プリティが多すぎるの主人公・新見佳孝役は誰?千葉雄大とは?

プリティが多すぎるの主人公・新見佳孝役は誰?千葉雄大とは?


ドラマ『プリティが多すぎる』は、
文芸部エースの編集者が
原宿系ファッション雑誌の編集部に
いきなり異動になり、
今まで全く関心のなかった
可愛いものにハマっていく
というストーリーです。

『プリティが多すぎる』の
主人公・新見佳孝を演じるのは
誰でしょうか。

スポンサーリンク




プリティが多すぎるの主人公・新見佳孝役は誰

 

ドラマ『プリティが多すぎる』の
主人公の新見佳孝は、
千石社という出版社に勤める編集者です。

この新見佳孝役を演じるのは
千葉雄大さんです。

 

千葉雄大画像
 

新見佳孝は、
文芸部のエースとして活躍しており、
そんな自分の仕事に
やりがいを感じていました。

ゆくゆくは編集長になることまで
考えていたのかもしれません。

ですが、
新見佳孝のそんな夢は、
一気に崩れ去ります。

なぜか突然異動の辞令が出て、
女性ファッション誌の編集部に
行くことになったからです。

普通のファッション誌なら、
まだ文芸部に戻るまでの間だと
頑張ろうと思えたかもしれません。

しかし、
新見佳孝の異動先は、
原宿系ファッション誌「ピピン」の
編集部でした。

新見は子供の頃可愛いと同級生かからかわれ、
「かわいい」という言葉が
トラウマのようになっています。

そのため、
「かわいい」ものを毛嫌いしてきました。

その「かわいい」ものを扱う
「Pipin」編集スタッフの
雑誌にかける情熱を見ていくうちに、
新見佳孝の気持ちがかわっていくかもしれません。

 

スポンサーリンク


新見佳孝役の千葉雄大とは

 

新見佳孝役の千葉雄大さんは、
かわいいイメージで注目された俳優です。

最近では、
可愛いイメージから脱却を図っています。

ドラマ『高嶺の花』では、
華道界で成り上がる男を演じました。

最初は本当にゲスな男で、
この役を千葉雄大さんが演じるのか
とびっくりしました。

 
千葉雄大さんのプロフィール:生年月日:1989年3月9日

出生地:宮城県多賀城市

身長:173 cm

血液型:O型

 

千葉雄大さんの出演作は次の通りです。

 

ドラマ;

「天装戦隊ゴセイジャー」

「桜蘭高校ホスト部」

「家売るオンナ」

「兄に愛されすぎて困ってます」

「もみ消して冬」

「高嶺の花」

映画:

「殿、利息でござる」

「帝一の國」

など。

 

『桜蘭高校ホスト部』では、
ホスト部の可愛い系キャラの
ハニー先輩を演じていました。

ハニー先輩は、
見た目は可愛いけど強い空手家
というキャラクターでした。

千葉雄大さんのように
可愛い男子だからこそ
演じられる役だったと思います。

 


 

『兄に愛されすぎて困っています』では、
ヒロインに好意を持たれる
医師の高嶺を演じていました。

高嶺は、最初はヒロインのことを
全く気にしていない
ふりをしていましたが、
本当はヒロインが初恋だった
という青年を好演していました。

ヒロインに好意を寄せる
兄のことまで気にかける
余裕がある大人で、
ストーリーの中で
一番全員の気持ちを把握していました。

 


 

そして『もみ消して冬』では、
訳ありの新米執事を演じていました。

可愛いキャラ全開なのに、
意外と切れ者で、
忠誠心が強い小型犬のようなキャラでした。

 


 

このように作品によって異なるキャラを
演じ分ける千葉雄大さんが、
今回演じるのはエリート編集者です。

可愛い系の顔に関わらず
可愛いものに興味ないという役柄です。

どんなキャラクターになるのでしょう、
気になります。

 


 

ドラマ『プリティが多ずぎる』は、
世界に進出している原宿系可愛いを
舞台にしたドラマです。

可愛い千葉雄大さんの登場が
楽しみです。

関連記事: プリティが多すぎるのキャストや登場人物一覧!あらすじもチェック!

スポンサーリンク

プリティが多すぎるカテゴリの最新記事