小林綾子画像

なつぞら(ドラマ)で山田タミ役は誰?小林綾子とは


ドラマ『なつぞら』は2019年度前期のNHK朝の連続テレビ小説です。

主演は広瀬すずさんで、北海道でたくましく育ち、その後上京してアニメの世界を切り開いていく少女・なつを演じます。

なつは絵を教えてくれる青年・山田天陽という青年と仲良くなります。

そして、彼の母親の山田タミとも仲良くなります。

山田タミ役を演じるのは誰でしょうか。

スポンサーリンク




なつぞら(ドラマ)で山田タミ役は誰

 

朝ドラ『なつぞら』の主人公の奥原なつは、戦後北海道の十勝の酪農家に引き取られた戦争孤児です。

 

兄と妹と一緒に生活していましたが、父親の親友である柴田剛男に引き取られ、柴田家の一員として育てられました。

 

そして成長するにつれ、なつは立派な酪農家の娘となりました。

 

そんななつがある日、1人の青年に出会います。

 

それが山田天陽です。

 

山田天陽は父母とともに東京から十勝に越してきました。

 

山田天陽は、なつに絵の楽しみを教えてくれました。

 

その山田天陽の母のタミは、なつを気に入り、仲良くしていました。

 

その山田タミ役を演じるのは、小林綾子さんです。

 

小林綾子画像
 

山田家は戦争後新天地として北海道に開拓に来た開拓民でした。

 

彼らが引っ越してきた土地は荒地で一から耕す必要があり、農業のイロハを知らなかった山田家は苦労することになりました。

 

生活は貧しく、タミは近くの農家を手伝って、その収入で何とか家計を支えていました。

 

しかし、タミは東京育ちで農業は全くわからず、どちらかというと苦手でした。

 

そのため仕事は彼女にとっては辛く厳しいものだったかもしれません。

 

そんなタミの気を紛らわしてくれたのが、なつでした。

 

なつも幼い頃は東京で育ったので、同郷出身ということでタミにとってはかけがえのない話し相手だったと思います。

 

なつは天陽の家に遊びに行くことも多く、その度にタミと明るくおしゃべりを楽しんでいました。

 

タミにとっても、なつにとっても、日常の辛さを忘れる楽しい時間だったのでしょう。

 

スポンサーリンク



 

山田タミ役の小林綾子とは

 

山田タミ役の小林綾子さんは、NHK朝の連続テレビ小説『おしん』で一躍有名になりました。

 
生年月日:1972年8月11日
出生地:東京都
身長:158cm
血液型:A型
 

『おしん』は、全世界80カ国以上で放送されました。

 

アラブ圏でも、『おしん』は人気で、健気な姿に共感を覚える人が多いようです。

 

小林綾子さんは、この朝ドラ『おしん』の主人公・しんの幼少時代を演じました。

 

その後、ドラマ『忠臣蔵』や『銭形平次』、『大岡越前』、『水戸黄門』などの時代劇や、『火曜サスペンス劇場』『土曜ワイド劇場』など現代劇に出演しています。

 

ですが、『おしん』以後代表作といえる作品はないようですね。

 

それだけ、『おしん』の印象が強烈だったのだと思います。

 

そして今回、小林綾子さんは、NHK連続テレビ小説に久々に出演をすることになりました。

 

『なつぞら』は、小林綾子さんだけでなく、仙道敦子さんも出演します。

 

演技から長く遠ざかっていた方の出演が楽しみです。

 

『なつぞら』の山田タミは、東京育ちの女性なので、最初は十勝の人々との言葉のやりとりになれなかったり、生活に苦しむ姿も描かれるかもしれません。

 

慣れない農作業に明け暮れる様子には、『おしん』と似たような雰囲気を感じる方もいるかもしれません。

 

ですが、山田タミは、おっとりした性格という設定なので、息子にどのように接するのか、ヒロインのなつとどんなことを話すのか気になります。

 

ドラマ『なつぞら』は戦後の北海道と東京を舞台にしたドラマです。

 

ヒロインに将来アニメーターの仕事を夢見るきっかけを与えた青年の母親が、小林綾子さんが演じる山田タミです。

 

なつとタミの会話が、北海道の厳しい生活が描かれる中で、癒しの時間となるのではないかと思っています。

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

スポンサーリンク

小林綾子画像
最新情報をチェックしよう!