プリティが多すぎるのトップモデルのキヨラ役は誰?長井短とは

プリティが多すぎるのトップモデルのキヨラ役は誰?長井短とは


ドラマ『プリティが多すぎる』は、
日本テレビ系列で
10月からスタートした
木曜深夜の連続ドラマです。

主演は千葉雄大さん、
文芸編集部からファッション誌へと
異動になった編集者の葛藤と
成長を描いたドラマです。

ドラマ『プリティが多すぎる』には、
ファッション誌に関わる人物が
たくさん登場します。

その1人がファッション誌「Pipin」の
トップモデル・キヨラです。

キヨラ役を演じるのは誰でしょうか。

スポンサーリンク




プリティが多すぎるのトップモデルのキヨラ役は誰

 

ドラマ『プリティが多すぎる』の
主人公の新見佳孝(通称・南吉)は、
大手出版社千石社の文芸編集部の
エースとして活躍していました。

このまま順調に
仕事が続いていくと思っていた矢先、
編集長から突然、
異動を命じられてしまいます。

その異動先は、
なんと女性ファッション誌「Pipin」でした。

「Pipin」というのは、
千石社の人気原宿系ファッション誌で、
可愛いものが満載の雑誌です。

可愛いものにまったく興味がない
というよりは嫌っている新見にとっては、
まったくやる気が出ない部署でした。

しかし、
そこで働く人たちは、
可愛いものを読者に紹介するために
並々ならぬ熱意を持っていました。

新見はその熱意に次第に触発されていきます。

この雑誌「Pipin」で大人気の
トップモデルが”キヨラ”です。

キヨラ役を演じるのは長井短さんです。

 

長井短画像
 

キヨラは、
原宿系ファッションの先端をいくモデルで
身に付けるものはカラフルで可愛いものばかり。

新見からすると
おそらく何がいいのか
全くわからない存在でしょう。

しかし、編集部に配属されたことで
トップモデルと会う機会も多く、
次第に彼女の努力や熱意を
理解するようになっていく
のではないでしょうか。

スポンサーリンク


キヨラ役の長井短とは

 

キヨラ役の長井短は、
様々なファッション誌で活躍するモデルで、
女優として舞台でも活躍しています。

そんな彼女が今回初めて
連続ドラマに出演することになりました。

役柄は実際と同様のモデル役なのですが、
原宿系ファッションの
人気モデルとして登場します。

長井短さん自身の普段のモデル業では、
シックなファッションを
着こなすことが多いので、
『プリティが多すぎる』では、
どのようなファッションをするのか楽しみです。

 

長井短さんのプロフィール

生年月日:1993年9月27日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:172 cm

 

長井短さんは、
雑誌「紫苑」、「GINZA」、
「Zipper」などで活躍するモデルです。

長井短さんの特徴は個性的な顔です。

メンズモデルの栗原類さんにそっくりで、
性格もネガティブなのだそうで、
通常の女性誌モデルとはちょっと違いますね。

バラエティ番組『アウト×デラックス』に
登場した際は、
「誰かに誘っていただいても
ポーズだけで本当に行ったら
『本当に来た』と思われるので・・・」、

「暗いと思われないように頑張っている」
など個性的な発言をし、
人気が出ています。

そんな長井短さんですが、
実は演劇にも関心があり、
女優としても活躍しています。

そもそも演劇に興味があり
高校卒業後から
小劇団の舞台に立っていました。

しかし、テレビドラマへの出演はほとんどなく、
連続ドラマの出演は
『プリティが多すぎる』が初めてです。

ドラマの中だけでなく、
実際にモデルの長井短さんは、
可愛い系ではなく、
かっこいい系や
シックなファッションで
登場することが多いです。

普段の言動を見ても、
POPなイメージが全くないので、
カラフルメイク・カラフルファッションの
原宿系をどう着こなすのか注目です。

ドラマ『プリティが多すぎる』は、
原宿系ファッション誌を舞台にしたドラマで、
新米編集者の成長を描いています。

そんなドラマには原宿系ファッションをした
登場人物がたくさん出てきます。

その1人がファッション誌の
トップモデル・キヨラです。

演じるのは、
実際にモデルの長井短さんなので、
撮影シーンは、
実際の撮影同様の雰囲気が見られる
かもしれません。

第1話では、
ちょっとエキセントリックな感じだったので、
2話以降に変化があるのか気になります。

関連記事: プリティが多すぎるのキャストや登場人物一覧!あらすじもチェック!

スポンサーリンク


プリティが多すぎるカテゴリの最新記事