まんぷくイメージ画像

まんぷく第62話ネタバレあらすじ:ダネイホンの味は何で美味しくする?


朝ドラ『まんぷく』の第11週
「まんぺい印のダネイホン!」第62話は、
たちばな塩業は塩づくりを断念し、
ダネイホン作りに専念することになります。

全国展開するために
味を改良することにしますが、
何をいれるのでしょうか?

スポンサーリンク




まんぷく第11週62話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『まんぷく』第11週第62話の
公式発表されている
あらすじをまずご紹介します。

 

まんぷくイメージ画像
 

ダネイホン作りに専念することにした萬平さん。

同時に販売先の全国展開を狙います。

ただそのためには現状の味では難しく、
もっとおいしくしないと売れません。

早速、ダネイホンの改良を始めますが、
すでにいろんな食材を試していて、
良いアイデアが浮かびません。

東京に支社の設置も計画される中、
煮詰まった萬平さんに対して、福ちゃんが…

 

視聴したあらすじは、視聴後に追加いたします。

 

スポンサーリンク


ダネイホンの味は何で美味しくする?

 

ダネイホン作りを専業にすることを
萬平さんは決意しました。

いままでは関西圏だけの販売でしたが、
16人の社員を養うには、
販路を拡大しないといけません。

そのためには、
もっと美味しくて、
大勢の人が食べやすい製品にする
必要があります。

そこで味の改良に手をつけました。

一体どんな味にすることにしたのでしょうか。

ダネイホンで一番大切なのは、
栄養価が高いことです。

これだけは譲れません。

牛骨エキス、わかめ、菜種油、すもも・・・
これらの材料から摂取できる
栄養素と同等のもので、
安価で手に入りやすいものを
考えないといけないですよね。

ここで気になるのが「わかめ」です。

わかめは泉大津の海で
簡単に手に入る優秀な食材でした。

個人的にも美味しくて大好きですが、
磯臭さが強いですよね。

加工すると、
磯臭さが強くなることもあります。

なので、ワカメに代わるものを
考えるのではないでしょうか。

ワカメに代わるものといえば、
海苔とか昆布でしょうか。

昔は海苔は高級品だったイメージが
あるので、
海苔ではないかな。

となると、昆布!?

昆布は北海道や寒い地域で
採れますが、
今でも富山県や沖縄県の消費が
多いですよね。

ですから、
大阪でも手に入りやすかったのだと思います。

それに、昆布はおだしに使われますから、
旨味も多い。

泉大津の海では採れないので、
多少コストはかかりますが、
いい選択ではないでしょうか。

どうなるだろう?

 

まんぷくの見逃し視聴方法

 

『まんぷく』第62話は、
ダネイホンのの販路を広げるために、
味に改良を加えます。


どんな味になるのでしょうか。


この回を見逃した方やもう一度見たい方に
視聴方法を紹介しています。こちらから↓↓

まんぷく動画の見逃し視聴方法いろいろ!

 

塩軍団も含めたキャスト一覧はこちらです。

まんぷくキャスト・登場人物一覧

 

前回のあらすじの確認はこちらでできます。

関連記事: まんぷく第61話ネタバレあらすじ:塩が取引停止!萬平はどうする?


次回のあらすじはこちらです。


関連記事: まんぷく第63話ネタバレあらすじ:神部とタカの関係はどうなる?

スポンサーリンク

まんぷくイメージ画像
最新情報をチェックしよう!