まんぷく第25話ネタバレあらすじ:ラーメン屋で気づいたこととは

まんぷく第25話ネタバレあらすじ:ラーメン屋で気づいたこととは


朝ドラ『まんぷく』の第5週
「信じるんです!」第25話は、
福子と萬平と鈴は、
大阪に戻ってきました。

食糧難の中、
開店していたラーメン屋台に
できていた行列を見て、
福子と萬平が気づいたこととは
何なのでしょうか?

スポンサーリンク




まんぷく第5週25話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『まんぷく』第5週第25話の
公式発表されている
あらすじをまずご紹介します。

 

まんぷくイメージ画像
 

長く続いた戦争がようやく終わり、
疎開していた福ちゃん、
萬平さん、鈴さんは
大阪に帰ってきました。

戦後の深刻な食料不足の中で、
闇市で高いお金を払って
食料を買わなければなりません。

福ちゃんたちは、
持っていた着物を売って
お金を作ろうとします。

そんなある日、
福ちゃんと萬平さんは
ラーメンの屋台に
長い行列ができているのを目にし…。

 

視聴したあらすじは、
視聴後に追加いたします。

 

視聴後のあらすじ感想:

 

戦争が終わり、
疎開していた子供達や人々は、
大阪に戻ってきました。

 

ですが、
大阪では大勢の人が焼き出され、
萬平の会社も住んでいた家も、
鈴の家もすべて空襲で
燃えてしまっていました。

 

福子たちは焼け残った克子の家に
居候させてもらっていました。



 

終戦後数ヶ月経ったのに、
忠彦は帰還せず、
消息も不明でした。

 

忠彦だけでなく咲の夫の真一や、
福子の友達の敏子やハナ、
そして牧夫婦の安否も不明でした。

 

生活費を作るため、
克子と鈴は闇市に着物を売りに行きました。

 

福子と萬平も、
上郡で食料を分けてもらいに、
着物や根菜切断機を持って
行きました。

 

みんなが生きるのに必死でした。

 

上郡の帰りに、
福子と萬平はラーメン屋台に
列ができているのを見つけます。

 

そこで2人で1杯のラーメンを
食べることにしました。

 

そのラーメンの美味しいこと!

 

その美味しさに感激していると、
後から座った客が
牧夫妻ということに気づきます。

 

感動の再会でした!


 

感想:

 

戦後の混乱の中、
うまくやる人とやれない人の
格差がついていたことがわかりました。

 

上郡の萬平さんの親戚も、
しっかり物々交換で、
援助してはくれないのですね。

 

まあ、疎開中たくさんお世話になっているから、
しょうがないか。

 

寂しいですね。

 

スポンサーリンク


ラーメン屋で気づいたこととは

 

戦争がようやく終わり、
福子と萬平と鈴は、
大阪の街に戻ってきますが、
食糧難で食べ物を手に入れるのも大変でした。

 

福子は大切な着物を売って
お金を作っていたようですが、
着物もだんだん売れなくなった
という話も聞きました。

 

日常が壊れるって、
怖いことですね。

 

そんな中でも
ラーメンの屋台があったのが、
驚きです。

 

萬平さんと福子が
常々言っているように、
食べることは生きることの基本ですね。

 

福子と萬平さんは、
ラーメンの屋台に並ぶ長い列を見て、
食べることが生きる上で
一番大事だということに
改めて気付かされたのではないでしょうか。

 

インスタントラーメンの開発までは、
まだまだ時間がありますが、
この時の記憶も、
ラーメン開発に向かう
モチベーションになったのではないかと思います。

 

単に好きだという気持ちより、
とても強い気持ちだと思います。

 

そういえば、
「アンパンマン」の作者のやなせたかしさんも、
戦時中に食べられなかったことが
一番辛かったことだとおっしゃっていました。

 

同じ時代を生きた人が
同じように感じているのは、
興味深いと思いました。

 

それだけ大変な時代だったのだと
思いました。

 

まんぷくの見逃し視聴方法

 

『まんぷく』第25話では、
大阪に戻ってきた福子と萬平が、
食糧難に直面します。

見逃した方やもう一度見たい方に
動画配信の視聴方法を
まとめた記事を作りました。

参考にしてください。

⇒ まんぷく動画の見逃し視聴方法いろいろ!Pandoraもチェック

前回のあらすじはこちらです。

関連記事: まんぷく第24話ネタバレあらすじ:萬平が落ち込む理由は?

次回のあらすじはこちらです。

関連記事: まんぷく第26話ネタバレあらすじ:福子が闇市で再会したのは誰?

スポンサーリンク

まんぷくカテゴリの最新記事