ルパン三世のマモーの正体や最期は?カットされた場面は?脳?


「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」に出てくる悪役は、マモー!不気味な外見のマモーの正体や映画の最後に出てくる脳とは??

実はルパン三世の映画の中で一番好きな作品です!

「カリオストロの城」は、お子様でも安心してみることができる映画。

一方「vsクローン」は、大人向け映画だと勝手に思っています。

スポンサーリンク

マモーの正体

 

「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」は、1978年の公開作品です。

ですので、マモーの正体や最期についてご存知の方が多いと思います。

その方達は大丈夫ですが、まだ見たことが無くて、マモーの正体を知りたくない方は、これ以降は見てはいけません。

勝手に見て苦情はうけつけませんよ〜。

 

マモー画像

 

さて、マモーとして、ルパンの前に現れる人物は、表向きは「ハワード・ロックウッド」という大富豪です。

多国籍企業経営者で、世界の富の3分の1を牛耳っているという設定です。

 

しかし、本当は映画のタイトルになっている複製人間、いわゆるクローンです。

 

ですから、クローンの大元がいるはずです・・

 

つまり、本当のマモーです。

 

本当のマモーは、マモーは、1万年以上生きていて、『神』となろうとしています。
そして、既に『脳』だけになっています。

 

本当のマモーを見た衝撃は、今でも忘れられません!

 

たぶん、ルパンや次元と同じくらい驚きました!
全く事前情報無しに見たものですから・・

 

おどろおどろしいです!!

 

スポンサーリンク

マモーの最期

 

マモーの島に乗り込んでいったルパンが見たのは、大勢のマモー!
もちろんクローンです!

 

マモーがうじゃうじゃ出てくるシーンが、すごい大好きなんです!

 

ちょっと脱線しますけど、「うる星やつら」のテレビアニメで、諸星あたるが大勢になってしまって、画面いっぱいに諸星あたる達がいる場面がすごい好きで、また見たいと思ってます!

 

アニメならではですよね・・

 

あ、でもマトリックスのスミスもいっぱい出てきたか。
スミスいっぱいのシーンも好きです。

 

で、、

 

マモーは、最期に死んでしまいます。

 

どうやって死ぬかというと、巨大な脳であるマモーが宇宙空間で地球を支配しようとロケットで飛び立つのですが、ルパンが仕掛けた爆弾でドカーーンとなってしまうのです。

 

そこで、ルパンが「マモー、感謝しな。やっと死ねたんだ」と名台詞をつぶやきます。

 

1万年生きてて、完全になれず、不完全なまま劣化していたのですから、実はマモーとしても本望だったのかもしれないですね。

 

カットされた場面とは

 

これも有名なんですけど、

ルパンの頭の中のイメージ画像がカットされているんです。

 

それは、ルパンが、マモーに頭の中のイメージを映像化する装置を装着されたシーンの一部です。

ルパンの頭の中のイメージは、大勢の女性のバストのコラージュや不二子のヌードなど。

またルパンが、パチパチするお菓子『テレパッチ』を食べて、パチパチを楽しんでいる様子などでした。

 

さすがに、刺激が強すぎるという判断だったのでしょう。

 

このカットされたシーンは、テレビで放送されることは無いでしょうねえ。

 

ですが、DVDやブルーレイではノーカットで収録されています。

 

楽天市場で購入できます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルパン三世 ルパンVS複製人間【Blu-ray】 [ 山田康雄 ]
価格:5106円(税込、送料無料) (2020/4/19時点)

楽天で購入

 

 

 

あるいは、初回30日間無料の「TSUTAYA DISCAS」で借りることもできます。

 

初回30日間無料のTSUTAYA DISCASでルパン三世を借りる

 

 

DVDやブルーレイで見る時には、大人だけで見た方が良いかもしれないですね。

子どもに見られないようにこっそり見ましょうか。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!