ドロ刑(ドラマ)元音楽隊の小平美希役の女優は誰?石橋杏奈とは

ドロ刑(ドラマ)元音楽隊の小平美希役の女優は誰?石橋杏奈とは


ドラマ『ドロ刑 警視庁捜査三課』は、
2018年10月からスタートする
日本テレビ系列の
土曜夜10時からの連続ドラマです。

主演はSEXY ZONEのは中島健人さんで、
主人公の刑事は大泥棒と協力して
犯人を追い詰めるという異色の刑事ドラマです。

主人公の所属する警視庁捜査第三課13係の
個性的な刑事のその1人が、
元音楽隊の小平美希です。

小平美希役の女優は誰なのでしょうか。

スポンサーリンク




ドロ刑の元音楽隊の小平美希役の女優は誰

 

ドラマ『ドロ刑 警視庁捜査三課』の
主人公の斑目勉は、
正義感の強い新米刑事でした。

しかし、
いざ警察内部に入ってみると、
警察理論にがんじがらめになり、
刑事としてのやる気を失いかけていました。

そんな斑目がたまたま出会ったのが、
大泥棒の煙鴉でした。

煙鴉は誰も見たことがなく、
証拠も残さないという泥棒で、
特徴は残香だけでした。

斑目は偶然バーで出会った
煙鴉の香りが気になり、
追いかけます。

そんな斑目に興味を持ったのか、
煙鴉は斑目が犯人を突き止めるのを
サポートするようになります。

こうやって斑目は
刑事として成長していくようです。

そんな斑目が所属する
警視庁捜査第三課13係には
個性的なメンバーが揃っていました。

その中でもやたらと明るいのが小平美希でした。

小平美希は元音楽隊で、
刑事としてはど素人のようです。

この小平美希役を演じるのが、
石橋杏奈さんです。

 

石橋杏奈画像
 

警察官でありながら、
そもそも捜査をしたことがない
小平美希は、
犯人捜査については
全く役に立ちそうもありmせん。

ですが、
ポジティブ思考なので、
落ち込むこともなさそうです。

小平美希は音楽隊だったので、
音に関してはかなり敏感です。

もしかしたら、
それが捜査の役立つかもしれません。

さらに13係の中では、
斑目と小平は一番年齢が近いため、
何かと仕事についての
相談をしようとするのではないでしょうか。

もしかしたら斑目は、
天然で明るい小平に惹かれるかもしれません。

スポンサーリンク


小平美希役の石橋杏奈とは

 

小平美希役の石橋杏奈さんは、
2006年のホリプロスカウトキャラバンで
グランプリを受賞し、
2007年に女優デビューしました。

2008年からは、
雑誌「セブンティーン」の専属モデルとなり、
4年間続けました。

 

石橋杏奈プロフィール

生年月日:1992年7月12日

出生地:福岡県遠賀郡岡垣町

身長:162 cm

血液型:A型

配偶者:松井裕樹(東北楽天ゴールデンイーグルス・投手:2018年8月6日結婚)

 

 

石橋杏奈さんの出演作は次の通りです。

 

ドラマ:

「受験の神さま」

「斎藤さん」

「赤い糸」

「妖怪人間ベム」

「学校のカイダン」

「天皇の料理番」

「きみが心に棲みついた」

映画:

「婚前特急」

「陽だまりの彼女」

「LDK」

「22年目の告白」

など。

 

『妖怪人間ベム』では、
ベム達に協力する人間の
緒方小春を演じていました。

小春は人間関係に悩んでいましたが、
杏さんが演じるベラの良き友人となっていました。

 


 

映画『22年目の告白』では、
伊藤英明さんが演じる刑事の妹役で、
物語の中心となる22年前の事件の
最後の被害者役でした。

登場シーンでは、
兄に嬉しそうに結婚を語るシーンや、
震災で亡くなった人達の看病をしていて、
精神が不安定になるシーン、
そして犯人に殺されるシーンなど、
色々な場面がありましたがそれらを熱演していました。

 


 

そしてドラマ『きみが心に棲みついた』では、
ヒロインの同僚である
飯田彩香を演じていました。

ヒロインの元彼である星名に好意を寄せ、
彼に気に入られるために
ヒロインの仕事を横取りするような
嫌な女の役でした。

 


 

さらに、
NHKの内村光良さんのコント番組
『LIFE』では、
いろいろなキャラクターに扮し、
コントに出演していました。

 


 

『ドロ刑』で石橋杏奈さんが演じる
小平美希は天然キャラなので、
『LIFE』で培ったコメディエンヌの才能が
役にたつかもしれませんね。

ドラマ「ドロ刑」は、
刑事と泥棒が手を組むという異色のドラマです。

石橋杏奈さんが演じる天然キャラの
女性刑事・小平美希の天然ぶりが
楽しみです。

関連記事: ドロ刑 ドラマキャストや登場人物一覧!あらすじもチェック

スポンサーリンク

ドロ刑カテゴリの最新記事