ルパンの娘イメージ画像

ルパンの娘第3話ネタバレ:和馬の筋肉美とアクション満載!


ドラマ『ルパンの娘』は、2019年7月からスタートしたアクション、ラブストーリーをコミカルに盛り込んでいることで注目のドラマです。

主人公の三雲華は泥棒一家の長女です。

複雑なことに恋人の桜庭和馬は、警察一家の長男でした。

第2話エンディングで、祖母のマツに和馬が刑事であることがバレてしまいました。

続く第3話のストーリーはどうなったのでしょうか。

ルパンの娘動画はこちらをクリック!

スポンサーリンク





 

ルパンの娘第3話ネタバレあらすじ

 

『ルパンの娘』第3話スタートは、おしゃれな広場で、華が和馬に別れを切り出しています。

 

和馬は「え、家のこと?それとも俺?」とパニクっていますが、それに華は答えられずシーンは変わります。

 

そして、第2話のエンディングに戻り、華は祖母のマツが和馬の正体を知ったことにドギマギ。

 

ダミーの家を念入りに掃除するマツに「お父さんには言わないで」とお願いします。

 

ですが、マツは返答せずにそのまま自宅であるマンションに戻ってしまいます。

 

華もマンションに帰ると、両親が不機嫌にムッとしています。

 

そして、父の尊が華に「お前は三雲家を潰す気か?」と問い始めます。

 

華はおばあちゃんがバラしたと思い込みますが、実はそうではありませんでした。

 

両親は和馬がおばあちゃんの手刀で一発KOになったこと「不甲斐ない」「あんな男じゃ婿に取れない」と思っていたのでした。

 

華は半分ホッとしながらも、おばあちゃんがなぜ言わないのか不思議に思います。

 

祖母のマツは、突然「Love is overじゃ」と叫んで部屋から出ていってしまいます。

 

“Love is Over”・・・つまり愛は終わり・・

華はため息を付きます。

 

その後、泥棒一家の三雲家は次の獲物に目を付けます。

 

それはIT社長がSNSにあげた某国の秘宝でした。

 

その頃、桜庭家では和馬が犯人を逮捕したことを父が褒めていました。

 

ですが、その逮捕が、華からの電話で和馬が三雲家に駆けつけたこと、素子た和馬が、犯人を逮捕したことを覚えていないことに母の美佐子が違和感を覚えます。

 

実は美佐子は三雲家を訪れた際に指紋を取ろうとしていたのでした。

 

ですが、指紋が全くなかったため不審に思っていたのです。

 

ちなみに、美佐子は、鑑識の臨時職員で、かなり有能でした。

 

翌日、華の図書館に美佐子が現れて「仕事が終わったらウチにきなさい」と誘います。

 

第2話では、華に和馬と別れるように強く迫っていたのに、華と和馬を別れさせるのを諦めたというのです。

 

そして、華に桜庭家のレシピを教えると言いました。

 

ですが、それは、華の指紋やら血液を採取し、華を調べようとしていたのでした。

 

その頃、捜査三課の和馬は増えつつあるSNS強盗の担当になっていました。

 

さらにIT社長宅に入った泥棒が逃げる途中に転び、たまたま愛犬を連れた和馬の父の典和が通りかかり、犯人が盗んだ秘宝を思わぬ形で手に入れることになります。

 

ただ父はそれを秘宝と思いませんでした。

 

華は桜庭家で夕飯を完成させます。

 

美佐子は、上の階にいるの和馬の祖父を呼んでくるように華に指示します。

 

華が和馬の祖父の和一の部屋に入ると、和一には華の呼びかけが聞こえず、華を泥棒だと思い切りかかってきました。

 

その攻撃を華は華麗にかわし、ついには真剣白刃取りまでしてしまいます。

 

それを見た美佐子は華への不信感がますます募ります。

 


 

一方、帰宅した和馬は、最初は華の手料理を喜びますが、母が回収しようとしていた華の指紋や血液を見つけ怒り、華を連れて家を出ます。

 

ここで、冒頭の噴水シーンに戻ります。

 

華は和馬に別れようと言いますが、和馬は納得できず、華に優しく言い聞かせます。

 

そして、自分がSNS強盗担当になったこと、捜査一課に行くために頑張ると誓い、華を家まで送っていきます。

 

2人がその場を去ると、噴水のある広場にある花屋に、華の幼馴染で世界的な泥棒の円城寺の姿があり、和馬の正体がバレてしまいました。

 

自宅マンションに帰宅した華は、祖父の厳の写真に話しかけはじめます。

 

すると、祖母のマツが「すきなんやろ?結婚してもいいんちゃう」と話しかけてきます。

 

しかし、華は両家の職業から無理だというと「黙ってたっていいんちゃう」とマツは優しく言ってくれます。

 

そして、両親の尊と悦子にはバレないように自分がなんとかすると言います。

 

和馬と結婚するためには、和馬が捜査一課にならなければいけないと華はマツに教えます。

 

すると、マツは楽しそうに「じゃあ泥棒ほいほい作戦やな」と、和馬に手柄を取らせるように動いてくれるようです。

 

次の日、華はおばあちゃんの提案で和馬に旅行券を渡し、家族で楽しんで行ってきてもらうように言います。

 

そして、「和馬は家に残ってほしい」、「その時華が遊びに行く」というと和馬は嬉しげに提案に乗ってくれます。

 

それを離れたところから見ていたマツは、華に合図をします。

 

華はそれで思い出し「家の写真も送って」と和馬に頼みます。

 

その頃、泥棒に入られたIT社長の家で、鑑識が証拠集めをしていました。

 

和馬の母の美佐子は、そこで若い鑑識と一緒に仕事をし、格の違いを見せつけていました。

 

美佐子が帰途につくと、道の途中で華の母の悦子に出会いました。

 

悦子はたいそう着飾って歩いていました。

 

お互い挨拶をし合いますが、美佐子は悦子の派手な服装に、あからさまに嫌味を言います。

 

それに対し、悦子も美佐子の地味な服装に、「葬式帰りだと思った」と嫌味を言います。

 

そして、2人は別れます。

 

悦子はこの時IT社長の家に、某王国のお宝を盗むための下見に行く途中だったのでした。

 

ですが、すでにSNS強盗に盗まれたあとでした。

 

家に戻って悔しがる悦子に、横取りしたのは誰なのか、尊は息子の渉に調べさせます。

 

和馬の家では、和馬が父と母に旅行券を渡していました。

 

そして、和馬は、華に家の写真を送ってきました。

 

すると、マツはささっと加工して、まるで豪邸に住む大富豪のアパ社長のような写真が完成させます。

 

それを、すかさずSNSにアップして、SNS強盗への餌まきが完成させます。

 

何とその写真に、三雲家が狙っていた秘宝を首にかけた愛犬の写真があり、犯人がそれに目を止めます。

 


 

華は和馬の家に「泥棒ホイホイ」を仕掛けるために、兄の渉が作ったてんとう虫ロボを設置していました。

 

すると、そこに美佐子が帰宅してしまい、華はなんとかごまかしてその場を離れます。

 

華が公園を通ると、円城寺が待ち構えており、「華の彼氏が刑事なのか」と歌って聞いてきます。

 

そして、華の態度から「刑事だ」と確信すると、歌っている場合ではないと真面目になります。

 

その頃、某国秘宝をSNS強盗に取られた三雲尊と悦子は、秘宝を横取りした犯人を突き止めます。

 

一方、犯人たちは、値打ちのある秘宝を亡くしたことに気づき、悔しがっていました。

 

ですが、SNSでマツと一緒に映るシェパードのドンが、その秘宝を首から下げているのを見つけます。

 

尊と悦子は、秘宝をゲットするべく、犯人のアジトに行き、犯人とエレベーターに一緒に入り、妊婦と新米パパのふりをして、アジトの鍵をゲットしてます。

 

ですが、アジトで秘宝は見つかりませんでした。

 


 

その頃、桜庭家は旅行に行きます。

 

美佐子は、和馬や悦子の言葉が気になり、少しおしゃれをしようとします。

 

ですが、うまくいかず苛立ちますが、犬のドンのクビから落ちた秘宝をネックレスがわりにすることにします。

 

そして、典和と美佐子、そして和一は旅行に出発します。

 

和馬は華が来る前に、剣道の素振りをし、たくましい体を披露します。

 

そして、きちんとスーツを着て、華を待ちます。

 


 

華が桜庭家を訪れ、2人っきりの居間で妙な緊張感が流れますが、その時、二階から物音がします。

 

それは、「泥棒ホイホイ」の餌につられたSNS強盗たちが侵入した音でした。

 

和馬が見にいきますが、その間、華の前になぜか華の両親が登場します。

 

2人は、犯人と秘宝を追って桜庭家にきてしまったのです。

 

計画が台無しになりそうな華は早く出て行ってと言いますが、その声に和馬が駆けつけてしまいます。

 

うまく身を隠した両親でしたが、華は気が気ではありません。

 

両親が見つからないように気を引こうとすると、和馬はそんな華を可愛く思い、キスをしようとしてきます。

 

両親も微笑ましく見守ろうとしますが、そこになんと美佐子が帰ってきました。

 

自分たちが留守の間に上がり込んだ華を罵倒しますが、その時、尊と悦子は、美佐子が秘宝を首からぶら下げていることに気がつきます。

 

そして居間は突如、停電になります。

 

尊と悦子は、桜庭母に近づきますが、停電が直ってしまい、秘宝を取ることができません。

 

そして、また二階で物音がします。

 

和馬が見にいくと、二階は荒らされ、強盗に遭遇します。

 

その相手が闇格闘技のチャンピオンだと知った華の父の尊は二階に行きます。

 

ですが、和馬がなんとか頑張って戦っている姿をみて「なかなかやるな」と嬉しそうに見ています。

 


 

一階では、美佐子が強盗に遭遇し、秘宝のありかもバレてしまい、強盗が美佐子に襲いかかります。

 

華も一応犯人を殴ってはみるものの全く効果はなく、逆に倒されてしまいます。

 

その時、祖母のマツが華にコスチュームを渡してくれました。

 

着替えた華は即座に美佐子を眠らせ、強盗と戦います。

 

その際秘宝を手に取ったものの、庭に投げつけてしまいます。

 

それを見ていた悦子は「あ、私の秘宝が!」と残念そうに声をあげます。

 

秘宝はもう1人のバイクで待機していた強盗の手に渡り、その男は逃走してしまいます。

 

その頃、二階では和馬に尊が少し手助けしたことで、和馬は泥棒を倒します。

 

そして、和馬は華の元に駆けつけようとしますが、華は今泥棒のコスチュームで格闘中です。

 

その姿が見つからないように、渉がテントウムシが出動させ、和馬がてんとう虫から突き出た針を踏むように仕向けます。

 

和馬は、その針を踏みで動けなくなります。

 

その間に華は強盗を倒します。

 


 

逃げた犯人がアジトのエレベーターに乗り込むと、またまた新米パパに扮した尊が登場し、「赤ちゃんが生まれたんだよ」と嬉しそうに抱きつき、見事秘宝をゲットします。

 

事件がひと段落した桜庭家で目を覚ました美佐子は、犯人に果敢に殴りかかった華を桜庭家の嫁として認めると言います。

 

三雲家でも、頑張って格闘した和馬との結婚を認めると言い出し、何やら2人の交際は順調にいきそうになります。

 

ですが、警視庁で和馬の父の典和が上司に呼ばれ、行ってみると和馬に見合い話を申し込まれます。

 

その頃、和馬は華の職場を訪れ華に「本当のことを言って欲しい」とある似顔絵を見せてきます。

 

それはSNS強盗が「この女にやられた」と書いた似顔絵でした。

 

華はもしやバレた?とソワソワしています。




ここで第3話はエンディングとなりました。

スポンサーリンク



 

ルパンの娘第3話感想

 

『ルパンの娘』第3話は、秘宝の争奪戦でした。

 

最終的に勝ったのは、「Lの一族」でした。

 

全く抜かりがないですね。

 

美佐子と悦子の女の戦いも面白かったです。

 

さらに、和馬役の瀬戸康史さんのたくましい体がさらされたことも、なかなか素敵でした。

 

本当にたくましい!!

 

パーフェクトヒューマンです!

 

それにしても、第3話は、ちょっと目を離すと、ストーリーが追えなくなるほど、目まぐるしかったです。

 

ストーリーがちょっと雑な気がしましたが、それは濃いキャラクターたちの魅力でカバーされていました。

 

次回は、華に恋敵が現れます。

 

なかなかの強敵のようなので、負けないでほしいです!

 

前回第2話はこちら→

次回第4話はこちら→

 

ルパンの娘動画はこちらをクリック!

 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも

スポンサーリンク

ルパンの娘イメージ画像
最新情報をチェックしよう!