なつぞらイメージ画像

なつぞら第63話ネタバレあらすじ:なつは妹の千遥を思い出す


朝ドラ『なつぞら』の第11週「なつよ、アニメーターは君だ」第63話は、なつの幼馴染の信哉は、テレビ報道の記者になりました。

彼の取材したニュースを見ていると、なつは千遥を思い出しました。

スポンサーリンク




なつぞら第11週63話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第11週第63話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

なつ(広瀬すず)はアニメーションのトレースという作業に挑戦する。

簡単そうで難しい作業に改めてアニメーションの奥の深さを実感する。

昼休み、なつが桃代(伊原六花)と話していると、アニメーターの下山(川島明)から、ファッションについて指摘される。

驚くなつ。

そしてなつは川村屋を訪れる。

信哉(工藤阿須加)の取材した迷子のニュースを見るとなつは、妹の千遥のことを思い出す。

 

スポンサーリンク



 

なつは妹の千遥を思い出す

 

なつは、アニメーションのトレースの仕事を任されるようになりました。

 

仕上課では、新人はセル画に色を塗る「彩色」の作業を最初に教えてもらいます。

 

ベテランになってくると、セル画の絵の線を書く「トレース」の作業を任されるようになります。

 

それが、なつの今のポジションです。

 

順調に夢に近づいているなつでした。

 


 

そんな中、川村屋に置かれたテレビで、なつは信哉の伝えるニュースを見ます。

 

それを見ていたなつは、妹の千遥のことを思い出します。

 


咲太郎は、「千遥は親戚の家で幸せに暮らしているはずだ」と言っていましたが、実際はどうなのでしょうか。

 

なつと咲太郎は、千遥に再会することはできるのでしょうか?

 

幸せに暮らしていてほしいですね。

 

前回のあらすじはこちらから御覧ください。

関連記事:なつぞら第62話ネタバレあらすじ:劇団・赤い星座の亀山蘭子とは

 

次回のあらすじはこちらです。

関連記事:なつぞら第64話ネタバレあらすじ:仲努がなつにかけた言葉とは

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

関連記事

NHK朝ドラ『なつぞら』は、戦争孤児だった主人公なつが、北海道で新しい家族を見つけ、その愛に包まれて、自分の夢を追うストーリーです。 『なつぞら』を動画配信しているサイトは、U-NEXTが一番おすすめです。 【U-NEXT】でな[…]

なつぞらイメージ画像

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!