半分青い115話ネタバレあらすじ:晴さんと和子さん

半分青い115話ネタバレあらすじ:晴さんと和子さん


朝ドラ『半分、青い。』第20週
「始めたい!」1日目第115話は、
晴さんと和子さんの素敵な友情物語でした。

鈴愛と律のつながりが変わらないように、
母たちのつながりも変わらないのでした。

スポンサーリンク



半分青い115話ネタバレあらすじ:晴さんと和子さん


朝ドラ『半分、青い。』第115話は、
鈴愛の五平餅の店の構想に
父の宇太郎がノリノリになってしまい
母の晴が家を飛び出して行ってしまう
ところから始まります。


半分青いロゴ画像

萩尾家では、
律が仕事をする側に和子さんが座っていて、
律が仕事を終えると、
和子さんが律に「お風呂に入りなさい」
と言っていました。


律は高校生になったのかと思ったと
答えます。


ちなみに、律は「人間共存型ロボット」を
開発しようとしているらしい。


萩尾家の写真館の前では、
弥一さんが看板を片付けていました。


そして、
物陰に隠れている晴を発見します。


晴は萩尾家の居間で、
和子に謝っていました。


和子の体調が悪いのに、
愚痴に付き合わせて申し訳ないと言います。


和子は自分の病気のことは気にしないで欲しい
と言い、
自分を頼りにしてくれて嬉しいと
晴に伝えます。


晴は草太のカツ丼が人気になって、
仙吉の居場所がなくなっていたので、
鈴愛の2号店のアイデアはとても良いと思う。
自分はわがままだ
と言いながら泣き出します。


和子は晴に寄り添っていると、
弥一がコーヒーを入れて
居間に入ってきます。


様子を見て絶句する弥一に、
和子は「晴さんが私の代わりに泣いている」
と伝えます。


そして晴には、
「一緒に笑うと楽しさが倍になって、
一緒に泣くと悲しさは減る」
と慰めます。



和子は「なんでも始めるのは良いことだ」
と晴に言います。

晴が「草太のカツ丼は一生に一度のことだ」
と言うと、
和子は「調子がいい時に攻めないといけない。
調子がいい時に調子に乗らないといつ乗るの?」
と言って、晴十和子は笑い合います。

それを隣の部屋で聞いていた
律と弥一は「和子が笑っている」
とうれしそうに話します。

そして昔鈴愛が家出して、
萩尾家に来たことを思い出して、
楡野はみんな家出をするとうちにくると
話しています。

そこに、
鈴愛が晴を迎えにやってきました。

翌日平身低頭に謝る宇太郎に対して、
晴は2号店に賛成すると言い出します。

仙吉もちょっとやる気になったようで、
かんちゃんに五平餅を作ってあげました。

そこに宇太郎がやって来て、
2号店をやることが決まったと大喜びします。

ナレーションの蓮子さんは、
心配してましたけど、
どうなるのでしょう。

スポンサーリンク



晴さんと和子さん



晴さんと和子さんは、
同じ日に母になり、
その日からの付き合いです。


律と鈴愛が出会うより前に、
見えない糸で繋がれていたのかも
しれません。


和子さんは晴さんが泣いた時、
自分の代わりに泣いてる
と弥一に言いました。


和子さんは自分の病気や
自分の命が短いのではないかという
不安で泣きたいのをこらえて、
毎日生きているのだなと
わかりました。


弥一も和子さんの言葉で、
和子さんの気持ちを痛烈に
感じ取ったことでしょう。


ところで、
和子さんは、
しょっちゅう家に来る鈴愛を通して
晴さんの姿を見ていたと思います。


積極的で物怖じしない鈴愛のような存在が
律には必要だと、
律が子供の頃に弥一さんに言っていました。


和子さんの鈴愛への信頼は
とても深いです。


鈴愛が律に連絡する時に、
萩尾家の家の電話にわざわざして来るのは、
和子さんの様子を気にかけているからだと
弥一に語っていました。


弥一は口に出していましたが、
和子さんも鈴愛が律と結婚したらよかったと
ずーっと思っていると思います。


夏虫駅での律と鈴愛の気持ちのすれ違いは、
当人以外の気持ちにも
波風を立たせていたということが
わかりますね。


切なくなります。


今回の和子さんと晴さんのやりとりは、
とても切なくて、
しかも暖かいです。


ぜひ動画で見てください。


動画で見る方法はこちらをご確認ください。


⇒  半分青いの動画まとめて視聴できる!いつでも安全に!

次回のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い116話ネタバレあらすじ:花野が和子に歌う故郷ふるさと

スポンサーリンク






半分、青いカテゴリの最新記事