ちょび髭ー瀧川英次画像

コンフィデンスマンIGのちょび髭役は誰?瀧川英次とは



ドラマ『コンフィデンスIG』は、映画「コンフィデンスマンJP」に先駆けてテレビ放送されることが決まったスピンオフドラマです。

主演は本編では脇役だった五十嵐、そして五十嵐と共にダー子達詐欺師のサポートをする詐欺仲間の活躍を描いたドラマです。

そしてその一人がちょび髭です。

ちょび髭役を演じるのは誰でしょうか。

 

スポンサーリンク




コンフィデンスマンIGのちょび髭役は誰

 

世の中には目の前で起きたことが、正しいと限らない場合があります。

 

その一つが詐欺です。

 

目の前で起きていること、周りの人間、全てが偽装で騙されていることだってあり得るのです。

 

そんな詐欺師として活躍中なのが、ダー子、ボクちゃん、リチャードです。

 

3人は、裏で悪事を働き、不正な利益を上げる大物政治家や実業家達を騙して大金をゲットしていました。

 

しかし、彼らの詐欺はあまりにも大きすぎて、サポートが必要不可欠な仕事ばかりでした。

 

そこで彼らの影のサポートとして動いている一人が、「ちょび髭」です。

 

このちょび髭役を演じているのは、瀧川英次さんです。

 

ちょび髭ー瀧川英次画像
 

ちょび髭は、ある時は空港の税関に扮したりして、ターゲットを騙すために活躍してきました。

 

表に出て活躍することは少ないものの、普段からサポートとして動いていたようです。

 

もしかしたら、ダー子達の下請けとして動いた方が着実に安全に稼げると考え、仲間になっているのかもしれません。

 

そんなちょび髭には一つの趣味がありました。

 

それはスポーツ観戦です。

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の第9話では、応援しているチームを潰したオーナーを恨み、詐欺のターゲットにしたしたこともありました。

 


 

そんなちょび髭は、五十嵐のもとで、ダー子たちの仕事の準備をしています。

 

どんな態度でやっているのか、興味あります!!

 

スポンサーリンク


ちょび髭役の瀧川英次とは

 

ちょび髭役の瀧川英次さんは、俳優兼演出家・コメンテーターとマルチに活躍しています。

 

『コンフィデンスマンJP』では、小物の詐欺師を演じていましたが、今回放送されるスピンオフではメインキャラの一人です。

 
 別名義:赤ペン瀧川
生年月日:1977年12月27日
出生地:神奈川県
身長:168 cm
 

瀧川英次さんの出演作は次のとおりです。

 
ドラマ:
「妖怪人間ベム」
「下町ロケット」
「せいせいするほど愛してる」
「ドクターX外科医大門未知子」
「コンフィデンスマンJP」
「家政婦のミタゾノ」
「遺留捜査」
「トレース科捜研の男」などその他舞台作品多数
 

『せいせいするほど愛している』では、滝沢秀明さんが演じる主人公の海里をあまりよく思っていない会社重役でした。

シリアスな演技で、本当に嫌味な雰囲気でした。

 


また『警視庁捜査資料管理室』 の明石幸男役で、ほぼ一人芝居をしています。

 

捜査が終わった事件の捜査資料をデータ入力する仕事をしているのですが、ミステリー好きで妄想癖があり、つい脱線して事件の真相を探ろうとする痛い男の役です。

 

とにかく毎回面白くて、何回見ても吹き出して笑ってしまいます。

 

悲しいときに見ても笑えるかもしれません。

 


そんな瀧川英次さんは、『コンフィデンスマンJP』のスピンオフドラマ『コンフィデンスマンIG』にメインキャストで出演します。

 

このドラマは、五十嵐が主役で、本編であまり描かれなかった詐欺師達の裏の動きをメインに描きます。

 

ダー子たちの詐欺の成功の影には、準備が忙しく行われていたはずです。

 

その準備を五十嵐やちょび髭をどうやって行くのか楽しみです。

 

関連記事:コンフィデンスマンIGの五十嵐役は誰?小手伸也とは
 

関連記事:コンフィデンスマンIGの五十嵐の舎弟役は誰?小野塚勇人とは

スポンサーリンク

ちょび髭ー瀧川英次画像
最新情報をチェックしよう!