まんぷくイメージ画像

まんぷく第4話ネタバレあらすじ:福子が萬平の幻灯機ですることは何?


朝ドラ『まんぷく』ー第1週「結婚はまだまだ先」
第4話は
福子が萬平の開発している
幻灯機を見に行きます。

それは、
姉の咲の結婚式の出し物のアイデアを相談するためでした。

福子は幻灯機で何を披露するのでしょうか?

スポンサーリンク




まんぷく第1週4話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『まんぷく』第1週第4話の
公式なあらすじをまずご紹介します。

 

まんぷくイメージ画像
 

ついに鈴さんが
咲姉ちゃんの結婚を認めてくれて、
嬉しくてたまらない福ちゃん。

結婚式の時に
何か特別な出し物をしたいと思い、
親友の敏ちゃんから聞いた場所を訪ねると…
出会ったのは幻灯機(映写機)を
開発する萬平さんでした。

萬平さんの協力を得て、
福ちゃんが披露したのは…

 

視聴したあらすじは、
視聴後に追加いたします。

視聴後の感想とあらすじ

 

福子は姉の咲の結婚が決まり、
ホテルのフロントでの仕事にも
やりがいを感じ、
幸せいっぱいで思わず
満面の笑みがこぼれてしまいます

家で夕食の支度を、
母の鈴と咲と福子でしていると、
咲が勤めているお店に
真一が来たことを報告しました。

真一は結婚指輪を買いに来ました。

また克子の夫の忠彦は、
結婚のお祝いに絵を描いて
くれているので、
それもうれしいと、
咲は幸せいっぱいです。

周りのみんなが咲に
心のこもったお祝いしているので、
福子も何かできないか考え、
敏子とハナに
ラーメンを食べながら相談しました。

すると、
敏子の叔父が見たというものを
紹介されました。

そして、
幻灯機を扱っている
立花萬平の店に行き、
萬平から幻灯機の説明を
受けました。

福子は、
幻灯機を結婚式に貸して欲しいと
萬平に頼みます。

萬平が共同経営者の加地谷に
報告すると、
加地谷は反対しました。

ある日、
福子たち姉妹3人で、
咲がとてもモテたことを
話していました。

昔馬に乗って咲を口説きにきた
歯医者さんがいて、
鈴が背が低いと言って
交際を断ったと笑いあいました。


結婚式の前日、
咲は寝ていましたが、
急に起き出し、
鈴のところへ行き、
今までありがとうございましたと
あいさつしました。

鈴は幸せになるんよと
咲の結婚を祝福しました。

福子は布団の中で、
その会話をしみじみと聞いていました。

結婚式の当日、
咲はとても美しい花嫁でした。

忠彦の絵も完成していました。

克子が手がモデルの手と
鳥が書かれた
繊細な絵でした。

福子が自分の出し物があると
話し始めました。

ですが、幻灯機の調子が悪かったため、
福子は時間つなぎのため、
あいさつを始めました。

咲はとてもモテたので、
デートに行く時には、
子供の福子がいつもついていった。

咲と真一とのデートの時には、
すでに福子も大きくなっていたのに、
それでもついていった。

福子はデートについて行ったので、
咲のお相手を何人も見てきたが、
真一は今までの人と違い、
咲を幸せにしてくれる人だと思った。

真一と咲が結婚することになって
本当に嬉しい。

・・・というすばらしいスピーチでした。

克子の夫の忠彦も、
素晴らしいスピーチだとつぶやきまいsた。

そして、幻灯機が写真を
映写し始めました。

その写真は咲と真一の子供の頃の
写真から始まり、
咲と真一が一緒に写真に収まるまでが
順に映し出されました。

咲も真一も参列者みんなが
その写真を見て感動しました。

福子のスピーチをする様子を見て、
そして参列者が感動するのも見て、
幻灯機を持ってきた萬平も
嬉しさでいっぱいになりました。

結婚式が終わり、
萬平が帰ろうとすると
福子が慌てて走ってきて、
今日のお礼を渡そうとします。

萬平はそれを固辞しました。

自分こそ嬉しい気分になれたから
と萬平は言いました。


萬平も福子も、
ほんわりとお互いに好意を寄せました。

感想

 

今日は結婚式のシーンが
とても素敵でした。

真一と咲が考えていた通りの
質素ですが温かみのある
結婚式になったと思います。

その幸せの中で、
萬平が福子に好意を抱く瞬間も
さりげなくわかりました。


静かで暖かい回でした。

馬のシーンは、
これから生きてくるのでしょうね。

 

スポンサーリンク


福子が萬平の幻灯機ですることは何?

 

電話を通してすでに会話をしていた
福子と萬平ですが、
お互い顔を合わせたのは、
初めてのことです。

この時、
2人は電話で話した相手だとは
気づいていません。

なので、
運命的な出会いですね。

さて、
福子が姉の咲の結婚式で
幻灯機を使おうと思ったのは、
咲への感謝を表すためだったと思います。

咲は経済的に、
福子や家族の生活を支え、
福子は女学校を出ることもできました。

今の職場の一流ホテルも、
咲の支えがなければ、
就職することはできなかったでしょう。

咲は、
自分の結婚を二の次にして、
福子や母を支えてくれました。

福子は咲の結婚を誰よりも喜び、
咲に誰よりも喜んで欲しいと
考えたのでしょう。

そこで、
福子は思い出の写真を
結婚式で幻灯機で
大写しにしようと考えたのではないでしょうか。

今で言うところの
スライド上映です。

今でも結婚式で、
子供の頃から大人になるまでとか、
新郎新婦が出会ってから
結婚に至るまでの道のりとか、
スライドや動画を作って披露しますよね。

福子はそれをやりたかったのだと思います。

感動間違いなしですよね。

福子の時代であれば、
かなり斬新なアイデアだったのではないかと
思います。

なかなか先進的ですね。

福子の新しいものに対する嗅覚は、
いずれ萬平の事業にもいきてくるのかもしれません。

前回のあらすじはこちらです。

関連記事: まんぷく第3話ネタバレあらすじ:萬平の元に来た加地谷とは

次回のあらすじはこちらです。

関連記事: まんぷく第5話ネタバレあらすじ:福子と萬平の再会はいつ?どこで?

スポンサーリンク

まんぷくイメージ画像
最新情報をチェックしよう!