まんぷくで進駐軍兵士ジョナサンメイ役は誰?ブレイズプラントとは


朝ドラ『まんぷく』は、
2018年10月からスタートする
NHK連続テレビ小説です。

戦災を乗り越えた
大阪の夫婦が
インスタントラーメンを発明する
ストーリーです。

主人公の夫は、
身に覚えがないことで有罪になり、
進駐軍に捕らえられてしまうこともあります。

その時の兵士がジョナサン・メイです。

ジョナサン・メイ役を演じるのは誰でしょうか。

 

まんぷくで進駐軍兵士ジョナサンメイ役は誰

 

NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』の
主人公の今井福子は、
大阪出身で、
貧しいながらも愛されて育った女性です。

 

福子は、
女学校卒業後に
ホテルの電話交換手として、
働くようになります。

 

とあることをキッカケに、
立花萬平と出会います。

 

立花萬平は、
25歳で起業した青年実業家で、
発明家でした。

 

「人の役に立つものを」という思いで、
色々なものを開発する青年でした。

 

福子は、
萬平のまっすぐなところに惹かれたのか
結婚をします。

 

しかし、
2人の生活は楽なものではありませんでした。

 

社長といっても、
萬平の事業は成功するときもあれば
失敗する時もあり、
生活に余裕はありませんでした。

 

そんな2人に人生のピンチが訪れます。

 

それは進駐軍による逮捕です。

 

萬平は発明家で、
開発することにかけての才能がありました。

 

そこで、
製塩や栄養食品の開発を手がけました。

 

そんな萬平の発明が、
進駐軍に情報として入ったのか、
反乱の容疑をかけられて、
萬平が逮捕されてしまいます。

 

その時の兵士の1人がジョナサン・メイです。

 

このジョナサン・メイ役を演じているのは、
MONKEY MAJIKのブレイズ・プラントです。

 

ブレイズプラント画像
 

ジョナサンは、
萬平が進駐軍に攻撃するための
武器を製造していると考え、
問い詰めるのではないでしょうか。

 

嫌疑は社長の萬平だけでなく、
従業員や福子にも及びそうになります。

 

はじめから萬平を反乱者と
決めつけるジョナサンに容赦はなく、
なかなか萬平は解放されません。

 

そのため、
弁護士を頼み、
ようやく萬平の容疑は晴れて、
解放されます。

 

萬平が解放されるその時に、
ジョナサンがどのような顔で
萬平を見送るのかに注目しています。

 

スポンサーリンク


ジョナサンメイ役のブレイズプラントとは

 

ジョナサンメイ役のブレイズ・プラントは、
人気ロックバンド「MONKEY MAJIK」のメンバーです。

兄メイナードと共に、
バンドのツインボーカルをしています。

 


 

ブレイズ・プラントは、
カナダ人ですが、
日本で、
兄と共にロックバンド「MONKEY MAJIK」を結成し、
ギターボーカルとして活躍しています。

 

バンドを結成した当初は日本語が話せず、
兄を通訳としていたようですが、
今では日本語が話せます。

 

子供の頃から作曲に関心があり、
音楽に携わり、
高校時代には
シンガーソングライターとして
クラブで演奏していました。

 


ブレイズ・プラント プロフィール

フルネーム:Blaise Joseph Anthony Plant

生年月日:1980年3月18日

出身地:カナダ・オンタリオ州オタワ出身

 

実は、
ブレイズさんの興味は音楽だけに止まらず、
役者を目指していたこともあったようです。

 

そんな彼の満を持して
俳優として
2018年秋スタートのNHK連続テレビ小説に出演します。

 

ドラマ内では、
主人公夫婦を逮捕する
進駐軍の兵士役を演じます。

 

逮捕は不当逮捕で冤罪なのですが、
すぐには解放されず
弁護士まで通す事態になります。

 

そして収容中、
逮捕されたヒロインの夫は、
ブレイズ・プラントさんが演じる兵士から
執拗な問い詰めを受けることになるようなのです。

 

いつもは穏やかな表情で歌っている
ブレイズさんですが、
ドラマでは恐ろしい表情で、
迫力があるのではないでしょうか。

 


 

進駐軍なので、
英語はあまり上手ではないはずですが、
ブレイズさんは日本語が堪能なので、
わざと片言で話したりするのでしょうか。

 

ちょっと歌ったりもするのでしょうか。

 

少し期待しています。

関連記事: まんぷく(朝ドラ)キャスト・登場人物一覧!相関図も!

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!