半分青い111話ネタバレあらすじ:鈴愛の職探しは難航!涼次の映画が完成!

半分青い111話ネタバレあらすじ:鈴愛の職探しは難航!涼次の映画が完成!


朝ドラ『半分、青い。』第19週
「泣きたい!」3日目第111話は、
鈴愛の思惑が外れ、
職探しをすることになりました。

そして、職探しは難航。

そんな時ボクテとユウコがやってきます。

スポンサーリンク



半分青い111話ネタバレあらすじ


朝ドラ『半分、青い。』第111話は、
前回の続きから始まりませんでした。


肩透かしです。


半分青いロゴ画像

鈴愛の母の晴が、
つくし食堂の収支を計算していました。


鈴愛は母の表情を見て、
お店が儲かっていることを見抜きます。


その後、
楡野家の茶の間は、
草太の弟子の健人や
草太の嫁の里子や息子の大地、
仙吉や鈴愛の娘のかんちゃんなど
大勢集まってきて、
賑やかな茶の間になりました。


楡野家が順風満帆なのをいいことに、
鈴愛はつくし食堂を手伝って、
居候を決め込む気でした。


ですが、
母に見抜かれてしまいます。


そして職探しをすることになりました。


ブッチャーに頼んだり、
仙吉の友人の農協の人に頼んだり、
喫茶店ともしびのママにまで、
就職の相談をしますが、
なかなか見つかりません。



その頃、
東京では涼次が映画を完成させ、
お披露目の試写会が開催されることが
決まっていました。

元住吉祥平は、
鈴愛に試写会の招待状を送らないのかと
領事に尋ねますが、
涼次は自分はそこまで図々しくないと
答えます。

梟町では、
鈴愛の娘のかんちゃんが、
涼次と鈴愛と自分の3人の絵を描いていました。

それを見た仙吉は、
かんちゃんにお父さんに会いたくないのか
と尋ねます。

かんちゃんは、
人間は地球がおうちだから、
一緒のお家に住んでいるのと同じだと答えます。

それは三オバの1人の麦が、
かんちゃんに言っていたことでした。

一方、鈴愛の職探しはなかなかうまくいきません。

つくし食堂に戻ってくると、
食堂の前にボクテがいました。

そして、
ユウコと現地集合していると
ボクテは鈴愛に言いました。


すると、
つくし食堂の中から笑い声が聞こえ、
ユウコがすでにきていました。

ボクテとユウコと鈴愛は、
再会を喜び合いました。

スポンサーリンク



涼次の映画が完成



鈴愛と娘の花野を捨てた涼次は、
映画を完成させていました。


ですが、
まだ一人立ちはしておらず、
三オバの家には戻っていませんが、
元住吉の家に転がり込んだままでした。


映画を完成させ、
映画監督デビューできた涼次ですが、
捨てた家族のことを思い出すこともあるようです。


嫌になって捨てたわけではないですからね。


涼次の撮った映画『恋花火』が
上映されると、
その評価が否応無しに
鈴愛にも入ってくるはずです。


その時、鈴愛はどんな気持ちになるのでしょうか。


また、涼次が絡んでくることもあるのかな。


律との関係を含め、
気になりますね。


涼ちゃんロスにならないと思っていたけど、
涼ちゃんが出てきたら、
ちょっと恋しくなってしまいました。


前回のあらすじはこちらです。


関連記事: 半分青い110話ネタバレあらすじ:和子の病気は何か判明!


次回のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い112話ネタバレあらすじ:ボクテが夏虫駅の出来事を暴露

スポンサーリンク


半分、青いカテゴリの最新記事