半分青い122話ネタバレあらすじ:センキチカフェと企みと懐かしい人

半分青い122話ネタバレあらすじ:センキチカフェと企みと懐かしい人


朝ドラ『半分、青い。』第21週
「生きたい!」2日目第122話は、
センキチカフェがオープンし、
お客さんを楽しませるアイデアを
鈴愛が思いつきます。

また律の父の弥一を励ますために
商店街の男たちが、
怪しげな計画を立てている様子。

 

スポンサーリンク


半分青い122話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『半分、青い。』第122話の
公式なあらすじをまずご紹介します。

 

半分青いロゴ画像
 

ぬいぐるみを使って
花野(山崎莉里那)から
店名を聞き出した鈴愛(永野芽郁)。

同じ方法を使って
五平餅カフェに来た人を
楽しませたいと考える。

そして、
その声を病気療養中の
和子(原田知世)にお願いしたいと
律(佐藤健)に相談。

和子だけでなく
律を支えたいと思っている鈴愛は、
律の頼みを受けて、
日々の看病で気が沈みがちな
弥一(谷原章介)を励ます方法を考える。

そんな中、
商店街を、
思いもかけない人物が再訪する。

 

視聴したあらすじは、
視聴後に追加いたします。

視聴後あらすじ

 

鈴愛は、
ふくろう会のメンバー、
律、ブッチャー、菜生を集め、
思いついたアイデアを説明します。

岐阜犬(ぎふけん)と呼ぶ
大きなサイズのぬいぐるみに、
携帯電話を仕込み、
おしゃべりをさせる
というアイデアでした。

律はWiFiを使ったら、
通信費がただになると、
すかさず助言。

そして、
誰が声を担当するのか
という問いに、
律は「これが鈴愛が言っていた和子への仕事か」
と気づくのでした。

萩尾家では、
和子が弥一が作ったリゾットに
舌鼓を打っていました。

弥一は和子に
どこか行きたいところはないかと訊きますが、
和子は弥一や律がいる梟町のそばがいい
と言います。

その後弥一は、
写真館で写真を見ながら、
行き場のない思いで、
つい拡大鏡を投げ捨てていました。

そこに律が帰ってきます。

弥一は律におまえ大丈夫なのか?
と訊きます。

律は自分は勤めているから、
電車に乗ったりするので、
大丈夫だと答えます。

そして、
外に出かけた方がいいと、
弥一にアドバイスします。

でも実は律は大丈夫ではないですよね。

診療所の貴美香先生のところで、
不眠の薬を処方してもらっているのに・・

律は和子も弥一も気遣っているのでしょう。

さらには、妻や子供も・・
律は大変ですね。

一方楡野家では、
鈴愛がぬいぐるみ作りに精を出していました。

晴が花野が寝たと報告に来て、
2人は軽く晩酌します。

そこで、鈴愛は、
和子だけでなく、
律も支えたいと晴に言います。

自分はいつも律に支えられて来たので、
今度は律を支えたいと鈴愛は言います。

すると、晴が、
和子が鈴愛が律をマグマ大使としたことで、
律は強くなれたと言っていたと
教えてくれます。

誰かを守ろうと思うと
人は強くなれる・・・
晴も鈴愛が生まれた時に
そう思ったと言います。

鈴愛は律の家族もうまく行くと思っていると
晴に言います。

晴が律はいい友達で親友だし、
そういう関係はなかなかないと言うと、
鈴愛は律は友達や親友とも違う
もっと特別な存在だと言います。

さらに鈴愛は、
弥一を外に連れ出してほしいと、
律に頼まれたと晴に伝えます。

晴は宇太郎にそれを伝えます。

宇太郎は弥一が「きどり」なので、
普通に誘っても出てこないと言います。

その時、つくし食堂を訪ねる人がいました。

すっかり服装が変わった
岐阜サンバーランドの開発会社の瞳でした。

瞳は仙吉が作ってくれた
五平餅を食べに来ました。

瞳は仏壇にお線香をあげてくれ、
今は旅行会社に勤めていると言います。

瞳を見て宇太郎はいいことを思いつきます。

それは、
岐阜サンバーランド騒動の時、
瞳と一緒に飲み会で、
弥一も盛り上がっていたことでした。

おしゃれ木田原の協力も得て、
ボディコンを卒業した瞳に
またボディコンを着せ、
喫茶ともしびでパーティーを開催することにします。

弥一には、
瞳が来て仙吉の49日もあるので、
男同士で集まろうと思っていると
宇太郎は誘い出します。

まんまと誘いに乗った弥一が、
ともしびに来ると、
男たちがバブルのノリで
踊っており、
瞳も現れました。

あっけにとられていた弥一でしたが、
久々に笑顔で踊っていました。

 


そして萩尾家では、
和子が弥一がおしゃれして出かけたと
律に言います。

「何を企んだの、君?」
と和子は律に問います。

律は「別に」と穏やかに答えます。

萩尾家にも、
ひとときの平穏が訪れました。

スポンサーリンク


センキチカフェと企みと懐かしい人

 

ついに、
鈴愛は念願の五平餅のカフェを
オープンさせました。

ぬいぐるみのココンタに仕込んだ
携帯電話を使って、
娘の花野から
仙吉がこっそり決めていた
五平餅カフェの店名を聞き出した
鈴愛は気を良くします。

そして、
カフェでも同じ手法で、
お客さんを楽しませようと考えます。

この発想が鈴愛の真骨頂です!

誰かを楽しませたい、
驚かせたい
という鈴愛の考えは、
子供の頃から
漫画家時代を経て、
枯れることなく続いていました。

鈴愛は、
涼次と結婚している時には、
時の流れに身を任せていたと思います。

ですが、
本来鈴愛は、
道を切り開くタイプの人。

漫画家時代に燃え尽きたように見えた
情熱を再燃させていくのでしょう。

そして、
この回は律の父を励ますために
なにやらふくろう商店街の男たちが
画策するようです。

思いもかけない人が訪れます。

それは誰かというと、
小倉瞳・・

それは梟町にテーマパークを作る
と町へやってきた
開発会社の女性でした。

その当時は、
バリバリの80年代のワンレンボディコン
ファッションでしたが、
どんな格好でやってくるのでしょうか。

半分青いー80年代ファッションの佐藤江梨子画像
梟町に小倉瞳がきた時には、
商店街中の男たちが、
彼女の存在に浮かれていましたよね。

20年後も
また男たちが浮かれるのでしょうか。

単純なわかりやすい男たち。

これはこれで楽しそう。

日常生活にも
たまには刺激が必要でしょう・・・

この80年代ファッションのサトエリさんを
見逃した方も見る方法があります。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

ちなみに、『半分、青い。』第14話の
放送が始まって9分過ぎごろに
サトエリさんは登場します。


⇒ 半分青いの動画をまとめて視聴できるおすすめは?Pandoraは安全?

前回の記事はこちらです。

関連記事: 半分青い121話ネタバレあらすじ:鈴愛が花野に仕掛ける

スポンサーリンク

半分、青いカテゴリの最新記事