なつぞらイメージ画像

なつぞら第32話ネタバレあらすじ:照男が映画のチケットをくれる


朝ドラ『なつぞら』の第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」第32話は、東京から北海道に戻ったなつに、ある日柴田家の兄の照男が映画のチケットをくれます。

そして照男はなぜか天陽と行くように勧めます。

スポンサーリンク




なつぞら第6週32話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第6週第32話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

東京でなつ(広瀬すず)は、兄の咲太郎(岡田将生)と再会を果たす。

しかし、咲太郎は再び行方がわからなくなってしまう。

北海道に戻り、酪農の仕事に精を出すなつ。

そんなある日、なつは照男(清原翔)から呼び出され、帯広で上映するディズニー映画のチケットを2枚渡される。

大喜びするなつに、なぜか天陽(吉沢亮)とふたりで行ってこいと促す照男。

そんなふたりのやり取りを泰樹(草刈正雄)が遠くから見ていた…。

 

スポンサーリンク



 

照男が映画のチケットをくれる

 

東京から帰ってきたなつに、照男がディズニー映画のチケットを2枚くれます。

 

そしてなぜか天陽と行くようにわざわざ言います。

 

この照男の心理は何なのでしょうか?

 

以前照男はなつに牧場に残るのか、出ていくのか考えおけと言っていました。

 

この言葉には密かに自分と一緒になってほしいという気持ちも入っている感じがありますよね。

 


 

となると、天陽と一緒に映画を見に行けと言ったのは、嫉妬の裏返しなのか。

 

照男はなつの兄としての立場と、男としての気持ちの間で悩んでいるのでしょう。

 

信哉が柴田家に来たときにも、なつを連れて行ってしまうのではないかと心配していました。

 

わざわざ牧場まで迎えに行っていたし。

 


 


 

信哉が帰るまで、「どうしてくれよう」という顔をしていたし。

 

父の剛男の表情とはえらい違いでした。

 

照男は難しい立場ですよね。

 

なつは血の繋がりはないので、結婚しようと思えばできるけれど、今まで兄と妹だったわけで、それが簡単に夫婦になるとも思えない。

 

なつは天然で、あんまり色恋を考えていないようですし。

 

照男ぉ、幸せになってくれ。

 

前回のあらすじはこちらから御覧ください。

関連記事:なつぞら第31話ネタバレあらすじ:天陽の兄の陽平と再会する

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第33話ネタバレあらすじ:なつは天陽と映画デートする

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!