昭和元禄落語心中ドラマの助六役の俳優は誰?

昭和元禄落語心中ドラマの助六役の俳優は誰?



ドラマ『昭和元禄落語心中』で、
主人公のライバルの落語家の
助六役の俳優は誰なのでしょうか?

『昭和元禄落語心中』は、
原作が同名の人気漫画で
アニメ化もされています。

助六は天才的な落語家で、
主人公がその才能を羨む存在でもあります。

スポンサーリンク



昭和元禄落語心中ドラマの助六役の俳優は誰


『昭和元禄落語心中』は、
主人公の八雲は「昭和最後の大名人」
といわれる落語家です。


八雲が落語家の世界に足を入れたのと
同じ時に入門したのが、
助六です。


助六は明るく、話すのが大好きで、
噺家としての才能に溢れた人物でした。


この助六役を演じるのは、
山崎育三郎さんです。


山崎育三郎画像


誰もが助六の落語に魅了されます。


助六は人を笑わせることに夢中で、
人のネタを勝手におもしろおかしく
話してしまうこともあり、
それが気にくわないと感じる人が多くいました。


助六の落語は、
自分の個性を生かした落語で、
あまりにも個性を前面に出すため、
重鎮たちに煙たがられる存在となっていきました。


たびたび師匠から注意を受けていましたが、
それを受け入れない助六を、
最後には師匠が破門してしまいます。


助六は、
八雲との恋に破れた芸者の
みよ吉と一緒になり、
落語から離れていきます。


ですが、
落語を捨てきれない助六は、
抜け殻のようになってしまいます。


助六の才能は捨ててしまうには、
もったいない才能です。


そんな思いもあり、
八雲は助六の元を訪ね、
また落語に戻るように説得しました。


ですが、
助六はみよ吉と共に謎の死を遂げてしまいます。


この死の真実を巡ってストーリーは展開していきます。


悲しい話です。


スポンサーリンク




助六役の山崎育三郎とは


助六役の山崎育三郎さんは、
1986年1月18日生まれで、
東京都出身です。


もとモーニング娘。の安倍なつみさんの
夫でもあります。


山崎育三郎さんは、
最近は様々なドラマに出演して
テレビ出演も多いですが、
ミュージカル俳優として地位を築いています。


山崎育三郎さんの出演作は、
『突然ですが、明日結婚します』、
『あなたのことはそれほど』、
『FINAL CUT』
などがあります。


『突然ですが、明日結婚します』では、
主人公に好意をよせる
エリートサラリーマンの神谷を演じていました。


自分に自信がある営業マンで、
ヒロインに対して嫌味な感じで近づいてきましたが、
本当はかなりヒロインを想っているという役でした。


『あなたのことはそれほど』では、
ヒロインの夫・涼太の同僚の
小田原を演じていました。


涼太のことを心配しており、
同僚としての心配より
彼に好意を抱いているという感じでした。


そして、
『FINAL CUT』では、
主人公の母が命を絶つことになってしまう
女児殺害事件を引き起こした犯人の
小河原を演じていました。

最終回で、
主人公の亀梨和也さん演じる
中村と言い合うシーンはとても緊張感がありました。


最初は証拠がないことをいいことに
犯人であることを立証されないように
言い逃れをしようとして優位に立っていました。


ですが、
最後には中村の話術にはまり、
犯人しか知らないことをつい口走ってしまいます。


その瞬間、余裕だった顔の笑みは消え、
焦燥感がにじみ出るような表情に変わりました。


ドラマを見ていて主人公に思い入れがあるので、
その瞬間は「ついにやった!」と
喜んでしまいました。


ドラマ『昭和元禄落語心中』で、
山崎さんが演じるのは、
天才的な落語家です。


落語家独特の話術を
どこまで再現するのか楽しみです。


また天才落語家ゆえの苦悩も描かれます。


見ていて辛くなるようなシーンもあるのかと
ちょっと身構えてしまう気持ちになりますが、
それ以上に楽しみも大きいです。


楽しみです。


関連記事: 昭和元禄落語心中実写化ドラマキャスト一覧!

スポンサーリンク



昭和元禄落語心中カテゴリの最新記事