深田恭子画像

ルパンの娘(ドラマ)の三雲華役の女優は誰?深田恭子とは

ドラマ『ルパンの娘』は、2019年7月からスタートする木曜10時からの連続ドラマです。

ストーリーは、有名な泥棒一家の娘が刑事と恋に落ちるという現代版ロミオとジュリエットです。

この泥棒一家の娘が三雲華です。

三雲華役を演じる女優は誰でしょうか?

 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも

スポンサーリンク





 

ルパンの娘の三雲華役の女優は誰

 

『ルパンの娘』の主人公の三雲華は図書館司書として普通に働く女性です。

 

真っ当に生きて恋をして結婚をしたいという思いがあったようですが、彼女の周りの環境は普通ではありませんでした。

 

というのも、三雲華は代々大泥棒を家業とする一家の娘だったからです。

 

この悩める三雲華役を演じるのは、深田恭子さんです。

 

深田恭子画像
 

三雲華の家は代々、「Lの一族」と言われる泥棒一家です。

 

一族が狙う標的は悪党のみで、いわゆる「正義の怪盗」でした。

 

一族は泥棒として誇りを持っていたため、華にも泥棒を継ぐように言っていました。

 

ですが、華は普通の生き方をし、普通の女性として生きていこうとしていました。

 

彼女が選んだ仕事は「図書館司書」です。

 

そして、彼女は、桜庭和馬に出会います。

 

ところが、桜庭和馬の職業は、警察官、刑事でした。

 

華は、家業を知られまいとします。

 

ですが、そうも言っていられない事態になります。

 

というのも、悪党が刑事である和馬に危害を及ぼそうとするからです。

 

愛する人を助けるためには普通の女子のままでは救えません。

 

そのため華は嫌々ながら女泥棒となり、悪党の邪魔をします。

 

元々大泥棒の家柄というだけあって華の盗みの腕はかなりのもののようです。

 

さらに、桜庭和馬を助けるため頑張るうちに、泥棒としての俊敏さや軽快さがパワーアップしていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク



 

三雲華役の深田恭子とは

 

 

三雲華役の深田恭子さんは、女性からも人気の高い女優さんです。

 

「深田さんが出演するラブコメはヒットする」と言われるほど人気です。

 
生年月日:1982年11月2日
出身地:東京都北区
身長:163 cm
血液型:O型
 

深田恭子さんは、1996年に「ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し、芸能界に入りました。

 

女優デビュー作は、NHKで放送されたドラマ『海峡』です。

 

1998年には、ドラマ『神さま、もう少しだけ』では、HIVに感染し、病に侵されながらも人気音楽プロデューサーと恋に落ちる女子高生を演じて一躍有名になりました。

 


 


 

多くの作品に出演していますので、一部をご紹介します。

 

ドラマ:
「鬼の棲家」
「フードファイト」
「ファイティングガール」
「南くんの恋人」
「富豪刑事」
「専業主婦探偵私はシャドウ」
「ダメな私に恋してください」
「ハロー張りネズミ」
「隣の家族は青く見える」
「初めて恋をした日に読む話」など
 

『ダメな私に恋してください』では、ディーン・フジオカ演じるカフェのマスター黒沢と恋に落ちるダメダメOLヒロイン・ミチコを演じていました。

 

彼氏に騙されて次々に貢いでしまい、お金が無くなり仕事も無くすといういいところなしのミチコでした。

 

ですが、元上司のマスターに出会い、叱咤激励されたことで恋に仕事に前向きに頑張るようになりました。

 

そんなダメダメだけどどんなに怒られてもめげずに頑張るヒロインだったので、深田恭子さんが演じることで、とてもキュートなヒロインになったと思います。

 


 

『初めて恋をした日に読む話』でも、恋も仕事も、両方うまくいかないヒロイン・順子を演じていました。

 

横浜流星演じる男子高生ユリユリに出会ったことで仕事に目覚め、塾講師としてのやりがいを感じていく可愛い塾講師を演じていました。

 

深キョンは恋愛下手な演技が上手く、従兄弟のマサシや同級生の高校教師・山下とのやり取りもコミカルさのある演技で面白かったです。

 


ドラマ『ルパンの娘』は、女泥棒と男刑事が恋をするという現代版ロミオとジュリエットのようなストーリーです。

 

ヒロインの三雲華を深田恭子さんが演じます。

 

泥棒役なので、アクションシーンもあるのではないか思わいます。

 

可愛い泥棒に期待しています。

 
ルパンの娘の動画を今すぐ見る方法はこちら!
 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも

スポンサーリンク

深田恭子画像
最新情報をチェックしよう!