トクサツガガガ(ドラマ)で先輩オタクの吉田さん役は誰?倉科カナとは

トクサツガガガ(ドラマ)で先輩オタクの吉田さん役は誰?倉科カナとは


ドラマ10『トクサツガガガ』は、
同名の漫画が原作です。

主演は小芝風花さん。

特撮が大好きでは収まらない
特撮オタクOLを演じます。

主人公の仲村叶は、
ピンチになるたびに脳内に
特撮ヒーローが登場して、
そのピンチを乗り越えていきます。

そんな主人公の先輩オタクで
頼れる存在が吉田さんです。

吉田さん役を演じるのは誰なのでしょうか?

スポンサーリンク




トクサツガガガ(ドラマ)で先輩オタクの吉田さん役は誰

 

NHKドラマ10『トクサツガガガ』の
主人公の仲村叶は、
見た目は平凡なOLですが、
普通の女子とはちょっと違う
一面を持っていました。

それは特撮オタクということです。

しかし、母親は特撮嫌いで、
叶は特撮オタクを封印していました。

ですが、就職して独立し
一人暮らしをするようになったので、
特オタにカムバックしたのでした。

とはいえ、
周りには、特オタであることは、
ひた隠しにしています。

そんな叶がオタク仲間として心を許し、
慕っているのが吉田さんです。

この吉田さん役は倉科カナさんが演じています。

 

倉科カナ画像
 

吉田さんも、
仲村叶と同様に
オトナ女子でありながら、
特撮ヒーローが好きという
特撮オタク、略して[特オタ]です。

吉田さんは、
実年齢やオタク経歴が叶より長く
年季が入っています。

周りに特オタであることを隠している
叶にとっては、
かけがえのないオタク仲間です。

仲村叶と吉田さんが
2人で特オタ話をしている時に、
どんな服装やスタイルなのか
気になります。

突き抜けたオタクの雰囲気なのか、
全然オタク感を出していないのか、
どちらなのでしょう??

スポンサーリンク


吉田さん役の倉科カナとは

 

『トクサツガガガ』の吉田さん役の
倉科カナさんは、
かわいらしい雰囲気と裏腹に、
ボンバーボディーで有名でした。

最近では大人になり、
やせてしまったようで、
洗練された印象になりました。

倉科カナさんは、
高校卒業後にタレント活動を始めました。

当初はグラビア活動をしながら、
NHKの教育番組などに出演していました。

 

倉科カナさんのプロフィール

生年月日:1987年12月23日

出生地:熊本県熊本市南区

身長:158 cm

血液型:O型

 

2009年に、
NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』の
ヒロインに抜擢されました。

 


 

その後もコンスタントに
ドラマや映画に出演しています。

主演の作品も多く、
最近では綺麗な人という印象になりました。

倉科カナさんの出演作は次の通りです。

 


ドラマ:

「名前をなくした女神」

「花のズボラ飯」

「dinner」

「ファーストクラス」

「残念な夫。」

「カインとアベル」

「奪い愛、冬」

「正義のセ」

など。

 

『名前をなくした女神』では、
若くしてママになった
ララママを演じていました。

マンション内は裕福な家庭が多い中で、
自分の家も裕福だと見栄をはるために
色々購入して家計は火の車になっていました。

他のママを妬んだり、
家計を支えるために
キャバクラでアルバイトするようになり、
最終的には育児を放棄していました。

見ていてちょっといたたまれない
気持ちになりました。

 


 

『残念な夫。』では、
産後すぐのママを演じていました。

育児で疲れているのに、
気が利かない夫にイライラする様子は
リアリティーがありました。

育児でボロボロな姿も真実味があり、
こういう時あったな
と思ってしまいました。

 


 

そして『奪い愛、冬』では、
既婚者の元カレと
親密になってしまう
ヒロイン・光を演じていました。

これはドロドロ具合が、
昔の昼ドラのようで
話題になりましたね。

 


 

とにかく倉科カナさんは、
かわいらしい役柄が多いです。

それが、
『トクサツガガガ』では、
「オタク」の役です。

単に「特撮」が大好きで
外見は他の人と変わらないのか、
見るからにオタクとわかる人物なのか、
どちらになるのだろう。

楽しみです。

NHKドラマ10『トクサツガガガ』は、
特撮にハマった女子の
日常と成長を描いたドラマです。

このドラマで、
主人公の良き相談相手となる
先輩オタクが吉田さんです。

主人公の仲村叶と吉田さんの
オタク談義が楽しみです。

スポンサーリンク

トクサツガガガカテゴリの最新記事