まんぷくー真田山病院画像

まんぷくで咲が入院した真田山病院はどこ?ロケ地は?


朝ドラ『まんぷく』第8話で、
福子の姉の咲が吐血し、
救急車で病院へ搬送されました。

その病院の名前は「真田山病院」。

真田丸のあったところでしょうか。

気になり調べてみました。

スポンサーリンク




まんぷくで咲が入院した真田山病院はどこ

 

福子の姉の咲に想いを寄せていた
牧善之介が福子に教えてくれた
上本町の真田山病院。

福子は慌てて、
緊急搬送されたという
咲の元にかけつけました。

 

まんぷくー真田山病院画像
 

牧善之介が言っていた
大阪の上本町は、
真田信繁(幸村)が築いた
真田丸の跡地の真田山の
最寄駅のひとつです。

 



 

ドラマの中では、
「上本町の真田山病院」と言っていますが、
現在の真田山公園の住所は、
「大阪市天王寺区真田山町」となっています。

牧善之介がわざわざ「上本町の」と
言ったのは、
真田山町にも病院があったから
なのでしょうか。

 


 

牧善之介は、
福子が咲が入院した病院を
間違えないように、
はっきりと説明してあげたのかもしれません。

牧善之介はいい人ですね。

しかも、
好きだった人の情報が、
すぐに自分に伝わるように
手を打っていたような感じもあります。

今ならストーカー??
と言われかねないですが、
咲にはなんに被害もないので、
単に善之介の純愛と
思っている方が平和ですね。

スポンサーリンク


真田山病院のロケ地

 

さて、
真田山公園は、上本町駅から4分ほどの
場所にあるのですが、
真田山病院のロケ地はどこなのでしょうか?

 


 

この真田山病院のロケ地は、
名古屋県犬山市の明治村にある
[名古屋衛戍(えいじゅ)病院]でした。

 



 

明治村といえば、
福子が働いている
大阪東洋ホテルの内部は、
同じく明治村にある
帝国ホテルを使っています。

 



 

ホテルのフロントのシーンは
度々出てきますし、
真田山病院のシーンもあり、
明治村での撮影は、
きっとまとめてされていると思います。

ですので、
福子が恵を見つめていたり、
萬平に告られたり、
病院への階段を登ったりしたは、
同じ時期に撮影されているのかな
と思いました。

ちなみに、
大阪東洋ホテルの外観は、
兵庫県西宮市の
武庫川女子大学甲子園です。

 



 

それにしても、
戦前の趣を残す建物って、
素敵ですね。

こういう場所を知ることができることも、
朝ドラを見る価値があると思いました。

関連記事: まんぷく第8話ネタバレあらすじ:福子と萬平に立ちはだかる壁

関連記事: まんぷくのヒロインの姉の今井咲役の女優は誰?

スポンサーリンク

まんぷくー真田山病院画像
最新情報をチェックしよう!