半分青い26週155話ネタバレあらすじ:鈴愛にメッセージくれたのは誰?

半分青い26週155話ネタバレあらすじ:鈴愛にメッセージくれたのは誰?


朝ドラ『半分、青い。』第26週
「幸せになりたい!」5日目第155話は、
ようやく現実を受け止めた
鈴愛が向かった先はどこなのでしょうか?

そして、
鈴愛は誰のメッセージを
受け取ったのでしょうか?

スポンサーリンク




半分青い26週155話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『半分、青い。』第26週第155話の
公式なあらすじをまずご紹介します。

 

半分青いロゴ画像
 

ようやく現実と向き合う気持ちに
なった鈴愛(永野芽郁)は、
単身、ある場所を訪ねる。

東京では、
鈴愛の帰りを待つ
律(佐藤健)のもとを、
正人(中村倫也)が訪れていた。

そこに、
鈴愛と律あての速達が届く。

封筒を受け取った律が
差出人を確認すると、
秋風羽織(豊川悦司)と書かれていた。

その中には、
秋風から鈴愛と律に贈る言葉が…。

一方の鈴愛も、
思わぬ人物からのメッセージを
聞かされることになる。

 

視聴したあらすじは、
視聴後に追加いたします。

 

視聴後のあらすじ感想

 

鈴愛は、
ユーコの夫のヨウジと
まだ話していました。

ヨージは、
ユーコがよく鈴愛の話をしていて、
ヤキモチを焼くくらいだったと
言いました。

東京では、
律がひとりでいる
スパロウリズムのオフィスに
正人がやってきます。

震災後、
正人の勤める出版業界も、
仕事の進行が厳しいものがありました。

正人は、
鈴愛がどうしているか
律に尋ねます。

律は、
仙台に1人で行ったと
正人に答えます。

そこに郵便屋さんが、
速達を持ってきました。

鈴愛と律の2人に連名で
送られてきた手紙は、
秋風先生からのものでした。

その内容は、
どんな時にも想像力を使うことで、
乗り切ることができるし、
その強さを鈴愛も律も持っているという
ことでした。


仙台では、
ヨウジが311の時に、
ユーコが亡くなった時の状況を
鈴愛に説明しました。

ユーコは、
勤め先の病院で、
動けない患者さんに寄り添って
いたのでした。

一方東京では、
律は、
鈴愛を守るために
自分が生まれてきた、
40年鈴愛を待っていた
と正人に言います。

正人には鈴愛に言わないように釘をさします。

そして、
ユーコの携帯電話に、
ユーコが愛する人たちへの
メッセージを残していて、
それを鈴愛に聞かせてくれました。

鈴愛へのメッセージは、
生きて、
何かを成し遂げてくれ
ということでした。

鈴愛は、
松風塾を出た日、
ユーコとボクテと一緒に行った
桟橋に行き、
1人でユーコを思います。


そして、
鈴愛は律の待つオフィスに
戻るのでした。

感想

 

鈴愛がようやくユーコの死を乗り越える
というか、
その痛みと共に歩む決意をした回でしたね。

今回はやっぱりユーコの件について、
思ったことをを書きます。

視聴後の色々な意見を見ると、
否定派が多いように思います。

ユーコが録音している時間なんてなかったとか、
ユーコの夫のヨウジさんの立場は??とか。

私も出てきているツッコミに賛成です。

フィクションなんだからとか、
反対している人は想像力がないとか
そういう声も聞こえます。

でも、
どんなドラマでも、
ノンフィクションだとしても、
あくまでも作り物なわけで、
そこで「そうだよね」と共感するか、
「ありえないでしょ」と思うかは、
表現者側の問題が大きいと思うんですよね。

百歩譲って、
ドラマはありえないことを書いてもいいのだ
と言っても、
ユーコのシーンは現実にあったことに絡めているのだから、
ありえないと思わせては
いけなかったと思います。

『半分、青い。』で、
脚本家の北川悦吏子さんが
描きたかったのは、
まず第一に
「今までなかった朝ドラ」でした。

乱暴に言えば、
「朝ドラでこんなことしていいの?」
とか、
「朝ドラではありえないでしょ」
という言葉が、
一番の褒め言葉だったのだと思います。

だから、
話の整合性やリアル感は、
「今までなかった表現」に比べると、
優先順位は低かったのでしょう。

でも、
視聴者としては、
「朝ドラではいままでなかったこと」
なんていうのは、
大した問題ではありません。

まずは、
話が面白くないといけない。

話が面白いためには、
話に入り込まないといけない。

話に入り込むためには、
ストーリーに整合性がとれていないといけない。

・・・のです。

なぜ整合性が取れていないといけないかというと、
「ありえないじゃん」
ってツッコミ場所があると、
ドラマの話の中に漂っていられないからです。

テレビの前で見ている
自分に引き戻されてしまう。

なので、
現実の災害や事件を
ストーリーの中で扱うのであれば、
そこの部分は丁寧に書かないといけないと思います。

事実を扱っている部分だけは、
フィクションであっても、
「そうだったかもしれないね」って
見ている人に思わせないといけない。

ドラマの中で起こった出来事が
現実に起こっていても
おかしくないことにしなければいけない
のだと思います。

『半分、青い。』では、
現実に起こったことへの
リサーチが足りなかったのではないかと
思いました。

実際看護師さんで被災した方の
記事を見ると、
ユーコの行動は、
やっぱりおかしいです。

津波が押し寄せる病院にいた方は、
どうしたら自分も患者さんも助かるか、
どうしたら、自分が亡くなったことを
家族に知らせられるか、
これで目一杯だったようです。

看護師さんは、
自分の時間を患者さんを助けるための
時間に使っていました。

仮に録音できたとしても、
一人一人にメッセージを残す時間は
なかったでしょう。

津波が来ない高い場所にいたとしても、
看護師さんは患者さんのお世話をして、
自分のために時間を使うことは
なかったのではないでしょうか。

東日本大震災については、
被災していない人でも、
多くの人が報道を毎日見ていたし、
取材された記事を読んでいました。

その人たちは、
自分が被災していなくても、
擬似的にですが、
被災体験していたと思います。

そういう人たちに、
これはありえないだろう
と思わせてしまうのは、
作り手のせいです。

ちゃんと調べれば、
ユーコの録音が現実には
ありえないことだとわかるからです。

震災を擬似体験している視聴者は、
ありえないだろ!と思ってしまう。

なので、
俳優さんたちが、
リアルなお芝居をしていても、
背景にある状況にリアルさがなければ、
見ている人の心には
染み込んで行かないのだなあ
と思いました。

そうはいっていても、
ユーコのメッセージを聞いたら、
泣いてしまいました。

それは、
半年間『半分、青い。』を見続けてきて、
ユーコと知り合いになっているからです。

なので、
今回のユーコからのメッセージは、
もっとユーコらしいやりかたがあった
のではないかと思います。

ドラマなんだから、
フィクションなんだから、
なんでもありでしょ、
っていう人もいると思います。

もちろん、その通りです。

ドラマはなんでもあり!

全てのドラマに整合性は求めません。

でも少なくとも
震災をストーリの肝にするなら、
整合性が求められて当然だし、
そうすべきだったと思います。

ちょっと感情的かしら・・

スポンサーリンク


鈴愛にメッセージくれたのは誰

 

鈴愛がある場所に行き、
思わぬ人からメッセージを受け取る・・・


これは、
仙台に行って、
ユーコからのメッセージを
受け取るのだと思います。

鈴愛が一番辛い時間を
分かち合ったユーコの言葉に、
鈴愛はまたスタートを切る
気持ちになるのではないでしょうか。

とはいえ予想だと、
ユーコはすでにこの世にはいません。

噂によると、
ユーコの言葉は
留守電に残されているとか。

ユーコの文字でなく、
ユーコの声が鈴愛に届く。

文字は書いた時をとどめますが、
声は普通は一瞬で消えて行きます。

その一瞬を録音して、
とどめているって、
すごいことですよね。

文字は読んだ人が、
そこに込められた意味を
推測します。

でも、声の録音は、
生きたまま、
その息遣いや声のトーンが
そのまま閉じ込められます。

火山の噴火などの自然現象で
化石となった生き物が
そこにそのまま閉じ込められた感じ?

息遣いが感じられますよね。

今いない人の生々しい声は、
鈴愛に生きるための
強さを与えてくれたのかもしれません。

それは、
律との新しい関係に
繋がるような気がします。

タオルを用意して、
テレビの前に座ろうっと。

 

半分青いの見逃し動画を見るには

 

第155回は、
鈴愛が再スタートを切る
きっかけがわかるストーリーの
ようです。

涙なしでは見れないから、
1人になった時に、
見ようかしら・・

それをVOD(ビデオオンデマンド)なら、
簡単にできます。

VODは登録するだけで、
スマホやPCで視聴できます。

いつでも、
どこでも見れるので、
プライベート空間が少ない
私のような主婦でも
1人っきりで見れますよ。

プライベート空間が少ないとは、
子供がいるし、
働いているので、
なかなか1人になれないという意味です。

詳しくはこちらの記事で説明しています。

⇒ 半分青いの動画をまとめて視聴できるおすすめは?Pandoraは安全?

前回のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い26週154話ネタバレあらすじ:涼次が言った言葉とは?

次回のあらすじはこちらです。

関連記事: 半分青い26週156話最終話ネタバレあらすじ:鈴愛は律とどうなる?

スポンサーリンク

半分、青いカテゴリの最新記事