ルパンの娘イメージ画像

ルパンの娘第4話ネタバレ:華の嘘と和馬の嘘。

ドラマ『ルパンの娘』は、泥棒一家の長女と警察一家の長男のラブストーリーです。

前回、主人公の三雲華の恋人の桜庭和馬にお見合い話が持ち上がります。

ようやくお互いの両親も結婚に前向きになったというところだったのに、これからどうなってしまうのでしょうか。

気になる第4話のあらすじをまとめました。

ルパンの娘動画はこちらをクリック!

スポンサーリンク





 

ルパンの娘第4話ネタバレ

 

ドラマ『ルパンの娘』第4話は、主人公の三雲華と恋人の桜庭和馬が、公園でピクニックをしているところから始まります。

 

公園で遊ぶ仲よさそうな家族を見て、和馬は、「将来あんな風に家族で過ごしたい」と言います。

 

和馬の母にも、自分の両親にも結婚を許してもらい、「結婚していいかな」と華は自問自答し始めます。

 

そして、話は3話のエンディングに戻ります。

 

和馬は、第3話のSNS強盗の犯人が描いた華が泥棒のコスチュームを着た絵を見せます。

 

華は、ばれた・・と思うのですが、そうではありませんでした。

 

和馬は華に「この女がやったのか」と聞きます。

 

SNS強盗と戦うために、華が気絶させた和馬の母は、気を失いながらも口が悪いおんながいたような気がすると言っていました。

 

その話の流れで、和馬が「Lの一族」を追っていることがわかります。

 

そして、「Lの一族」を逮捕し、捜査一課に行くことで、華と結婚できると言います。

 

「Lの一族」とは、華の家族のことであることを、和馬は当然知りません。

 

「Lの一族」を捕まえることに意欲を見せる和馬を、華は複雑な表情で見ています。

 


 

その後、和馬が帰宅すると、父親の典和が上司の娘との見合いをしろと言ってきました。

 

相手は元警視総監の孫娘で警察一家のご令嬢・橋元エミリでした。

 

和馬は「見合いはしない」と断ろうとします。

 

そして、母の美佐子も、華を気に入っているので、和馬を擁護します。

 

ですが、典和は、「警察組織では、この縁談を断ったら出世はできない」と言われてしまいます。

 

その頃、三雲家ではたこ焼きパーティの真っ最中でした。

 

同じマンションの他の家から、たこ焼き器とたこを盗んできていたのでした。

 

和馬の腕っ節を知り、和馬を気に入った両親は、「結婚はいつでもいい」と言います。

 

華は「Lの一族」を追っている和馬のことを思い、「もう泥棒はしない!」と宣言します。

 


 

一方の桜庭家では、和馬がお見合いについて、どうしたら良いのかと悩んでいました。

 

すると、美佐子が「お見合いして、断られれば良い」という提案をしてきました。

 

というのも、和馬は真面目なだけが取り柄の青年で、面白さがないことから今までことごとく、付き合った女性に振られていたからです。

 

なので、お見合いをしたとしても、お相手のエミリの方から断るだろうと考えたのです。

 

和馬はそのとおりだとその提案にのり、お見合いをすることを決意します。

 

その頃、三雲家では、次の獲物を決めていました。

 

結婚詐欺をしている男が、女性から奪ったお金を金塊に変えていると言う情報をゲットしたのです。

 

和馬のお見合い当日になり、和馬と典和が待っていると、上司と橋元エミリがやってきます。

 

橋元エミリは、眼鏡をかけたおかっぱ頭で昭和レトロなファッションをしていて、大人しそうな人でした。

 

和馬とのお見合いは、エミリが言い出したことで、エミリは警察の社内報で和馬のことを知ったと言うことでした。

 

「ここは若いものに任せて」と親たちは退席します。

 

和馬とエミリの2人きりになりました。

 

とりあえず和馬は当たり障りのないことを、エミリに聞きます。

 

ですが、エミリの返答は素っ気ありません。

 

そして、エミリは、おもむろに自分のスマホで撮った写真を見せ始めます。

 

日本人形、キノコなどが映る中、エミリが俳句を手にしている写真がありました。

 

エミリは、「自分と和馬はお似合いです」と言い出します。

 


 

その頃、華の図書館には1人の女性が訪れていた。

 

彼女は結婚を控えていると言うことで、とても嬉しそうでした。

 

その様子を見て華も自分の恋愛がうまくいかないという話をします。

 

すると、その女性から「きっと結婚できますよ」と励まされます。

 

そして、帰り道に、華の前に幼馴染の世界的な泥棒の円城寺が現れ、またもやミュージカルを始めようとしますが、華に遮られます。

 

円城寺は「やはり彼氏は刑事なのでは?」と聞き、和馬とエミリの写真を見せてお見合いの件をバラします。

 

華は和馬を信じているから気にしないと言います。

 

なので、円城寺はそのまま去ろうとしますが、華はその腕を掴み和馬情報をゲットしようとします。

 


 

お見合いから家に戻った和馬の元に、典和経由で橋元エミリから結婚前提の交際が申し込まれます。

 

断られるはずだったのにと和馬と母は動揺します。

 

早速、和馬とエミリは、翌日の12時に喫茶店で待ち合わせをすることになりました。

 

その喫茶店では、円城寺と華が、和馬とエミリを待ち伏せしていました。

 

やがて2人がやってきます。

 

異性に見られると話ができないというエミリのために、和馬は4人がけのテーブルなのに隣同士で席に座ります。

 

その様子に、円城寺も華も驚きます。

 

エミリと和馬の席の間に、他のお客さんが座ってしまいます。

 

なので、華と円城寺は、和馬とエミリの様子を見ることも、話を聞くこともできません。

 

そこで、円城寺が、店員のふりをしてコーヒーを2人に届け、そのときにテーブルに「カブトムシ初号機」という盗聴器をセットします。

 

華と円城寺は、和馬たちの会話は聞こえるようになりました。

 


 

ですがその時、和馬は自分には結婚を考えている人がいるとエミリに正直に話しているところでした。

 

「(華を)一目見た時から好き」なので、「(エミリとの縁談は)全部なかったことにしてほしい」と言い、エミリもそれを承諾します。

 

ですが、盗聴している華は、和馬がエミリに一目惚れをして華とのことをなかったことにすると勘違いして、店を飛び出してしまいます。

 


 

その後、エミリは自分の悩みを和馬に打ち明けます。

 

それは、自分も(和馬のように)面白くないから周りに友達がいないことでした。

 

なので、異性に慣れるために、和馬に友達になってほしいと頼み、和馬もそれを承諾します。

 

エミリと別れた和馬は、華に電話すしますが、「和くん、何してたの?」という華の問に、「仕事」ととっさに嘘をついてしまい、それに怒った華は電話を切ってしまいます。

 

華が帰宅すると、テレビで和馬が華に見せた「犯人が描いた似顔絵」が公開されていました。

 

三雲家は騒ぎになりますが、こんな絵では華は特定されないが、しばらくは華はおとなしくしていたほうが良いという結論になります。

 

和馬が署に戻ると結婚詐欺にあった女性がいました。

 

その女性はなんと華と図書館で結婚の話をしていた女性でした。

 

詐欺師は、結婚相手を探している女性にネットで連絡し、怪我をしたと嘘をついてお金を貢がせていました。

 

案の定、華と話した女性も同じ手口で2000万円も取られていました。

 

号泣する女性を前に、和馬は慰めながらも、お金を取り戻すことは難しいかもしれないと正直に話します。

 

三雲家では、すでにその詐欺師の情報を掴んでおり、被害者にあった女性の情報までも把握していました。

 

被害女性の顔写真を見ていくと、その中に図書館で幸せそうにしていた女性・木口智子がいることを知り、女を騙す男は許せないと怒り心頭で家族と一緒に盗みに行くことにします。

 

その頃、騙されて悔しい思いをした木口智子は、犯人と知りながら連絡を取りました。

 

「直接お金を渡す」と言い、犯人の蛭沼の家に行きます。

 

そして、蛭沼の家で「お金を返して」と言いもみ合いになります。

 

蛭沼は、ゴルフクラブで木口智子を殴ろうとしたところ、逆にボコボコにされてしまいました。

 

そして、木口智子はそのまま犯人を人質に立てこもってしまった。

 

その事件は和馬の元にも伝わりました。

 

外部から不正アクセスもあったという情報も聞きつけ、きっと「Lの一族」が来ると睨んだ和馬は現場に急行します。

 

その頃、華たちは警察が来ているにもかかわらず計画を決行することにしました。

 

警察のSATも出動し、突入計画が進んでいきます。

 

SATは二手に分かれ、犯人宅の上の階の部屋と玄関から突入することに決定しました。

 


 

関連記事

ドラマ『ルパンの娘』は、2019年7月からスタートする新木曜ドラマです。 主演は深田恭子さんで、代々続く泥棒一家の長女・華を演じます。 その華の彼氏の桜庭和馬は、なんと警察一家の長男です。 そして、父親の桜庭典和は[…]

信太昌之画像

 

そして、隊員が配備しようと移動します。

 

SAT隊員が上の部屋に協力を要請すると、出てきたのは外国人に扮した華の父の尊でした。

 

そして、母の悦子もいて部屋に入った隊員は眠らされてしまいました。

 


 

玄関に配備されたSATは、「てんとう虫3号翔」がヘリウムガスを噴射したことで隊員が一時退避します。

 


 

その隙に華は侵入し、犯人に手をかけそうになった女性を気絶させ、犯人もやっつけます。

 

家族もやってきて、金塊をゲットし逃げようとします。

 

一方、和馬は、SATの隊長の父の典和から、変なてんとう虫がいたことを聞きます。

 

桜庭家でSNS強盗と遭遇したときにも、てんとう虫がらみで自分が動けなかったことを思い出し、ますます怪しんで部屋に急行します。

 

するとそこにはまだ逃げていなかった華が、窓に手をかけていました。

 

その姿をみて、和馬は一瞬「華?」と言います・・・・

 





ここで第4話はエンディングになりました。

 

ルパンの娘第4話感想

 

ドラマ『ルパンの娘』第4話は、華の複雑な女心が描かれました。

 

恋人の和馬と別れなければいけないと言いながらも、和馬が橋元エミリが一緒にいたら、ヤキモチを焼いています。

 

さらに、バツが悪く、つい嘘をついてしまった和馬を、自分を騙していると言って許すことができません。

 

そもそも、華は、和馬に本当の自宅も、家族の本当の職業も、嘘をついているのに!

 

それなのに、騙されたと怒るなんて、華はなんて可愛いのでしょう!

 

それにしても、結局和馬と別れる気は全然ないようですね。

 

こうなったら、墓場まで自分の嘘を持っていくしかありません。

 

ですが、第5話では、いよいよ華の正体がバレてしまうかもしれません。

 

すれ違ったままの2人は今後どうなるのか、気になってしまいます。

 

絶対に見ないと!!

 

前回『ルパンの娘』第3話はこちら→

 

前回『ルパンの娘』第5話はこちら→

 

ルパンの娘動画はこちらをクリック!

 

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも

スポンサーリンク

ルパンの娘イメージ画像
最新情報をチェックしよう!