当ホームページのデザインが崩れている場合は、恐れ入りますが、キャッシュの削除をお願いします。by ざとれん
なつぞらイメージ画像

なつぞら第11話ネタバレあらすじ:なつが漫画映画に感動する[朝ドラ]


朝ドラ『なつぞら』の第2週「なつよ、夢の扉を開け」第11話は、小学校でアニメーション映画が上映されます。

その映画になつはとても感動します。

スポンサーリンク




なつぞら第2週11話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第2週第11話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

なつ(粟野咲莉)が通う小学校で漫画映画の上映が行われることに。

スクリーンに映し出されるアメリカのカラーアニメーション映画にひきこまれ、上映が終わってもなかなか立ち上がれないなつ。

上映後、同級生で絵が上手な天陽(荒井雄斗)に興奮気味に感想を伝えると、家に絵具があるから今度遊びに来ないかと誘われる。

 

スポンサーリンク



 

なつが漫画映画に感動する

 

なつが感動したアメリカのアニメーションは、たぶんディズニー映画だと思います。

 

ディズニー映画は、1937年の『白雪姫』から始まって、1942年までに今でも人気のある5作品が作られています。

 
公開年 作品名
1937 白雪姫
1940 ピノキオ
1940 ファンタジア
1941 ダンボ
1942 バンビ
 

改めて確認してみると、ディズニー映画すごいですね。

 

日本では「ディズニークラシックス」と言われている映画でも、全く色あせていません。

 

なつが観たときは、さらに世の中にアニメーションがほとんどない時代ですよね。

 

今子供がアニメーションを初めて見るときより、なつは衝撃を受けたと思います。

 

この時の感動がなつの人生を決めてしまいます。

 

このアニメーションを観た子供全員がアニメーションを作る道に進むわけではないので、なつの中にあるアンテナに引っかかったのでしょうか。

 

そういえば、なつの兄の咲太郎は、いつも人を楽しませる人でした。

 

それにお父さんが剛男に託した手紙に描かれていた家族の肖像もとても上手でした。

 

なつの家族は、芸術的な才能のある一家だったのですね。

 


 

前回のあらすじはこちらから御覧ください。

関連記事:なつぞら第10話ネタバレあらすじ:泰樹の夢とは[朝ドラ]

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第12話ネタバレあらすじ:泰樹が天陽を助ける[朝ドラ]

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!