ドロ刑(ドラマ)武闘系肉体派刑事の勝手田利治役は誰?丸山智己とは

ドロ刑(ドラマ)武闘系肉体派刑事の勝手田利治役は誰?丸山智己とは


ドラマ『ドロ刑 警視庁捜査三課』の
主演は中島健人さんで、
新米の落ちこぼれ刑事を演じます。

そんな主人公が所属する
警視庁捜査第三課13係には
個性的な刑事が集まっていました。

その1人が肉体派の刑事の勝手田利治です。

勝手田利治役を演じるのは誰でしょうか。

スポンサーリンク




ドロ刑(ドラマ)武闘系肉体派刑事の勝手田利治役は誰

 

ドラマ『ドロ刑 警視庁捜査三課』の
主人公の班目勉は警視庁に勤める刑事です。

斑目勉は新米で、m
まだ捜査のいろはもわからない
落ちこぼれ刑事です。

そんな斑目勉が偶然出会ったのが、
伝説の大泥棒・煙鴉でした。

煙鴉は、
今まで誰もその姿を目撃したことがない
という伝説の泥棒です。

そんな煙鴉が、
なぜか班目の捜査を協力する
ようになります。

これにより班目勉は、
刑事として成長することになるのですが、
そんな彼が所属する
警視庁捜査第三課13係には
個性的なメンバーが揃っています。

その1人が勝手田利治です。

勝手田利治役を演じるのは、
丸山智己さんです。

 

丸山智己画像
 

勝手田利治は、
元指名手配犯専門の刑事です。

そんな彼がなぜ13係にいるのかというと、
何かしらトラブルを引き起こしたのでしょう。

13課は、落ちこぼれの刑事の吹き溜まりのような
部署になってしまっているからです。

勝手田利治は肉体派なので、
犯人確保の際に強引すぎたのかもしれません。

元指名手配犯専門ということで、
手配犯の顔や特徴には詳しいのではないでしょうか。

一方、班目勉はひょろりとした刑事なので、
勝手田利治とは正反対のタイプです。

勝手田にもっと体を鍛えるように言われたり、
無理やり道場などに連れていかれたりする
のかもしれせん。

勝手田は、班目勉のことを
最初は見下すかもしれませんね。

しかし班目勉は煙鴉の協力により
次第に刑事らしくなっていきます。

そのため、勝手田利治は、
次第に班目勉のことを認めるようになっていくのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


勝手田利治役の丸山智己とは

 

勝手田利治役の丸山智己さんは、
刑事やアクションドラマによく出演しています。

今回も肉体派の刑事役ですね。

 

丸山智己(まるやま ともみ)さんプロフィール

生年月日:1975年3月27日

出身地:長野県東御市

身長:185 cm

血液型:O型

 

丸山智己さんは、
元雑誌モデルで、
映画『NANA』へ出演したのをキッカケに
様々な作品に出演するようになりました。

丸山智己さんの出演作は次の通りです。

 

ドラマ:

「メイちゃんの執事」

「絶対零度未解決事件特命捜査」

「ハングリー」

「マザーゲーム」

「探偵の探偵」

「コードブルー」

映画:

「NANA」

「るろうに剣心」

など。

 

ドラマ『絶対零度』では、
知能派の刑事・深沢を演じていました。

正義感が強く、
以前自分が解決できなかった事件に
強く執着していました。

しかし、事件解決のためには、
冷静に考えられる優秀な刑事でした。

 


 

そして最近の出演作で
注目を浴びたのが『コードブルー』です。

渓流釣りの最中に事故に遭ってしまい、
神経を損傷した料理人・緒方を
熱演していました。

自分の手が治らないと知っても、
料理人をしていた店をクビになっても
明るく振る舞い、
逆に元気がない緋山先生を
勇気付ける存在でした。

入院中に、
緋山先生が感染症にかかった疑いで
隔離されても、
きっと1人だと心細いだろうと
駆けつけるような優しい男性で、
医療ドラマというシリアスな中で
緋山先生との恋愛はホッと出来ました。

緒方の役で丸山智己さんに
好感を持った方も多かったのではないでしょうか。

 


そんな丸山智己さんが
今回『ドロ刑 警視庁捜査三課』で演じるのは、
またもや刑事です。

『絶対零度』では、
知能派の刑事を演じていましたが、
今回演じるのは肉体派なので、
もしかしたらちょっとおバカな部分が
あるのかもしれません。

丸山智己さんのおバカな感じって、
想像ができません!!

どう演じるのか楽しみです。

関連記事: ドロ刑 ドラマキャストや登場人物一覧!あらすじもチェック

スポンサーリンク

ドロ刑カテゴリの最新記事