なつぞらイメージ画像

なつぞら第21話ネタバレあらすじ:天陽が十勝農業高校へ来る


朝ドラ『なつぞら』の第4週「なつよ、女優になれ」第21話は、十勝農業高校演劇部の芝居の稽古が始まりました。

そんな中、天陽が高校へやってきます。

ついに天陽が学校に来ます!

スポンサーリンク




なつぞら第4週21話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第4週第21話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

十勝農業高校演劇部の芝居の稽古が始まった。

その初日、なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)は、天陽(吉沢亮)を学校に招き、演劇部顧問の倉田先生(柄本佑)に紹介する。

そこで倉田は、天陽にある重要なお願いごとをする。

放課後、倉田が書いたセリフをもとに、自分なりに演じてみるなつ。

そんななつに、倉田は何度もやり直しを求める。

駄目出しが続き、わけが分からなくなったなつは…。

 

スポンサーリンク



 

天陽が十勝農業高校へ来る

 

ついに天陽がなつがいる十勝農業高校にやってきます。

 

きっと演劇部のために絵を描いてくれるのでしょう。

 

絵を真剣に描く姿が美しく、その姿こそが絵画のようです。

 


 

この美しい天陽に、なつの同級生の女子の居村良子が胸キュンしてしまうのではないでしょうか。

 

太田先生役のノブさんに主役を取られていますが、居村良子もいい味出してました。

 


 

なつが上京したあと、居村良子が天陽くんと仲良くなるってことはないのでしょうか?

 

うーん、ないかなあ。

 

きっと居村良子も牧場経営者のお子さんだと思いますから、きっと跡取り娘さんなのではないかと思います。

 

そうなると、自分の家のことが優先されてしまうでしょうね。

 

天陽の家はまだまだ余裕のある暮らしをできている感じではないですしね。

 

それにしても、天陽くんは美しい。

 

泰樹がなつと天陽の仲を心配するのは、もっともですな。

 

前回のあらすじはこちらから御覧ください。

関連記事:なつぞら第20話ネタバレあらすじ:舞台の背景の絵を描くのは誰?

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第22話ネタバレあらすじ:泰樹の農協への対応の余波

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!