角野卓造画像

メゾンドポリスの所轄の元刑事の迫田保役は誰?角野卓造とは


ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は、
2019年1月からスタートする
TBS系列の連続ドラマです。

主演は高畑充希さんで、
新米刑事の牧野ひよりを演じます。

新米刑事が
退職した元刑事のおじさま達と一緒に
事件を解決していくという
1話完結型の刑事ドラマです。

そんなドラマで、
味のある元刑事の一人が迫田保です。

元所轄で現場主義の迫田保役を
誰が演じるのか注目です。

スポンサーリンク




 

メゾンドポリスの所轄の元刑事の迫田保役は誰

 

『メゾン・ド・ポリス』の主人公の
牧野ひよりは念願の刑事課に所属されて
2年目の新米刑事です。

 

そんな時に彼女の所轄内で、
人が燃える動画をネットに流すという
事件が起きました。

 

この事件は5年前に起きた事件に類似していました。

 

そのことから、
捜査本部は5年前の事件の模倣犯と考えるようです。

 

牧野ひよりは5年前の事件について
当時の担当に聞こうとしますが、
その刑事はすでに退職していました。

 

そのため、
退職した担当刑事の話を聞くために、
メゾンドポリスを訪れます。

 

メゾンドポリスには、
退職警官のおじさんたちが暮らしていました。

 

その中の1人が迫田保です。

 

所轄の熱血刑事だった迫田保役は、
角野卓造さんが演じます。

 

角野卓造画像
 

迫田保は所轄の熱血刑事で、
現場主義者でした。

 

事件が起きるたびに足で捜査し、
多くの犯人を確保してきました。

 

しかし、その一方で、
家庭を省みない性格だったようです。

 

迫田は警察を定年退職すると、
妻に離婚を切り出されました。

 

そのため、行くあてもなく、
メゾンドポリスに暮らすようになった
のではないでしょうか。

 

迫田は仕事も家族もなく、
暇を持て余していて、
いつもジャージ姿で新聞を読んでいました。

 

そんな時に現役の新米刑事のひよりが現れます。

 

迫田保は、
ここぞとばかりに、
現場に足を運んで捜査をし始めようとする
のではないかと心配してしまいます。

 

牧野ひよりは最初はとまどうかもしれませんが、
迫田保から捜査方法を学んでいくはずです。

 

迫田保役の角野卓造とは

 

迫田保役の角野卓造さんは、
1970年に文学座に入り、
1972年に舞台デビューしました。

 

それ以後、第一線で俳優として活動しています。

 
生年月日:1948年8月10日
出生地:東京都
身長:168cm
血液型:O型
出身校:
小学校:大阪市立愛日小学校
中学:千代田区立麹町中学校
高校:学習院高等科
大学:学習院大学経済学部経済学科卒業(1971年)
 

角野卓造さんが演じた役で特に有名なのは、
『渡る世間は鬼ばかり』で演じた小島勇役です。

 

26年間も演じていたため、
角野卓造さんは、
今でもラーメン屋の店主という
イメージがあります。

 


 

出演作はとにかくたくさんあります。

 

「HERO」、
「エンジン」、
「ブラザービート」、
「ラッキーセブン」、
「ダブルフェイス」など
 

特に『HERO』の牛丸役はハマり役でした。

 

木村拓哉さんか演じる
久利生の行動にハラハラさせられながら
冷や汗をかく様子が面白かったです。

 

『HERO』第2シーズンでは、
次席検事に昇格していましたが、
ストレスで胃を痛めていました。

 

食べたいけど
なかなか食べられないという
表情はリアルで、
可哀想なのですが笑ってしまいました。

 


 

『ラッキーセブン』では、
探偵社の総務・経理担当の築紫を演じていました。

 

探偵社の中でもまともなメンバーで、
その分、全員から信頼されていました。

 

この時も元刑事という設定でした。

 


 

そして、
『メゾンドポリス』でも、
角野卓造さんは元刑事を演じます。

 

今回は現場主義の所轄刑事だった
ということなので、
事件が起きるたびに
足を突っ込もうとするような気がします。

 

迫田保の強引さに
牧野ひよりがものすごく困った顔しそうなので、
そのやりとりが楽しみです。

 

スポンサーリンク


角野卓造画像
最新情報をチェックしよう!