なつぞらイメージ画像

なつぞら第37話ネタバレあらすじ:吹雪の中助けてくれたのは誰?


朝ドラ『なつぞら』の第7週「なつよ、今が決断のとき」第37話は、天陽に会いに行ったなつは、吹雪に巻き込まれ倒れてしまいます。

その時なつを助けてくれたのは誰でしょうか?

スポンサーリンク




なつぞら第7週37話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第7週第37話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

天陽(吉沢亮)に会いに行く途中、吹雪で立ち往生し、倒れてしまったなつ(広瀬すず)。

目を覚ましたなつの目に飛び込んできたのは、狩猟生活を思わせる動物の毛皮や猟銃、木彫りの熊や彫刻だった。

人里離れた森の奥で暮らす、阿川弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)親子が、なつを助けていた。

見知らぬ人に助けられたと思ったなつだったが、弥市郎と砂良は、あることでなつと接点を持っていたようで…。

 

スポンサーリンク



 

吹雪の中助けてくれたのは誰?

 

 

泰樹の発言にショックを受けたなつは、天陽の家に向かいます。

 

その途中で吹雪にあい倒れてしまいます。

 

そのなつを救ってくれたのは、阿川弥市郎と砂良親子でした。

 

阿川弥市郎は、娘の砂良と2人で、深い森に住んでいました。

 

そして、「木彫りの熊」のような民芸品を作って生計を立てていました。

 

もともとは東京に住んでいて、移り住んできていました。

 


 


 

こんな親切な人達がいてよかった!

 

この阿川親子は、この一件を通して柴田家とも関わりを持っていきます。

 

なつはいろいろな人を結びつける役割も果たしていますね。

 

前回のあらすじはこちらから御覧ください。

関連記事:なつぞら第36話ネタバレあらすじ:泰樹はなつに誰との結婚を勧めた?

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第38話ネタバレあらすじ:天陽のなつに対する気持ちは?

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!