半分青い124話ネタバレあらすじ:岐阜犬の声は和子さん!

半分青い124話ネタバレあらすじ:岐阜犬の声は和子さん!


朝ドラ『半分、青い。』第21週
「生きたい!」4日目第124話は、
鈴愛のアイデアが形になります。

それはセンキチカフェの人気キャラの
「岐阜犬」です。

岐阜犬の声は和子が担当します。

和子が始めたかった新しいことは鈴愛が用意してあげました。

スポンサーリンク


半分青い124話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『半分、青い。』第124話の
公式なあらすじをまずご紹介します。

 

半分青いロゴ画像
 

鈴愛(永野芽郁)、
律(佐藤健)、
ブッチャー(矢本悠馬)、
菜生(奈緒)が協力して、
話すぬいぐるみ・岐阜犬が完成した。

鈴愛の発案で岐阜犬の声は、
和子(原田知世)に任されることになった。

センキチカフェに岐阜犬が置かれて以来、
多くの人が岐阜犬に
悩みを相談に来るようになり、
和子は人々の秘密を知るようになるとともに、
やりがいを得て体調も安定する。

律は、そんな母の姿を見て
貴美香(余貴美子)に本音を語り始める。

 

視聴したあらすじは、
視聴後に追加いたします。


視聴後のあらすじ


岐阜犬がうまく運用できるかテストする
鈴愛や律たち。

岐阜犬を通して、
センキチカフェと楡野家の茶の間が
繋がり、
ボイスチェンジャーで
声が変わったりして、
妙にみんなが浮かれています。


鈴愛は和子に、
岐阜犬の声を頼みます。


鈴愛はそのうちお客は、
岐阜犬に悩みを打ち明け出すので、
和子にしかできない仕事だと言って、
和子に頼みます。


鈴愛の読み通り、
花野は岐阜犬にぎゅーっとし、
友達がいない高校生は、
「無理に友達を作る必要はない」
と岐阜犬からアドバイスされ、
気が楽になります。


和子が生き生きと
岐阜犬の声を担当しているので、
律も弥一もうれしそうです。


律は貴美香先生のところに、
薬を取りに行き、
和子はこのまま病気が治るのでは?
と貴美香先生に聞きます。


貴美香先生は答えません。


そして、
律は貴美香先生のコーヒータイムに付き合います。


貴美香先生は和子は生きることが上手だと
言います。

律は、自分は何者でもないので、
和子の王子だったり、
鈴愛のマグマ大使だったりしたことで
助かっていたと吐露します。


律は自分が生きるのが下手だと言います。


それを聞いた貴美香先生は、
律は綺麗でかなしくなる、
心もきっと綺麗だ
と言います。


その頃、
岐阜犬に西園寺麗子の母の
西園寺富子が、
娘の恋愛の相談をしていました。


和子は相談相手が、
富子だと気づき、
「親にできることは子供を信じること」
と的確なアドバイスをします。




病院帰りの律は、
河原でひとり佇み、
和子が治らないことに
憤りを覚えていました。


仕事を終えた鈴愛は、
草太の作ったスープを持って
和子を訪ねます。


そして、
和子から自分が死んだら、
律に渡して欲しいと
母子手帳と育児日記を預かります。


和子は弥一に頼んでもいいし、
律に渡してもいいのだけど・・・
と言いますが、
鈴愛は「あかん、2人とも泣いてまう」
と言って和子のお願いを理解します。



弥一も律も、
和子の病気を受け止められず、
和子はひとり淡々とその日を待っている・・
なんとも切ないです。


スポンサーリンク


岐阜犬の声は和子さん

 

鈴愛は花野から仙吉の残した
五平餅カフェの名前を聞き出すために、
ぬいぐるみに携帯電話を
仕込んだことから思いついた
アイデアをついに形にしました。

 

それは、
センキチカフェのマスコット的な
存在になる「岐阜犬」です。

 

岐阜犬は、
鈴愛が花野に初めて描いてあげた
絵をもとに作られました。

 

岐阜犬元絵画像
 

岐阜犬画像
 

鈴愛の絵がものすごくよく再現されています。

 

この「岐阜犬」は、
鈴愛、律、ブッチャー、菜生の
ふくろう会メンバーが
協力して作りました。

 

特にロボットの専門家の
律の力は大きかったはずです。

 

この岐阜犬はおしゃべりできるという
画期的な機能を持っています。

 

このおしゃべり機能を担うのが、
律の母の和子さんです。

 

和子さんは
重い病気を患っていますが、
新しいことを始めたい
と思っていました。

 

これは律の祖父の仙吉が亡くなった時、
鈴愛の母の晴や律に語ったことです。

 

鈴愛や律の協力で、
和子さんは新しいことを
始めることができました。

 

和子さんの人を励ます能力は、
天才的です。

 

鈴愛の片耳が聞こえなくなり、
晴が悲しみと後悔にくれていた時にも、
和子さんは晴を励ましました。

 

また、
宇太郎との世界一周旅行を
楽しみにしていた晴が、
2号店のせいで行けなくなり、
やるせない気持ちを抱えていた時にも、
和子は励ましました。

 

筋金入りの励まし上手です。

 

そんな和子さんが、
岐阜犬の「中の人」を担当するので、
岐阜犬の人気がうなぎ上りになります。

 

母の元気が無くなっていく姿に
心を痛めていた律も、
すこし安心したことでしょう。

 

それもあってか、
律は自分を取り上げてくれた
産科医の貴美香先生に
自分の気持ちを吐露します。

 

高校時代に、
律は貴美香先生と会うと、
心底安心すると語っていました。

 

律にとって貴美香先生は、
一番自分の思いを
素直に吐き出せる相手なんですね。

 

和子さんがいつまでも元気だといいな
と律と同じように思います。

 

貴美香先生と高校時代の律の会話は、
『半分、青い。』第17話の11分45秒ごろ
から
見ることができます。

もう一度見たい方は、見る方法があります!

⇒ 半分青いの動画をまとめて視聴できるおすすめは?Pandoraは安全?

 

前回第123話のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い123話ネタバレあらすじ:健人と西園寺麗子の恋

 

次回第125回のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い125話ネタバレあらすじ:津曲って誰?見逃し動画

スポンサーリンク

半分、青いカテゴリの最新記事