まんぷくイメージ画像

まんぷく第68話ネタバレあらすじ:萬平は見せしめだった?


朝ドラ『まんぷく』の第12週
「絶対何とかなるから!」第68話は、
萬平の弁護士の東太一先生は
頼りなさそうですが、
萬平の弁護士を積極的に引き受けたいと
言ってくれました。

東先生は萬平が実刑を受けたのは、
世間への見せしめのためだったと考えます。

本当でしょうか?

スポンサーリンク




まんぷく第12週68話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『まんぷく』第12週第68話の
公式発表されている
あらすじをまずご紹介します。

 

まんぷくイメージ画像
 

福ちゃんが
紹介された弁護士の先生を訪ねると、
人見知り気味の東先生に出会います。

東京帝大を首席で卒業した
すごい人と聞いても、
どこか頼りない東先生。

おまけに資産整理はやったことがないと言います。

しかし困惑する福ちゃんを前に、
東先生は担当を直訴。

まずは罰金7万円の支払い方法を考えることに。

東先生は萬平さんの逮捕は
世間への見せしめだと考え…

 

視聴したあらすじは、視聴後に追加いたします。

 

視聴後のあらすじ感想

 

やまね食堂の谷村美代子に紹介してもらった
東太一は東京帝大法科を首席で卒業した
秀才でした。

 

福子と真一が罰金7万円を工面するために
資産整理をお願いしたいと相談しました。

 

東先生は資産整理は初めてということでしたが、
この案件をぜひ引き受けさせて欲しいと言ってくれました。

泉大津では、
ダネイホンの生産を以前と変わらず
続けていました。

 

悲観的な森本が会社が倒産するかもしれないと言うと、
そうなったらダネイホンの製造はどうなるのだ、
大勢の人が困るじゃないかと
他の社員が口々に言いました。

 

森本はそうはいっても、
誰も自分たちを助けてはくれない
と言い返します。

すると、
岡が激怒し森本の胸倉を掴み、
社長は何も悪くないのに収監されているのに、
今卑屈になってどうするんだと怒鳴りました。

 

森本は素直に謝り、
いままで生きてきていいことがなかったから
卑屈になるのは自分の悪い癖だと言います。




 

その他の社員は、
ここにきていいことしかないと言い、
みんなで笑い合います。









 

克子の家では、
鈴が「道頓堀の母」という
占い師のところに行くといい、
克子、忠彦、タカともめていました。


 

その頃東先生は福子と一緒に
萬平に面接に行きました。

 

東先生は英文の萬平の判決文を
読んだと福子に言いました。

 

福子は東先生の優秀さに驚き、
「東太一」という名前が、
「東大一」に点がついただけだと言います。



 

萬平がやってきて、
東先生の若さに驚きますが、
自分の判決文を読んだと聞き、
なぜ自分が収監されたのかと
説明を求めます。

 

すると、東先生は、
社員の夜学のためのお金が
国税犯則取締法に引っかかったのだと説明します。

 

萬平も福子も罰が厳しすぎると言います。

 

東先生は萬平が有名なので、
厳罰を処することで
脱税が悪いことだと知らしめる
「見せしめ」にされたのではないかと
推察していました。

 

軍法会議の決定事項に
不服申し立てはできませんが、
諦めないで欲しいと
東先生は萬平を励まします。

 

4年も収監されないといけないのかと
取り乱した萬平も、
その言葉に落ち着きを取り戻します。

 

東先生は7万円を工面するために、
東京の販売会社を販売権とともに
なるべく高く売ることを提案しました。

 

そうすれば、泉大津のたちばな栄養食品は
ダネイホン製造だけをして、
販売を他の会社に任せることで、
ダネイホンを全国に販売することができる
と東先生は考えました。

 

萬平は東先生を信じると言って、
その提案を受け入れます。

 

萬平は福子に
東京の社員を大阪に戻すように指示します。

 

そして、福子の体を気遣います。

 

感想

 

意気揚々と東京進出をしたのも
つかの間でした。

 

厳しい決断を萬平さんは下すことになりました。

 

堺さん達の夜学も中断してしまうのでしょうか。

 

それでもダネイホンを全国に人に届けたい
という萬平の思いは、
社員達にしっかり根付いていることがわかりました。

 

これは苦しい状況の中でも、
希望が見いだせることなのではないでしょうか。

 

いつも卑屈な森本が岡に謝った時には、
こうきたかと思わず微笑まずには入られませんでした。

 

社員達はそれぞれ別の道を歩んだとしても、
しっかりと将来に向かって歩んでいけることでしょう。

 

それは萬平さんの背中を見て、
学んだことですね。

 

やっぱり萬平さんはすごいです。

 

スポンサーリンク


萬平は見せしめだった?

 

頼りになりそうと思っていた
弁護士の東太一でしたが、
福子の感触はいまいちだったようです。

 

人見知りだし、
経験が少ないし。

 

ですが、東太一自身が、
代理人をしたいと言ってきたので、
福子はお願いすることにしました。

 

なかなか進駐軍相手に
戦う人がいないということもあると思いますが、
この人なら大丈夫!という
福子の勘もあったのではないでしょうか。

 

東太一は、萬平が進駐軍に捕まったのは、
見せしめの意味があったと考えました。

 

萬平のモデルになった安藤百福さんも
進駐軍に捕まりましたが、
その頃日本は「反税運動」が
盛り上がっていました。

 

反税運動は税金を収めるのはおかしいと
運動することです。

 

反税運動自体は違法ではありません。

反税行為つまり脱税をすることは、
当然ながら罪に問われます。

 

ちょっと調べて見たのですが、
昭和24年の参議院の国会で、
反税運動の取り締まりについて質問があり、
政府は答弁していました。

 

「税金」に対する意識が今とは
全然違ったということなのでしょうか。

 

全然知らないことだったので、
興味深かったです。

 

もっと詳しくご存知の方がいらしたら、
ご教授ください。

 

関連記事: まんぷく(朝ドラ)弁護士の東太一役の俳優は誰?菅田将暉とは

 

まんぷくの見逃し視聴方法

 

『まんぷく』第68話は、
萬平さんはついに実刑判決を受けてしまいます。

 

萬平さんに限って、
絶対に悪事に手を染めていることはないはず!

 

この回を見逃した方やもう一度見たい方に
視聴方法を紹介しています。こちらから↓↓

まんぷく動画の見逃し視聴方法いろいろ!

 

東太一も含めたキャスト一覧はこちらです。

まんぷくキャスト・登場人物一覧

 

前回のあらすじの確認はこちらでできます。

関連記事: まんぷく第67話ネタバレあらすじ:萬平の弁護士は誰?

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事: まんぷく第69話ネタバレあらすじ:次は財務局からいじめ?

 

スポンサーリンク

まんぷくイメージ画像
最新情報をチェックしよう!