どんぐり画像

ルパンの娘(ドラマ)の三雲マツ役の女優は誰?どんぐりとは



ドラマ『ルパンの娘』は、2019年7月からスタートするフジテレビの新木曜ドラマです。

主演は深田恭子さんで、泥棒一家に生まれた娘を演じます。

そして、主人公の個性的な家族の一人が、祖母の三雲マツです。

三雲マツ役を演じるのは誰でしょうか。

 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも
 

スポンサーリンク





 

ルパンの娘(ドラマ)の三雲マツ役の女優は誰

 

ドラマ『ルパンの娘』の主人公の三雲華は一見、平凡な女性ですが、実は誰にも言えない秘密がありました。

 

それは、家族が代々続く泥棒一家「Lの一族」であるということです。

 

Lの一族とは、警察の中で有名な泥棒で、捕まえようと探している警察官が大勢いました。

 

そんな一家で育った主人公の三雲華は幼い頃から泥棒になるべく、数々の技を仕込まれました。

 

しかし、華は泥棒になることに反発し、普通の図書館司書として就職しました。

 

そして、普通の勤め人として恋をしました。

 

その運命の相手は、なんと代々警察一家という桜庭和馬でした。

 

華の家族にとっては、宿敵とも言える刑事を好きになってしまったのです。

 

関連記事

ドラマ『ルパンの娘』は、2019年7月からスタートする木曜夜10時の連続ドラマです。 家業が泥棒というヒロインの三雲華が、刑事の桜庭和馬と恋に落ちるという複雑な関係のストーリーです。 このドラマ『ルパンの娘』でヒロインの[…]

瀬戸康史画像

 

和馬は泥棒を捕まえようとしますが、逆に危険な目にあうこともあります。

 

そんな和馬を助けたい一心で、華は泥棒として自分の意に反して活躍することになります。

 

ところで、華の家族は全員がそれぞれの分野で一流の泥棒でした。

 

祖母の三雲マツは、どんなに頑丈な鍵でも魔法のように簡単に開けてしまう腕前の鍵師でした。

 

祖母の三雲マツ役を演じる女優は、どんぐりさんです。

 

どんぐり画像
 

 

恋人の桜庭和馬のために、孫の華が鍵を開ける必要があるなら、きっとマツが助けてくれることでしょう。

 

スポンサーリンク


三雲マツ役のどんぐりとは

 

三雲マツ役のどんぐりさんは、50代になってから芸能界入りしました。

 

どんぐりさんが一躍有名になった作品が、数々の映画賞を受賞した『カメラを止めるな!』です。

 

『カメラを止めるな!』の劇中の映画のプロデューサー役で出演しています。

 

出演シーンは少なかったですが、強烈にインパクトがありました。

 

どんぐりさんのプロフィールは次のとおりです。

 

本名:竹原 芳子
別名義:竹原 芳子、西天満亭 どんぐり、葵樹 泉
生年月日:1960年2月10日
出身地:大阪府
身長:150 cm
血液型:B型
 
短期大学卒業後20歳 証券会社に入社・営業職
1982年21歳 吉本総合芸能学院(NSC)大阪校1期生に応募しようとしたが、周囲に反対され断念
2002年40歳〜 裁判所臨時事務官
2007年 NHK文化センター落語教室受講→アマチュア落語家として高座に上がる
2010年50代 NSC大阪校33期生に入所(コロコロチキンペッパーズ、霜降り明星と同期)

「どんぐり」名でピン芸人として活動

その後桂文華に弟子入り志願するが断られる
55歳 ワークショップに通い始める
2016年 間寛平座長の「劇団間座」に参加(葵樹泉名義)舞台に立つ
2017年 ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾に参加。『カメラを止めるな!』に出演
2018年9月 事務所を移籍。それを機に芸名を「どんぐり」に戻す
2018年12月 ドラマ『リーガルV』『深夜のダメ恋図鑑』
2019年5月 『執事 西園寺の名推理2』
2019年7月〜 『ルパンの娘』
 

 


 


 

ドラマ『ルパンの娘』は、深田恭子さんが『ヤーターマン』のドロンジョ以降の泥棒役を演じる新ドラマです。

 

深田恭子さん演じる主人公の三雲華の家族は、個性派が揃った泥棒一家です。

 

その一人が祖母で、敏腕鍵師の三雲マツです。

 

演じるのは見た目も話し方も特徴的などんぐりさんです。

 

ドラマにレギュラー出演されるのは初めてなので、どんな演技をされるのか楽しみです。

 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも
 

スポンサーリンク

どんぐり画像
最新情報をチェックしよう!