昭和元禄落語心中ドラマの芸者のみよ吉役の女優は誰?

昭和元禄落語心中ドラマの芸者のみよ吉役の女優は誰?


ドラマ『昭和元禄落語心中』で、
主人公と恋仲になる芸者の
みよ吉役の女優は誰なのでしょうか?

『昭和元禄落語心中』は、
落語の世界を舞台に、
落語に魅入られた者たちを描いたドラマです。

みよ吉は主人公の落語たちに
運命を翻弄されることになります。

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中ドラマの芸者のみよ吉役の女優は誰

 

『昭和元禄落語心中』の実写化ドラマでは、
岡田将生さんが、
名人と言われた落語家・八雲を演じます。

主人公の八雲は、
有名な落語家に弟子入りし、
落語の道を目指すことにします。

八雲と同時期に、
同じ師匠に弟子入りした
助六と一緒に落語家として成長しています。

八雲はどちらかというと陰鬱な性格で、
自分の落語を見つけられず
思い悩んでいました。

一方の助六は、
八雲と違い、
話し上手で入門当初から
人を魅了する話上手でした。

八雲はそんな助六の才能に憧れ、
嫉妬していきます。

そんな八雲を見て
師匠が芸者を紹介してくれます。

それがみよ吉です。

このみよ吉役を演じるのは大政絢さんです。

大政絢画像
 

みよ吉は、
思い悩む八雲に惹かれていきます。

 

そして、八雲はみよ吉に支えられ、
分の落語を見つけようとします。

 

そうしているうちに、
八雲は落語に魅入られ、
落語の世界に没頭するようになります。

 

八雲は師匠の強い進言もあり、
みよ吉との別れを選びます。

 

そして、落語に集中するようになります。

 

八雲との別れを強いられたみよ吉は、
落語界に嫌気がさしてしまいます。

 

そして同じ頃、
自分の芸風を受け入れてくれない
落語界に悩んでいた助六と一緒に
みよ吉は自分の故郷に逃げていきます。

 

みよ吉と助六は、
夫婦になり暮らします。

 

みよ吉は助六に落語をやめるように求め、
助六もみよ吉の望む通りにしますが、
根っからの落語家の助六は、
落語から離れたことで、
それ以外のことも何もやらなくなってしまいます。

 

そして、みよ吉は助六の元を去ります。

 

時間が経ち、
八雲が助六に落語界に復帰するように
説得に来ます。

 

助六も落語に戻ろうとしますが、
その直後助六とみよ吉は悲劇に襲われ
他界します。

 

何が起こったのか、
これもこのドラマのキーポイントです。

スポンサーリンク


みよ吉役の大政絢とは

 

みよ吉役の大政絢さんは、
モデルから女優になりました。

 

最近では番組MCをすることもあります。

 

ロングヘアがトレードマークで、
クールビューティな役柄が似合います。

 

名前: 大政絢(おおまさ あや)

生年月日: 1991年2月4日

出身地: 北海道滝川市

血液型: O型

身長: 164 cm

 

大政絢さんの出演作は、
「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」
「あなたのことはそれほど」
などがあります。

 

私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」では、
中谷美紀さんが演じる
主人公みやびが開業した
美容皮膚科で勤める看護師を演じていました。

 

私結婚ー大政絢画像 なかなか結婚しないみやびより
恋愛経験や婚活経験が豊富でした。

 

みやびに
婚活パーティーなどへの出席を勧めたり、
恋愛においては、
みやびの指導役でした。

 

年下ながら恋愛においては
頼れる女性で、
その言葉には説得力がありました。

 

そして、
「あなたのことはそれほど」では、
主人公・美都の親友役の香子を演じていました。

 

香子は友人思いの女性で
美都が不倫していると分かると
本気で怒ってくれました。

 

美都が全てを失った時に
支えてくれたのも香子でした。

 

このドラマの中で1番まともな存在でした。

 

大政絢さんは、
最近は頼れる役柄をよく演じるようです。

 

とても美しい方で自立している
印象があるからだと思います。

 

今回の『元禄昭和落語心中』では、
好きになった相手を支える存在だったのに、
ストーリーが進むにつれ、
好きな相手に捨てられ、傷つき、
恨みを持つようになります。

 

気持ちの変遷が一番大きな登場人物なのではないでしょうか。

 

そんなみよ吉を大政絢さんが、
どのように演じるのか楽しみです。

 

気持ちの変化で、
容貌も変わっていくのかもしれないですね。

関連記事: 昭和元禄落語心中実写化ドラマキャスト一覧!

スポンサーリンク

昭和元禄落語心中カテゴリの最新記事