なつぞらイメージ画像

なつぞら第41話ネタバレあらすじ:とよのアドバイスとは何?


朝ドラ『なつぞら』の第7週「なつよ、今が決断のとき」第41話は、なつは漫画映画を作りたいので東京に行きたいと柴田の家族に伝えることがなかなかできませんでした。

そんな中泰樹がなつの東京行きを後押ししてくれます。

本当の気持を言えないなつに、とよがアドバイスしてくれます。

それは何なのでしょうか?

スポンサーリンク




なつぞら第7週41話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第7週第41話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

東京に行きたい本当の理由を家族に伝えられないまま、泰樹(草刈正雄)から後押しされてしまったなつ(広瀬すず)。

日が変わり、雪月に立ち寄ったなつは、雪之助(安田顕)から、泰樹にお願いされ、東京の川村屋で働けるよう手はずを整えたと聞かされる。

ますます自分のために東京に行くと言えなくなってしまうなつだったが、とよ(高畑淳子)だけは、そんななつの気持ちを察し、なつにアドバイスを送るのだった…。

 

スポンサーリンク



 

とよのアドバイスとは何?

 

柴田家の人たちは、なつが咲太郎のそばにいたいので、東京に行きたいと思っているフシがあります。

 

泰樹は自分が先走ってしまったために、なつが東京に行ってしまうのだと思いこんでいます。

 

本天陽だけが知っていますが、なつが東京に行きたい一番大きな理由は「アニメーターになること」です。

 

それは自分のわがままなのだと思って、なつはみんなに言うことができません。

 

「育ててもらった恩がある」と思っているからでしょう。

 

そんなこと柴田家の人たちは全く思っていないのに、気持ちがずれてます。

 

なつが考えている以上に早く堀が埋められていき、自分の気持ちを自分から伝えるチャンスがなかなか捕まえられません。

 

その様子を泰樹の盟友のとよは気付いていたようです。

 

そしてとよは、なつにアドバイスをします。

 


それはきっと泰樹のことを昔から知っているとよだからいえることなのではないかと思います。

 

とよは、泰樹が北海道に来たときのことを、なつに話してくれたのではないでしょうか。

 

18歳でひとりで北海道にやってきて、苦労して今の牧場を築き上げた泰樹のことです。

 

ひとりで北海道に来た泰樹と、これから国産作品が作られていく漫画映画の正解に飛び込もうとしているなつとは、「開拓者」という共通点があります。

 

なので、なつが正直に自分の気持を話しても、泰樹はなつの気持ちをきっと理解してくれると、とよは言ってくれたのではないでしょうか。

 

なつは、とよの言葉で泰樹に正直に言う勇気がきっともらえたと思います。

 

家族に理解されて、なんのわだかまりもなく東京へいけたらいいですね。

 

前回のあらすじはこちらから御覧ください。

関連記事:なつぞら第40話ネタバレあらすじ:泰樹は反省しとよにお願いする

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第42話ネタバレあらすじ:なつは本当のことをようやく言えた

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!