なつぞらイメージ画像

なつぞら第111話ネタバレあらすじ:坂場の言葉で菊介が思いを語る


朝ドラ『なつぞら』の第19週「なつよ、開拓者の郷へ」第111話は、十勝の農協では、工場を建設し酪農家を作ろうという案がありました。

賛成派と反対派が激しく対立する中、坂場に酪農の本質をくどくどと言われていた菊介が、立ち上がります。

そして、酪農への思いの丈を語ります。

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

スポンサーリンク




なつぞら第19週111話ネタバレあらすじ

 

朝ドラ『なつぞら』第19週第111話のあらすじをまずご紹介します。

 

なつぞらイメージ画像
 

剛男(藤木直人)や夕見子(福地桃子)が勤める農協では、酪農を守るため、工場を新設し、乳業会社を造ろうという案が出ていた。

しかし、反対派と折り合いがつかず、組合長・田辺(宇梶剛士)をはじめ、泰樹(草刈正雄)や天陽(吉沢亮)ら酪農家が集まり、激しい議論になる。

その時、坂場(中川大志)の言葉を思い出した菊介(音尾琢磨)が、酪農への純粋な思いを語りだし、なつ(広瀬すず)を始め、皆はその話に耳を傾け…。

 

スポンサーリンク


坂場の言葉で菊介が思いを語る

 

なつと坂場が結婚の報告にやってきて、坂場のこだわりを聞かされて辟易としていた菊介。

 

酪農への思いは強いものの、それを表に出さないで日々過ごしてきました。

 

父や泰樹を後を付いていき、自分で何をしたいと考えようとしなかったのでしょう。

 

というか、「考えてもしょうがない」と諦めがあったのかもしれません。

 


 


 

そんな中、坂場がやってきて、仕事や生きることの本質を問い始めます。

 

あえて考えないで生きてきた菊介にとっては、本当に坂場の言葉はうざかったと思います。

 

ですが、酪農仲間たちが分裂してしまったときに、菊介は酪農への気持ちを語りだします。

 

きっと感動的なスピーチになることでしょう。

 

ところで、菊介は、いつも泰樹と父の影にいましたよね。

 

なので、菊介役を演じる音尾琢真さんも、いつも控えめな位置にいました。

 


 

今回は、音尾さんが主役の回になるのではないかと思います。

 

ファンの方たちは必見なのではないでしょうか。

 

声高に語るのか、静かに訴えるのか、楽しみです!

 

 

『なつぞら』の動画や見逃し配信はこちらでご確認ください↓

なつぞらを動画で視聴する方法はこちらをクリック!

 

『なつぞら』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

なつぞら(朝ドラ)キャストや登場人物一覧!ゲストも随時追加

 

スポンサーリンク



 

なつぞらイメージ画像
最新情報をチェックしよう!