なつぞらイメージ画像

なつぞら第1話ネタバレあらすじ:なつよ、ここが十勝だ


朝ドラ『なつぞら』の第1週「なつよ、ここが十勝だ」第1話は、主人公のなつが十勝にやってくるところから始まります。

なつが北海道に来たのは、終戦の翌年のことでした。

スポンサーリンク




なつぞら第1週1話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第1週第1話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

広大な平野と日高山脈。牧場を見下ろす丘の上、キャンパスに向かい北海道・十勝の風景画を描くなつ(広瀬すず)。

なつが十勝にやってきたのは昭和21年、戦争が終わった翌年の初夏、9歳のときだったーー

復員服を着た剛男(藤木直人)に手を引かれ焼け野原の東京から十勝にやってきたなつ(粟野咲莉)。

夫の無事の帰還に喜ぶ富士子(松嶋菜々子)たち柴田家の家族だったが、剛男が連れてきた見知らぬ少女の姿に戸惑いを覚える。

 

スポンサーリンク



 

なつよ、ここが十勝だ

 

主人公のなつは、父の戦友だった柴田剛男とともに、北海道の十勝にやってきました。

 

柴田剛男は、北海道の開拓民の柴田家の婿養子で、出兵していましたが、無事帰還できた人でした。

 

なつの父との約束を果たすため、なつを育てるため、十勝に一緒に連れて帰りました。

 

なつと剛男の家族とは初対面同士で、最初は戸惑うばかりでした。

 

今後なつと柴田家がどのように歩み寄り、家族のような関係になっていくのか楽しみです!!

 


 

十勝の冬は最低気温がマイナス30度を下回ることもある厳しい気候です。

 

その土地で、原野を開拓し生き抜いてきた人たちは、簡単に諦めることのない人たちでしょう。

 

そんな開拓者スピリットを、なつも受け継ぐことになるのでしょうね。

 

頼もしい女性に成長しそうです。

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第2話ネタバレあらすじ:なつが牧場で働き出す

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!