藤岡弘、画像

ルパンの娘(ドラマ)祖父・桜庭和一役の俳優は誰?藤岡弘、とは



ドラマ『ルパンの娘』は、2019年7月からスタートする新木曜ドラマです。

主演は、深田恭子、泥棒一家に生まれた女性・三雲華を演じます。

そして、華の彼氏は警察官で、彼の祖父・桜庭和一も元警察官です。

桜庭和一役を演じるのは誰でしょうか。
 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも
 

スポンサーリンク





 

ルパンの娘(ドラマ)祖父・桜庭和一役の俳優は誰

 

ドラマ『ルパンの娘』の主人公の三雲華の恋人の桜庭和馬は警察一家に生まれました。

 

桜庭一家には結婚相手も警察官を選ぶというルールがありました。

 

しかし、和馬は図書館司書の三雲華に恋をしてしまいます。

 

実は華は泥棒一家出身という秘密がありましたが、和馬との普通の結婚、普通の生活を望んでいました。

 

しかし、桜庭一家は和馬と華の結婚を反対します。

 

それは華が警察官でないからです。

 

そんな桜庭一家で独特の雰囲気をまとっているのが祖父の桜庭和一です。

 

桜庭和一役を演じるのは、藤岡弘、さんです。

 

藤岡弘、画像
 

桜庭和一は、元警視庁捜査三課課長を務めていました。

 

そして、別名「鬼の桜庭」という異名を持つほどの敏腕刑事でした。

 

そのため、人を見る目を持ち合わせているのではないかと思います。

 

普段はおとなしく静かに佇んでいそうですが、もし華や華の家族と顔を合わせたら相手が只者ではないと気づくのではないでしょうか。

 

桜庭一家の悲願は、家族から捜査一課に配属されるものを輩出することでした。

 

和馬の捜査一課異動の可能性にいち早く気づくのも、和一なのかもしれません。

 

桜庭和一は、底知れぬ洞察力がありそうです。

スポンサーリンク



 

祖父・桜庭和一役の藤岡弘、とは

 

桜庭和一役の藤岡弘、さんは、仮面ライダー1号役でデビューしました。

 

元祖仮面ライダー俳優です!

 
本名:藤岡 邦弘(ふじおか くにひろ)
生年月日:1946年2月19日
出生地:愛媛県上浮穴郡久万高原町
身長:180 cm
血液型:O型
 

藤岡弘、さんは、1964年に劇団NLT俳優教室に入所しました。

 

1965年に松竹映画ニューフェイスとして松竹に入社。

 

同年、香山美子さんと都はるみさんの主演映画『アンコ椿は恋の花』でデビューし、『若いしぶき』で初主演しました。

 

下積み時代と言われる時代は、殆どなかったんですね。

 


 

藤岡弘、さんの出演作は次のとおりです。

 

ドラマ:
「仮面ライダー」
「仮面ライダーV3」
「勝海舟」
「草燃える」
「おんな太閤記」
「春日局」
「花の乱」
「真田丸」
「あすか」
「ズッコケ三人組」
「新撰組」
「水戸黄門」など
 

大河ドラマには7作品も出ており、最近では『真田丸』では本多忠勝役で存在感を示していました。

 


 

また、竹内結子さんがヒロインだった朝ドラ『あすか』にも、出演されていました。

 

和菓子職人役でした。

 

その後旅番組で、和菓子を丸める体験を藤岡弘、さんがされていたとき、「とてもお上手」とお店の方に褒められていたのが印象的でした。

 


 

そして、やはり藤岡弘、さんといえば、初代仮面ライダーとして有名です。

 

この当時の俳優さんで、180cmの身長はかなり大柄だったと思います。

 

さらに有名な話ですが、仮面ライダーのアクションシーンは、すべて藤岡さん自身がこなしていました。

 

一時期はトーク番組『徹子の部屋』で「変身ポーズをして」と徹子さんに頼まれても拒否していましたが、いつからかその封印は解いたようですね。

 

平成になってからの仮面ライダー映画にも声のみの出演などをしています。

 


 

藤岡弘、さんの役柄は、仮面ライダーを彷彿とさせるような熱血漢が多くあるので、今回のドラマ『ルパンの娘』でも、そのような役になるかもしれません。

 

とにかく藤岡弘、さんは、存在感が大きくて、藤岡さんが出てくると、どうしても藤岡さんに目がいってしまいます。

 

その上、重厚な元警察官となると、目が釘付けになりそうです。

 

ドラマ『ルパンの娘』は、泥棒の娘と警察の息子が恋に落ちるという今までありそうでなかったドラマです。

 

両者の家族には個性派キャラが揃っています。

 

その中でも主人公の彼氏の祖父で元警察官というのが桜庭和一です。

 

藤岡弘、さんの登場が楽しみです!!
 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも
 

スポンサーリンク

藤岡弘、画像
最新情報をチェックしよう!