なつぞらイメージ画像

なつぞら第106話ネタバレあらすじ:坂場の仲への誤解を解いたものとは


朝ドラ『なつぞら』の第18週「なつよ、どうするプロポーズ」第106話は、坂場のこだわりに、漫画映画の制作が遅々として進みません。

仲はその様子を心配していますが、坂場は仲を信頼しておらず、仲の助けを得ようとしません。

ですが、あるものを見て、坂場の仲への誤解が解けます。

それは何なのでしょうか?

 

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第18週106話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第18週第106話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

坂場(中川大志)の思い描くイメージの要求が高過ぎて、長編映画の制作がなかなか進まない。

締め切りが迫る中、坂場と折り合いが悪くなっていた仲(井浦新)が、なつ(広瀬すず)にキャラクターの入ったカット袋を託す。

なつから、その動画用紙を見せられた坂場は、仲に対して抱いていた思いが誤りだったことに気づき、仲に力を貸して欲しいと頼む。

帰りに風車に寄ったなつと坂場は、二人の関係を亜矢美(山口智子)に気づかれ…

 

スポンサーリンク


坂場の仲への誤解を解いたものとは

 

坂場一久は、自分がテレビ漫画に異動したことを仲が自分が嫌っているせいだと思っていました。

 


 

そして、坂場に漫画映画を制作するチャンスがやってきました。

 

ですが、彼のこだわりのために、制作がなかなか進みません。

 

仲が助け舟を出そうとしますが、坂場は拒絶していました。

 

ですが、ようやく坂場は仲の気持ちを誤解していたことに気づきます。

 

それを気づいたのは、仲がなつを通して坂場に渡したものを見たからでした。

 

それは一体何だったのでしょうか。

 

これ以降はネタバレかも・・

 

 

 

坂場が見たのは、仲の描いたキャラクターの絵でした。

 

坂場が持っていたイメージを、仲はキャラクターに落とし込んでくれたのです。

 

他の誰もわからなかった坂場のイメージを、仲だけが理解してくれていました。

 

これを見て、坂場の仲への誤解が解けました。

 

それにしても、アドバイスをスルーされても、坂場たちを見守ってくれているとは、仲さんはなんて良い人なのでしょうか。

 

いい人過ぎます!

 


 

仲さんが幸せになりますように。

 

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク



 

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!