高橋一生画像

東京独身男子(ドラマ)の石橋太郎役は誰?高橋一生とは


ドラマ『東京独身男子』は、2019年4月からスタートするテレビ朝日系列の土曜の連続ドラマです。

現代に増えつつある独身を謳歌するアラフォー男子の恋愛を描いたストーリーです。

中心人物の1人となるのがメガバンク勤務のエリート・石橋太郎です。

そんな石橋太郎役を演じるのは誰でしょうか。

スポンサーリンク





 

東京独身男子(ドラマ)の石橋太郎役は誰

 

 

ドラマ『東京独身男子』の主人公の石橋太郎は、メガバンクに勤務するアラフォー男子です。

 

結婚はしておらず、どちらかというと恋愛下手なキャラです。

 

メガバンクでの仕事に役立つ計算力は、恋愛にとっては変な先読みとなり、結局はうまくいかなくなってしまいます。

 

女子から見ると、見た目も良く、仕事もできるエリートで「優良物件」だというのに、なぜか独身なのです。

 

そんな石橋太郎役を演じるのは、高橋一生さんです。

 


 

恋愛下手な太郎は、普段は同じ独身仲間との夜遊びを楽しんでいました。

 

その仲間というのが審美歯科医の三好礼也と弁護士の岩倉和彦です。

 

三好は離婚して独身時代に戻れた喜びを、岩倉は彼女がいながら仕事も成功した自身の人生を謳歌していました。

自由気ままな太郎でしたが、ふとしたことから元カノと再会します。

 

そして再び彼女のことが気になりだします。

 

ですが、変に計算高いことからうまく恋愛に踏み出せません。

 

うまくいかない恋愛について、独身仲間の三好や岩倉に相談しますが、2人とも「こじらせ」ているため、的確な答えはもらえないようです。

 

そして、3人それぞれ結婚を考えだすタイミングが訪れます。

 

太郎をはじめとした「こじらせ」男たちは、気になる女性と結婚できるのでしょうか?

 

スポンサーリンク



 

東京独身男子(ドラマ)の石橋太郎役は誰

 

石橋太郎役の高橋一生さんは、子役時代から活躍しています。

 

高橋一生画像
 

スタジオジブリの『耳をすませば』で、ヒロインが思いを寄せる同級生・天沢聖司の声優を務めたことは有名です。

 


大人になってからも様々な作品に出演しています。

 

出演作は次の通りです。

ドラマ:
「池袋ウエストゲートパーク」
「医龍」
「名前をなくした女神」
「Woman」
「夜のせんせい」
「グラメ総理の料理番」
「民王」
「カルテット」
「民衆の敵」
「ぼくらは奇跡でできている」など
映画:
「シン・ゴジラ」
「嘘を愛する女」
「空飛ぶタイヤ」など
 

『グ・ラ・メ 総理の料理番』では天才料理人の清沢を演じていました。

 

若くして官邸の料理長となった腕を持ち、突然やってきた料理人である主人公を毛嫌いしていました。

 

彼女の腕は認めており、ピンチの時はサポートをしてくれる頼れる料理長でした。

 

このドラマでは終始笑わないポーカーフェイスの料理人を好演していました。

 


 

『民王』では、総理大臣の秘書官の貝原茂平役でした。

 

このドラマは、総理大臣は、自信がない息子と入れ違ってしまうというどたばた喜劇でした。

 

中身が息子になってしまった総理大臣を、なんとか支えようとする皮肉屋の秘書官で、高橋一生さんの当たり役だと思います。

 

この貝原茂平役でスピンオフドラマも作られたので、その人気度合いがわかると思います。

 


 

『カルテット』では打って変わって、その場しのぎのような軽いチャラ男・家森を演じていました。

 

しかし、実は最愛の息子と一緒に暮らしたいと思いつつもそれができなかったり、満島ひかり演じるすずめに想いを寄せているけど彼女の片思いを見守っていたりと優しい人物でした。

 


 

そして、『僕らはみんな奇跡でできている』では。主演の相川一騎を演じていました。

 

動植物に対して子供のように夢中になる様子は、役というより高橋一生さんが本当に動物が好きなのかなと思わせる感じでした。

 


このように高橋一生さんは、役柄によって全く異なる雰囲気を作り出してくれます。

 

ドラマ『東京独身男子』は、現代に増えつつある、あえて結婚しない男子の恋愛を描いたドラマです。

 

どんなこじらせ男子になるのでしょうか、楽しみです。

 

関連記事:高橋一生の結婚や嫁が気になる!実家はお金持ち?

 

キャスト一覧はこちらです↓↓

東京独身男子(ドラマ)のキャストや登場人物一覧!

スポンサーリンク

高橋一生画像
最新情報をチェックしよう!