なつぞらイメージ画像

なつぞら第7話ネタバレあらすじ:なつが十勝からいなくなる


朝ドラ『なつぞら』の第2週「なつよ、夢の扉を開け」第7話は、なつが十勝の柴田家からいなくなってしまいます。

なつは兄の咲太郎に会いに行くための資金を集めようと、帯広で靴磨きをはじめました。

スポンサーリンク




なつぞら第2週7話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第2週第7話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

ある日の朝、柴田家からなつ(粟野咲莉)の姿が見えなくなり、富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)は慌てふためく。

その中で泰樹(草刈正雄)だけは、なつが東京を目指して家を出たのだと直感する。

そのころなつは、やっとの思いで帯広の町にたどり着く。

一文無しのなつは靴磨きの店を広げ、兄の咲太郎や妹の千遥といっしょにいた上野で靴磨きをしていたころのことを思い出す

 

スポンサーリンク



 

なつが十勝からいなくなる

 

なつは兄の咲太郎にとても会いたくなり、東京へ戻ろうとします。

 

この頃北海道から東京までの汽車賃はいくらぐらいするのでしょうか。

 

なつは東京の焼け野原で咲太郎と一緒にしていたように、路上で靴磨きを帯広で始めます。

 

その靴磨きで稼いで、東京に行けるのはいったいいつになるのでしょうか?

 

それでもなつは、兄に会いたい一心で、十勝から帯広にやってきました。

 

こどもらしい稚拙な考えですが、それでも行動力があって、たくましいなと思います。

 

でもまだ小学生ですからね、悪い大人もたくさんいるので、もっと大きくなってから兄を探しに行ってもいいのではないかと思いますが、いても立ってもいらないのでしょうね。

 


前回のあらすじはこちらから御覧ください。

関連記事:なつぞら第6話ネタバレあらすじ:なつと夕見子の関係は?

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第8話ネタバレあらすじ:剛男となつの出会った時とは

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!