イノセンスー草刈正雄画像

なつぞら(朝ドラ)で柴田泰樹役は誰?草刈正雄とは



ドラマ『なつぞら』は、2019年4月からスタートするNHK朝の連続テレビ小説です。

主演は広瀬すずさんです。

戦争で孤児となり、北海道十勝の酪農の家に引き取られるなつを演じます。

そしてなつの新しい家族の大黒柱が頑固な柴田泰樹です。

柴田泰樹役を演じるのは誰でしょうか。

スポンサーリンク




なつぞら(朝ドラ)で柴田泰樹役は誰

 

ドラマ『なつぞら』の主人公の奥原なつは戦争で両親を失いました。

 

孤児になったなつを引き取ってくれたのは柴田剛男でした。

 

剛男はなつのなくなった父親の親友で、もしお互いに何かあったらお互いの家族の面倒をみると約束をしていました。

 

そのため、なつは剛男に引き取られ、彼が婿養子に入った北海道十勝の柴田家で面倒を見てもらうことになりました。

そんな柴田家の大黒柱は柴田泰樹という剛男の義父でした。

 

この柴田泰樹役を演じるのは草刈正雄さんです。

 


 

柴田泰樹は18歳で単身十勝に入植し、一から酪農を始めました。

 

そして、結婚しひとり娘を授かりますが、奥さんがなくなってからは男手一つで娘を育て上げました。

 

そのため人を育てることの苦労は誰よりもわかっていることでしょう。

 

そんな泰樹の元に幼いなつは来ました。

 

不憫だとは思うものの甘やかしてはなつのためにならないと、あえて厳しく接していたようです。

 

その泰樹の愛情は、なつにも伝わります。

 

なつは柴田家の子供たちの中では酪農に一番長けた存在になります。

 

そんななつを見て泰樹は嬉しく思っていることでしょう。

 

しかしなつは自分の夢を持ち始め、上京することになります。

 

もしかしたら柴田家で一番寂しく思うのは泰樹かもしれませんね。

 

スポンサーリンク



 

柴田泰樹役は誰?草刈正雄とは

 

柴田泰樹役の草刈正雄さんは、言わずもがなのベテラン俳優です。

 

とてもチャーミングな性格で、最近の若い人にも大人気です。

 
生年月日:1952年9月5日
出生地:福岡県小倉市(現:北九州市)
身長:185cm
血液型:O型
 

草刈正雄さんは。アメリカ人と日本人の両親を持つハーフで、1970年に芸能界デビューし一躍人気モデルとなりました。

 

1974年に映画デビューし、それ以降様々な作品に出演しています。

草刈正雄画像
 

最近の作品だけでも大河ドラマ『真田丸』、『ドクターX外科医大門未知子』、『イノセンス冤罪弁護士』などがあります。

 

『真田丸』では、堺雅人さん演じる主人公・真田信繁の父・昌幸を好演していました。

戦国の世を知恵で生き抜いた男を演じていました。

とにかくかっこよかったです。

 


そして、2019年1月期放送の『イノセンス冤罪弁護士』では、坂口健太郎さん演じる主人公・黒川拓の父親役を演じています。

 

息子の拓と食事をするシーンでは、息子の弁護士としての動向を逐一チェックしては気に入らないような雰囲気が見て取れました。

 


 

バラエティ番組『イッテQ』では、イモトアヤコさんと絡む時は、仲のいい親子みたいな感じです。

 

草刈正雄さん自身の天然な感じが、とても穏やかで癒されます。

 

そして、とにかくかっこいい!!!

 


ドラマ『なつぞら』は、北海道の十勝を舞台にヒロインが力強く成長し、自分の夢に目覚めていく様子を描いたストーリーです。

 

ストーリーの中で、主人公に生きていく術を教えるのが、柴田泰樹です。

 

素敵な草刈正雄さんが、どんな男を演じるのか楽しみです。

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

スポンサーリンク

イノセンスー草刈正雄画像
最新情報をチェックしよう!