半分青い23週138話ネタバレあらすじ:鈴愛が起業の難しさを律に語る


朝ドラ『半分、青い。』第23週
「信じたい!」6日目第138話は、
律が起業に興味を惹かれる中、
鈴愛は現実の厳しさを痛感します。

その気持ちが強くなった鈴愛は、
律に本音をぶちまけます。

律はどんな対応をするのでしょうか?

スポンサーリンク


半分青い23週138話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『半分、青い。』第23週第138話の
公式なあらすじをまずご紹介します。

 

半分青いロゴ画像
 

律(佐藤健)は
シェアオフィスでの起業に興味を持ち、
鈴愛(永野芽郁)や、
他の起業家の仕事を見に来るようになった。

多様な人々がそれぞれの目的で
活動するシェアオフィスの雰囲気と、
ものづくりの初心を思い出し、
起業への思いを強める律。

一方で鈴愛は、
麦(麻生祐未)や
恵子(小西真奈美)と話すうち、
一人で起業をするのは
リスクがあることを痛感する。

ある日、
起業に惹(ひ)かれると話す律に、
鈴愛は本音を語りだし……。

 

視聴したあらすじは、
視聴後に追加いたします。

視聴後のあらすじ感想

律の部屋で、
シェアオフィスの事業計画書の
フォーマットを見つけた鈴愛は、
起業するのか、
シェアオフィスに来るのか、
と矢継ぎ早に質問します。

そして、
律はシェアオフィスに
たびたび来るようになりました。

三オバの麦が
花野を夏祭りに連れて行くために、
鈴愛に家に来ていました。

どうやら麦は元住吉と
あいかわらずよく会っているようで、
元住吉の新しい映画
『カタツムリの囁き』の
パンフレットを鈴愛に
見せていました。

元住吉は、
大手の映画会社が肌に合わず、
インディーズで映画を
作り続けているとのこと。(麦情報)

 


1人でやって行くのは
大変だから、
鈴愛は偉いと
麦はしみじみ言っていたのでした。

一方律の家では、
なぜか正人がゴーヤを
切っています・・・

あ、律が怪我しているからか・・

律は正人に、
元妻のより子が再婚したと
告げます。

律は「幸せになってほしい」と
言いながら、
シェアオフィスの書類を見て、
「俺も頑張る」と言い、
その律の背中を見ながら、
正人は何かを思っていました。

鈴愛のことかな。

シェアオフィスの
[グリーングリーングリーン]の
一角で、
鈴愛はネット通販を始めようかと
加藤恵子に話していました。

そのサイトから
転職サイトを見ると、
律の勤める菱松電気の
平均年収が806万円である
ことを、
鈴愛は知ってしまいました。

そして、
加藤恵子が、
おひとりさまメーカーは、
将来への保証がないので、
タフでないと
やっていけないと言われます。

ですが、
恵子は
「できると信じることが大切だ」と
鈴愛に力説します。

そして、
しっかりした字で
信じることを書くのだと
鈴愛に新商品の
「グリーンパンが売れる」と
書いたものを見せます。

鈴愛は
自分も書いていいかと言い、
恵子のグリーンパンの文字の横に
何かを書きます。

すると、
恵子は急に
エアコンが効かないことに
気づきました。

そして、
南村のオフィスを訪ねます。

そこには律がきていました。

律がエアコンを応急処置で
直しますが、
その時律は、
鈴愛が書いた
「お母ちゃんのオペは
絶対成功する
100パーセント」
という文を見てしまいます。

そのあと、
鈴愛と律は、
津曲のラーメン屋で
ラーメンを食べていました。

律は嬉しそうに、
作りたいものが浮かびそうだと
鈴愛に言います。

すると、
鈴愛は、
律は常に
看板を背負ってきたのだから、
会社を辞めないほうがいい
とまくしたてます。

律はその言葉に
本気で怒り、
店を出て言ってしまいます。

 

今週はここまででした。

鈴愛が律に、
おひとりさまメーカーを
甘く見るな、
浮かれるな
と言った気持ちは
よくわかります。

確かに、
大手企業の人は、
会社の実力=自分の実力だと
考えがちだと思います。

できると思って、
会社を辞めると、
実は会社のおかげで、
自分がいい思いを
していたことを、
身にしみることになることが
多いです。

うちの父もそうでした。

銀行も取引先も、
みんな冷たい、
というか冷静ですよね。

本人だけが浮かれています。

とはいうものの、
夢を追って何が悪い
という気もします。

律はすでに離婚しているし、
元妻は再婚するし、
養育費はわからないけど、
子供の生活も
一応保証されるであろう
ことがわかっています。

だったら、
律は、
今までやってこなかった
自分のやりたいことを
やってほしいし、
やるべきだと思います。

鈴愛は、
心配を口にするのはありだけど、
そのあとは
全面的に応援すべきだと
思いますが、
どうでしょうか?

スポンサーリンク


鈴愛が起業の難しさを律に語る

 

鈴愛は律の起業への思いを知ると、
起業の難しさを語ります。

鈴愛は2年間ずーと
成功するためにもがいてきたので、
律の気持ちを安易に感じたのかもしれません。

考えてみれば、
鈴愛は漫画家時代に
究極にもがき苦しみました。

律は鈴愛に比べると、
ほぼ順風満帆に生きてきました。

いい大学を出て、
いい会社に入って、
好きなことを仕事をしてきました。

もちろん妻との関係は
難しいものでしたが、
もがいたとは言えない。

ようやく律は自分の生き方を
見直す時期に来たのだと思います。

そんな状況は経験済みの
鈴愛としては、
律に対してもどかしさがあるのではないでしょうか。

また、鈴愛は1人で起業することの
難しさを知ったので、
鈴愛と律の2人で起業することを
提案するのかもしれないです。

ようやく鈴愛は律と
二人三脚で同じゴールに
向かうことができるようになるもかも。

最後にどこに到着するのでしょうか・・

まだまだ『半分、青い。』は
終わらない・・・

半分青いの138回の動画を見るには

 

『半分青い』の138回は、
律と鈴愛の関係が
新しいフェーズに入るのかもしれません。

この回を見ないと、
次週からの話がわからなくなるかも?

この回を見るのに
一番早くて簡単なのは、
VOD(ビデオオンデマンド)という方法です。

VODなら
登録すれば、
すぐに『半分、青い。』第138回を見ることができます。

詳しくはこちらの記事で説明しています。

⇒ 半分青いの動画をまとめて視聴できるおすすめは?Pandoraは安全?

前回のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い23週137話ネタバレあらすじ:律が起業?鈴愛は思いを新たに

次回のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い24週139話ネタバレあらすじ:律はまだ鈴愛のマグマ大使?

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!