獣になれない私たち第6話あらすじ:橘カイジと呉羽は偽装結婚だった?

獣になれない私たち第6話あらすじ:橘カイジと呉羽は偽装結婚だった?


ドラマ『獣になれない私たち』は、
人付き合いを気にするうちに、
自分の本音が言えなくなってしまった
大人の男女のストーリーです。

第6話は、
晶と恒星のキスから、
さまざまな波紋が広がって行きます。

朱里は晶のテリトリーである
クラフトビールの店「5tap」にやってきます。

また呉羽と橘カイジの結婚は偽装という
噂も流れてきて、
カオスな状態になっていきそう・・です。

スポンサーリンク




獣になれない私たち第6話あらすじ

 

ドラマ『獣になれない私たち』第6話の
公式のあらすじを、
紹介いたします。

けもなれイメージ画像
 

晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)の
路上でのキスを目撃した
呉羽(菊地凛子)と三郎(一ノ瀬ワタル)。

そのまま4人で5tapで飲むことに。

呉羽は2人のキスを見ても
全く態度が変わらず上機嫌。

今からみんなで
夫の橘カイジの仕事関係の
パーティーに行こう!と誘うも、
恒星は晶と約束があるからいかないと
冷たく断る。

しかしカイジのことが
気になっている恒星は、
後日パーティーの様子を
三郎から聞き出そうとするも
肝心のことがよくわからない。

そんな中、
恒星は呉羽とカイジの結婚についての
「不穏な噂」を聞いてしまう…

一方、
朱里(黒木華)が居座り続けるマンションから
遂に出てきたことを
晶に告げられないままの京谷(田中圭)。

朱里は部屋に残された
京谷の荷物の中から、
晶からきていた年賀状を見つける。

住所をみた朱里は晶の家に向かうも、
ふらっと5tapに立ち寄る。

そこではちょうど恒星と
タクラマカン斎藤(松尾貴史)が
話し込んでおり、
なぜか朱里も一緒に話の輪に入って飲み始め・・・

 

 

スポンサーリンク


橘カイジと呉羽は偽装結婚だった?

 

ドラマ『獣になれない私たち』第6話では、
晶と恒星の嘘のキスをきっかけに、
晶と京谷の関係、
恒星と呉羽の関係、
京谷と朱里の関係が
変わって行きそうです。

それだけでなく、
恒星と朱里も知り合いになり、
四すくみどころか、
五すくみ状態になりそうです??

そんな中、
呉羽と橘カイジとの関係の真相も、
明らかになりそうです。

呉羽と橘カイジは、
頭の中で鐘が鳴るような
運命の出会いだったと
呉羽が言っていました。

それが、偽装結婚???

ただ橘カイジ自身が存在しない説は、
一応払拭されました。

誰かの別名かもしれませんが、
とりあえずは存在しています。

ただ呉羽との結婚は、
まだ謎です。

でも、呉羽の行動を見ると、
橘カイジを恒星に会わせようとしている
感がありますよね。

そうなると、
やっぱり恒星の兄の陽太??

謎は深まるばかりです。

あ、ここにいました!


関連記事: 安井順平の経歴や出身高校大学は?妻や子供は?画像あり

 

no name
あ~!!

『獣になれない私たち』を見逃してしまった!!

↑こういう方は見逃し配信で動画を見ることができます!

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

⇒ 獣になれない私たち第6話動画配信の無料視聴方法!見逃しもチェック

 

前回のあらすじはこちらです。

関連記事: 獣になれない私たち第6話動画配信の無料視聴方法!見逃しもチェック
キャストについてはこちらでまとめています。

関連記事: 獣になれない私たちドラマキャストと登場人物一覧!監督や脚本家は?

スポンサーリンク

獣になれない私たちカテゴリの最新記事