満腹ー梅林亮太画像

まんぷくの塩軍団の大和田英二役は誰?梅林亮太とは


朝ドラ『まんぷく』は、
2018年10月期のNHK朝の連続テレビ小説です。

主人公の立花福子と萬平は、
泉大津でたちばな塩業という製塩会社を
起業しました。

そこで働く従業員の1人の大和田英二役は誰なのでしょうか。

スポンサーリンク




まんぷくの塩軍団の大和田英二役は誰

 

NHKの朝のテレビ小説『まんぷく』は、
ヒロインを安藤サクラさん、
その夫役を長谷川博己さんが演じています。

 

長谷川博己さん演じる立花萬平は発明家でした。

 

戦後大阪から泉大津に移り住み、
借りた倉庫でたまたま見つけた鉄板を使って
塩を製造しています。

 

塩づくりは重労働なので、
14人の男たちが集められました。

 

その1人が大和田英二です。

 

大和田英二役は梅林亮太さんが演じています。

 

満腹ー梅林亮太画像
 


立花萬平と福子が経営する製塩会社は
「たちばな塩業」という名前です。

 

たちばな塩業で塩づくりを担う従業員は、
通称「塩軍団」と呼ばれています。

 

塩軍団は戦争帰りの人や
田舎から出てきて職を探していた人など、
背景はいろいろです。

 

そんな中大和田英二は、
戦争で妻子をなくしたという過去があります。

 

塩軍団の中では、
あまり感情も表さず静かな印象です。

 

ですが、福子の分娩中は、
萬平や塩軍団のメンバーと一緒に
福子がいきむたびに一緒にいきんでいました。

 

無事出産すると、
塩軍団と萬平と一緒に抱き合って
喜んでいました。

 

優しい人です。

 

その夜の飲み会では、
他のメンバーと距離を置いていましたが、
それは妻子のことを思い出していたのかもしれませんね。

これはツイッターでも話題になりました。

 


 

萬平が新規事業を立ち上げると、
その担当になりました。

 

物静かな男の何か変わって行くのか
興味津々です。

 

スポンサーリンク


大和田英二役の梅林亮太とは

 

大和田英二役の梅林亮太さんは、
NHKの朝ドラの常連の俳優さんです。

 

朝ドラの初登場は、
2008年の『ちりとてちん』の
小草々の弟子役でした。

 

小草々は、
青木崇高さんが演じる徒然亭草々の弟子です。

 

ですから、青木さんの孫弟子ですね。

 

ちなみに、小草々役は木曽山勇助さん。

 


 

その後は2012年の『純と愛』、
2014年『ごちそうさん』、
2017年『わろてんか』に出演しています。

 


 

しかも、木曜時代劇『ちかえもん』にも
出演していました!

 

『ちかえもん』は、
近松門左衛門が主人公の寓話で、
とってもおもしろかったんです!

 

梅林亮太さんとすでに
いくつものドラマでお会いしていたとは、
もっと早く気づくべきでした。

 

梅林亮太画像
 

ここで梅林亮太さんのプロフィールをご紹介します。

 


梅林亮太さんのプロフィール

生年月日:1984年09月18日

出身地:兵庫県

身長:166cm

特技:水泳・ピアノ・バレーボール

 

朝ドラ『まんぷく』の塩軍団では、
実年齢が最年長という梅林さん。

 

今回大和田英二役で注目が集まっているので、
これからもっと色々なドラマで
お会いできるかもしれません。

 

楽しみにしています。

 

『まんぷく』のキャスト一覧はこちらに作っています。

関連記事: まんぷく(朝ドラ)キャスト・登場人物一覧!相関図も!

スポンサーリンク

満腹ー梅林亮太画像
最新情報をチェックしよう!