なつぞらイメージ画像

なつぞら第48話ネタバレあらすじ:咲太郎の東京での生い立ちは?


朝ドラ『なつぞら』の第8週「なつよ、東京には気をつけろ」第48話は、信哉となつは、おでん屋「風車」へ行きます。

そこで、咲太郎が東京でどのように生き抜いてきたのかを、亜矢美に知らされます。

どのように生きてきたのでしょうか?

スポンサーリンク




なつぞら第8週48話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第8週第48話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

なつ(広瀬すず)が入社を希望している東洋動画の社長・大杉(角野卓造)と偶然すれ違った咲太郎(岡田将生)。

思わず、なつの漫画映画への熱意を語り、「妹が試験を受けるので採用してほしい」と申し出てしまう。

その頃なつは、久しぶりに再会した信哉(工藤亜須加)と一緒に、再び風車の亜矢美(山口智子)を訪ねていた。

亜矢美から、咲太郎の東京での生い立ちについて聞かされたなつは、知られざる兄の行動に驚きを隠せず…。

 

スポンサーリンク



 

咲太郎の東京での生い立ちは?

 

咲太郎が北海道でのなつの生活を知らずに勘違いしてしまったように、なつも咲太郎の東京での生活は全く知りませんでした。

 

おでん屋「風車」の亜矢美が、なつに咲太郎がどうやって東京で生きてきたのかを教えてくれました。

 


 

なつと別れたあと、結局孤児院を逃げ出して、街で靴磨きをして、北海道へ行く資金を貯めようとしていました。
それを不良に巻き上げられ、呆然としていたところを亜矢美が助けてあげたようです。

 

その後「ムーラン・ルージュ新宿」の亜矢美の講演を見て、そこで生きていくことに決めました。

 

なので、「ムーラン・ルージュ新宿」が潰れたあとは、再建に奔走し騙されてしまったということです。

 


 

なつと一緒にいる頃から、みんなの心を和ますために明るく振る舞ったり、ユーモアを発揮したりしていたので、きっといい人なんだろうなあとおもいます。

 


 

ただすぐに人を信じてしまいがちで、お人好しなんでしょうね。

 

なにかあったら、つい引き受けてしまいがち・・

 

小さなことなら良いですけど、大金を騙し取られたりしてしまったら、お人好しでは済まないですよね。

 

川村屋の光子さんも迷惑を被って、大変でした。

 

でも、光子さんは、咲太郎の本心がわかったら、すっかり許したみたいで、結局周りから可愛がられるキャラクターなんでしょうね。

 

それに今は超イケメンに成長してるし、誰も放っておかないでしょう。

 

前回のあらすじはこちらから御覧ください。

関連記事:なつぞら第47話ネタバレあらすじ:東京へ来た理由を咲太郎に告げる

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第49話ネタバレあらすじ:大杉社長が面談で思い出した事とは?

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!