィスも緑色で、
「全部、緑。」の人です。


彼女に出会うことで
鈴愛も無理をするのではなく、
自分のしたいことをしようと
考えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



加藤恵子役の小西真奈美とは


加藤恵子役の小西真奈美さんは、
すっかり大物女優さんになりました。


朝ドラには『ちゅらさん』に出演していました。


この時は主人公の恋敵で、
その後仲間になる女医の役でした。


小西真奈美さんの出演作は、
映画『UDON』、
『スイートレイン死神の精度』、
『のんちゃんのり弁』、
ドラマ『小児救命』、
『Nのために』
などがあります。


『UDON』では、
香川でのうどんブームを巻き起こすことになった
タウン誌の編集者・宮川恭子を演じていました。


ユースケ・サンタマリアさんが演じる
香川出身の編集者と名もなきうどんの名店を
探し回るという役柄でした。


そして、
『のんちゃんのり弁』では、
シングルマザーで、
娘のためにいつも美味しいお弁当を作る
母親を演じていました。


そのお弁当は独創的なのり弁で、
居酒屋で働きながら、
自分が得意とする弁当屋を始めようとする
ひたむきに強い女性を演じていました。


話題作『Nのために』では、
不倫相手に殺される
会社社長の妻・奈央子を演じていました。


奈央子は、夫からDVを受けており、
それを助けるために
主人公たちが計画を立てたのに
失敗してしまい、
自殺をしてしまう役でした。


夫の前でビクビクし、
自分でそこから抜け出せない様子に
いたたまれない気持ちになりました。


『ココリコミラクル』だったと思いますが、
ココリコの田中さんと一緒に再現ドラマに
出演された時は、
恐ろしい鬼嫁の役で、
本当に背筋が凍るほど怖かったです。


小西真奈美さんは、
つかこうへいさんの立ち上げた
北区つかこうへい劇団に入団し、
女優としても鍛え上げられました。


小西さんの凄みのある演技は、
ここでの経験が元になっているのかもしれません。


ドラマ『半分、青い。』は、
ストーリー展開が今までの朝ドラと違うので、
エンディングもどうなるのか
私の周りの誰もが期待しています。


そんなドラマ内のストーリー後半で、
主人公に大きな影響を与える1人が加藤恵子です。


加藤恵子の登場が、
どれだけ世間を騒がすのかも気になります。


ドラマの最後に向けて、
説得力のある登場人物なのではないかと
期待しています。


関連記事: 半分青いの発明とは?モデルの扇風機の購入方法や通販は?伏線はある?

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!